【VODで読める電子書籍】『立ち止まっても休んでもいい:自分を取り戻すゆるい逃げ方(中島輝[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

■■「『逃げる』って、悪いことじゃないの?」
これは、そのように感じているあなたに、読んでいただきたい本です■■

「逃げる」とは、他人の目を気にする自分、
周囲に合わせている自分から逃げて、
「自分の人生を取り戻す」ことです。

「逃げる」という選択肢を持つだけでも、
人生は大きく変わってくると思います。
イヤなこと、つらいこと、どうでもいいことを手放し、
自分にとって大事なことをキャッチしていきましょう。

「ゆる逃げ」で、人生100 年時代を、
より自分らしく生きるようになっていただけると幸いです。
著者・中島輝 「プロローグより」

【目次】
プロローグ 逃げることを選択できないあなたへ
第1章 逃げられない人と、逃げられる人
第2章 あなを傷つける人から逃げる方法
第3章 自信をぐんぐん育てる小さなレッスン
第4章 周りに流されない!ブレない心のみがき方

 

※電子書籍『立ち止まっても休んでもいい:自分を取り戻すゆるい逃げ方(中島輝[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『立ち止まっても休んでもいい:自分を取り戻すゆるい逃げ方(中島輝[著])』今回は6ヶ月800人以上の予約待ちという人気心理カウンセラーである中島輝さんの書かれた立ち止まっても休んでもいい自分を取り戻すゆるいに出方を解説していきますこの本は一言で言うと自分を取り戻すための逃げ方を教えてくれるホンダ自分を取り戻すための逃げ方逃げるというのは一般的に悪いことのように言われる方が多い私たち日本人は子供の頃から苦しいことや辛いことから逃げるのは悪いことで立ち向かって乗り越えるべきだと言われて育ってきたそうですね逃げるって言うとどうしてもかっこ悪いとか無責任っていうイメージがありませんそういう思い込みから自分を追い詰める人や場所から逃げ出す事が出来ず身動きが取れない状態になり苦しんでいる人も多い本来は自分自身にちゃんと向き合って決断したのであれば誰の目も気にせず目の前のことから逃げていいなまた逃げるという選択肢を持っておくだけでも人生に余裕が出てくるそして何かあった時おために逃げ方を知っておくのはよく考えると当たり前に重要なことだ例えばビルの中がちょっと暑いくらいなら我慢すれば済むかもしれないが見るで火事が起きた時に逃げ道を知らなかったらどうなるとですねこれでも逃げないで立ち向かうのが偉いなんて発想にはならないはずだそれをしますからねそれは人生でも同じことだ辛いこと苦しいことからの逃げ方を知っておくというのは自分の身を守るために大切なことなんだもーるほどそう言われると納得です感謝でも人生に生きづらさを感じている人や我慢ばかりしていて本当の自分を見失っている人に向けてそこから逃げるテクニックが分かりやすく解説されている今日の授業を受ければそんな逃げる技術を学び自分を取り戻す方法について知ることができるだろうそれではさっそく授業開始する心して刮目せよよろしくお願いします一つ目は逃げられないのではなくは逃げないだけだなってそもそも人間は自分に生命の危機がた時それを回避する能力を備えているものだしかし実際には辛く苦しい状況から逃げられないまま体を壊したり命が脅かされるまでに追い込まれてしまったりする人もいるが確かに仕事や人間関係を口にして鬱になったり自殺しちゃったりする人もいますもんね周りから見ればそこまで辛いのなら逃げればいいのにと思ってしまうが追い込まれてしまう人というのはそこに自分の体が命よりも大事なものがあると信じ込んでしまっていて逃げ出すことが出来なくなっているんだつまり人は逃げられないのではなく逃げないことを自然に選んでしまっているということだなんじゃなくてこんな逃げられない人というのは周囲に合わせて生きている傾向がある例えば職場や友人の集まりなどの集団内でトラブルがあったとき次のように考えることが多い自分が何か視聴したり文句を言うと余計に問題が大きくなるし自分が我慢すれば問題は丸く収まるんだから自分は何も言わないそういう気持ちはちょっと分かる気がします周囲に合わせて生きている人というのは基本的に周囲のことを信頼し移動しているので家族や友人職場の人から理不尽な扱いを受けても我慢し続けてしまうんだなるほどそして周囲に依存しているからこそ逃げる選択肢を選ばず逃げない理由を探してしまう今会社を辞めたら再就職は難しい離婚したら世間体が悪くなる家族に迷惑をかけたくない冷静に考えてみるとどの訳も論理的ではなく目の前の問題から目をそらすための言い訳として考えられたものだったりするんだ確かにどれも自分の心や命と引き換えにするほどの理由にはならないですもんねんだから実は多くの人は自分の意志で逃げない選択肢を選んでいるだけで実際は逃げられないわけじゃないということだ次は何でも決めつけない店さてでは早速逃げられない人が逃げられる人になれるよ逃げ方について解説していこうとは決めつけないことだ人間というのは実に多面的な存在だ1年から見える性格がその人のすべてを表しているわけでもなく顔を洗っていても心では泣いていたり怒った顔でも心は愛情に溢れていたりしたら埃っぽい人にも優しい面があったり普段は紳士だけど女にはだらしないとか店でも逃げられない人は自分はこういう人間だと決めつけてしまっていることが多い私は責任感が強い人間だ私は決して道を踏み外さない自分は人に迷惑をかけるような人間じゃない本来多面的な存在なのに自分はこういう人間だと単純化して判断しその通りに振る舞おうとするその結果現実との間で矛盾が起こった時に柔軟な対応ができなくなってしまうんだ疲れたなんて甘えたことは言ってられない会社を辞めるなんて無責任なことはできないそんな風に自分の行動を決めつけることでどんどん逃げ道がなくなって最終的に逃げられなくなってしまうという訳だなるほど確かにそうやって決めつけて思い込んでいると 散らかった部屋のようなものだ逃げられない人は他人に合わせて生きているので色んな情報が入ってきてしまいそこから生まれた妄想が常に頭の中で渦巻いているような状態だ何が本当に自分にとって必要な情報なのかもはや訳が分からなくなっている人も少なくない例えば職場の人間関係が常に気になっていて上司や同僚にちょっと冷たい態度を取られると自分は嫌われてしまっているんじゃないかと不安になってしまう俺です相手も人間なので気分の良い時も悪い時もあるはずだしそもそも職場であれば仕事をしに来ているわけだから上司や同僚の評価は仕事上でしてもらえばいいはず彼らがいいかに嫌われないで生きるか周りから承認され続けていけるかが重要になってしまっている人は余計な情報や妄想で心の中が満杯になってしまうめっちゃわかります職場でも友人との集まりでも常に周りの評価が気になってしまって心の大部分の領域がどうすれば周りから認めてもらえるかという思考でいっぱいになってしまうは自分の心も自分にとって大切なことで締める方が幸せになれるのにとてももったいないことをしているわけだそうかもしれないんですけどごちゃごちゃ考えちゃうんですよねそういう状態になっている人は自分にとって今必要なことは何かを考えて心の中に何を残しておくかを選ぶようにするといいそのことを心の中で止まったって相手の性格や自分に対する評価は変えられないのだからそういう余計な思いはさっさと手放して心の中から追い出した方がいい確かにその通りですね実際に心の中から情報や想いを完全に除去することはなかなか難しいかもしれないが考えるのをやめたいことについてまるまるについて考えることをやめますと声に出して宣言するだけでも高い効果を得られるはずだ例えば人間関係についてあれこれ考えることをやめますという感じだな今度試してみます次は9月より下行って生きよう店さて自分追い込んでしまう人はべきという言葉を多用する傾向があるまるまるすぎまるまるせねばならないまるまるするのが普通まるまるして当然という言葉は自分への期待値のハードルを高く上げてクリアできなければさらに自分を追い込んでしまい結果として自分の足かせになってしまう言葉なんだ著者がカウンセリングした人の中に仕事は完璧にこなすことを信念としていて歴史という言葉を多用する n さんという人がいた自分の仕事を他人に風呂にも仕事に対する要求が高いため他人に任せられず結局仕事を抱え込みすぎて日々の業務に支障をきたしてしまったという結果上司からの評価も下がって給料は減り他人にも自分と同じかそれ以上の要求をするので職場の人間関係も悪くなり仕事を辞めないといけない状況になってしまったのストレスの影響で退場疱疹が身体中にできてしまっているような状況だったので仕事を辞めることは n さんにとっては良いことだったのかもしれない仕事を変えてからは以前のようにべきという言葉を使わなくなり体の調子がとても良くなったそうだ結果的には良かったですねこの n さんは他人の評価をとても気にする承認欲求が強いタイプだったと言える他人の評価が気になるから仕事に対しても非常に宅配要求レベルを持っていて誰からも好かれるために自分に対しても非常に高いハードルを課してこうあるべきと考えていたんだなるほどなんだが実際そう言うべきという姿勢が n さんの首を絞め続け仕事もやめることになってしまったもし自分が普段から相手の顔色を伺う傾向があるようなら要注意だ周りからよく見られるためだけにまるまるすべきと考えるのはやめて自分が本当にやりたいことまるまるしたいを大切に生きるようにするといいだろう自分のしたいことを大切にですね次はもっと人に頼っていい店ここでは人に頼るということについて話そうさっき仕事を他人に任せることができなかった n さんの話をしたがその気持ちが何となく分かるという人も多いだろうすると言うか人に手伝ってもらうのって何か悪いなって思っちゃう気持ちは分かりますね逃げられない人のほとんどは人に助けを求めるのが苦手だそれは小さい頃から人に迷惑をかけてはならないという信念を刷り込まれているせいでもあるそういえば子供の頃人に迷惑をかけないって親にも先生にも散々言われた記憶がありますね確かに自立して生きることは大切だしかしそれは人に頼ってはいけないということではないそもそも人間は一人では生きていけないしどんな人でも必ず誰かの助けを借りて生きているんだからもっと人に頼ってもいいのはもっと人を頼るかなんでもかんでも人にやってもらえばいいというのは頼るとは言わないそれはただ人間として未熟なだけだ大人同士の人間関係の基本は助け合いだ困ったときはお互い様という言葉があるように頼る なるほどだからこそ1時間だけ今と全く別のことをやって見るんだ今夜に行くのでもゲームをするのでも録画したドラマを見るのでもなんでもいい問題から一旦離れると感情が切り替わらそして感情が切り替わると思考も行動も変わってくるんだそうなのか極端な例を出すとは死にたいほど悩んでいる人が死にたいと考えるのやめて全く関係のないことをやり始めると重苦しい気持ちが嘘のように晴れやかになることだってあるもちろん問題から全ての責任を放棄して逃げろと言っているわけじゃないこの方法のポイントはとにかくは1時間だけ逃げるそれだけだ少し問題から離れて頭も心もリフレッシュすることで良いアイデアが浮かんでくるはずだ確かに逃げちゃダメだって思ってても1時間っていう限定なら気楽に考えられますね最後は心のオンオフを意識して切り替える店さてここでは心のオンオフを一瞬で切り替えるテクニックについて説明しようよ怒りや悲しみといった負の感情も元はと言えば自ら選び取ったものだそれは逆を言えば自ら手放せるということでもある自分で選び取った根性を自ら手放す例えばこんな経験はないか恋人や友人との待ち合わせ中にたまたま親からの電話で喧嘩になり怒っているところに恋人や友達が到着お家にはまた後でと言って電話を切りさっきまで怒っていた感情ストレスだって恋人や友人と普段通り笑顔で会話できたそれに近い言葉は経験がありませんそんな感じで感情というのは実はその気になれば自分の意思で切り替えられるものなんだ汚れてみれば確かに正しい感情を変えるきっかけは必要になるだろうさっきの例で言うとは友達や恋人がやってきたのがきっかけだなるほど例えば電気のスイッチを切ったら嫌なことは考えないというふうに考えてスイッチを消す行動をきっかけにして脳のスイッチも切り替える通勤や通学中ならまるまる線に乗り換えたら嫌なことを考えるのはやめようでもこのように行動の切り替わりお勘定を変えるきっかけにすれば嫌な感情を一緒にして切り替えられるそういうものなんですね逃げられない時というのはとにかく自分の感情に固執しがちになるのが嫌な感情も良い感情も選び取るのは自分次第だこう考えれば目の前の厳しい状況からいつでも逃げ出すことができるようになるだろうこの方法はなかなか使えそうですまとめたな逃げられないのではなくは逃げないだけなんでも決めつけないいつもと視点を変えてみる断捨離で心の中を整理しようすべきより死体遺棄をもっと人に頼っていい1時間だけ逃げてみろ心のオンオフを意識して切り替えるんだな漫画は今日の授業を受けてちょっと気が楽になった気がします良かったな仕事でめっちゃ嫌な仕事を頼まれても逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだって自分に言い聞かせてきましたけど逃げても良かったんですねあーメイトにお前にしか想像できないに乗るわけじゃないしどうしてもやらないといけないことなら周りを頼っても良い授業の中でも入ったが逃げるのは決して悪いことじゃない日本の社会では逃げることが許されない空気はあるかもしれないが自分らしく生きていくためには逃げることを選択肢として持っておくというのはとっても重要なことだ実際にいますが逃げ出さなくても疲れ切って逃げられなくなる前に立ち止まったり休んだりできる心の逃げ場所を用意しておくのは大切だと確かにそうですねゆいかという時に逃げられるって思ってるだけでも随分気が楽になる気がしますそれでは今日の授業は終わりだありがとうございます
おすすめの記事