『老後ひとりぼっち(松原 惇子[著])』の紹介【VOD電子書籍】

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥880 (2024/02/27 06:47:51時点 楽天市場調べ-詳細)

ひとり老後のプロが教える幸せ老人のなり方

“ひとりの老後を応援する会”の代表が教える「幸せ老人の生き方」。
もはや結婚が老後の保障ではなくなった時代。
配偶者がいなくても、子供がいなくても、お金がなくても幸せ老人がいる一方、
配偶者がいても、子供がいてもお金があっても不幸な老人もいる。
著者は、20年近く、おひとりさまの会の会員約1000人を見続けてきた、“ひとり老後”のプロ。

これまでの経験から、さまざまな実例をもとに、ひとり老後の明暗を分けるものは何かを探り、
「ひとりでも幸せに生きるノウハウや秘訣、裏ワザ」を公開します。
また、“ひとり老後”に群がる「身元保証ビジネス」の問題や、
ひとり世帯に冷たい日本の制度についても、詳しく言及します。

 

※電子書籍『老後ひとりぼっち(松原 惇子[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2023年版】目的別でVOD選びをしたい方

アダルト動画のサブスクなら「Hey動画見放題プラン」が超おすすめです。

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『老後ひとりぼっち(松原 惇子[著])』老後ひとりぼっちであっても楽しく生きることはできる動画を悲惨なものにするか幸福なものにするかはまるまるを楽しめるかどうかで決まるいつもご覧いただきありがとうございます本要約チャンネル納涼です本日ご紹介する本はまつばらじゅんこ先生の老後ひとりぼっちです長い老後おひとりきりで過ごす老後ひとりぼっちの暮らしに対して皆さんはどのようなイメージを持っていますでしょうかちょっと想像してみてください結婚をせず仕事を定年退職した後は家でずっと一人きり誰とも関わることなく20年も30年も一人ですごい続けている自分の姿寂しくてそんな生活は嫌だと思いますでしょうかはたまた老後はそんな自由な生活を謳歌したいと憧れるでしょうか人によって様々な気持ちがあると思います2030年には人口の3人に1人が65歳以上の高齢となる時代いやおうなしに老後ひとりぼっちは増え続けますかつては未婚女性の代名詞だったお一人様の時代は過ぎ去り誰もが老後おひとりさまたった一人になり得る時代に突入しようとしているんですですが過度に不安になる必要はありませんこの動画を見ていただければ老後ひとりぼっちでも楽しい生き方があるとわかりますよさてそんな老後ひとりぼっちが当たる壁や乗り越え方について懇切丁寧に書かれている本書の中から本日ご紹介致します内容は以下の三つ対象お年寄りのまる割が一人暮らしに老後ひとりぼっち時代の到来第2章老後ひとりぼっちに冷たい日本の残酷な現実第3章さんな老後ひとりぼっちと幸福老後ひとりぼっちの最大の違いどれもとても大切な内容です是非最後まで見て行ってくださいそれでは早速参りましょうが一生お年寄りのまる割が一人暮らしに老後ひとりぼっち時代の到来まずはじめにとある女性の話をします生涯一人で暮らし続け最後まで一人のまま亡くなった女性の話です彼女は27歳の時キリスト教系の病院でケースワーカーとして働くようになりましたケースワーカーというのは病院で患者さんの医療や介護について相談を受け適切なサポートをする仕事です彼女にとってケースワーカーというのは適職で27歳から定年退職の時までとても充実していた日々を送っていたようです乗車がインタビューで彼女の公団住宅の部屋を訪れた時彼女は八十歳でした玄関は暗く床には物が散乱している状態使用済みの食器がシンクに溜まり食器棚の中はレトルト食品がぎっしり今には新聞や本が乱雑に山積みされていて座る場所さえ困るほど手土産がありの小さな花束が浮いてしまうようなそんな部屋で彼女は一人で暮らしていました勤続25年で退職金が50ヶ月文薬一千万円をもらえるのが分かっていた彼女は六十歳になった12月にちゃっかりとボーナスをもらってから退職しましたしっかり者の女性らしい考え方です彼女が生涯独身で通した理由は結婚より年金を選択したから彼女は結婚と年金を天秤にかけ結婚相手に左右される人生より人に頼らない人生を選びました私は結婚より年金20万円の方を RANDA のそう彼女は言いましたそして退職してから予定通りの年金生活が始まったんです六十歳で定年退職してから九十歳で亡くなるまでの30年間年金という月収20万円の頼りがいのある夫が彼女の長い一人暮らしを支えてくれたんです彼女は六十歳の定年から75歳ぐらいまでは地域ボランティアに参加したり平和活動をしたりしながら充実した生活を送っていたと言いますしかし八十歳に差し掛かる頃から年金の額は20万円のまま変わっていないのに彼女を取り巻く状況は変わっていきました80代に入ると周りの彼女に対する接し方が一変誰しもが彼女をお年寄り扱いし始めましたおしゃべりがしたいと言えばお年寄りの会を案内される保育園のボランティアに参加しようとしても年齢を教えると 下の口を開いたのは何年ぶりかしらインタビューをしに来たちょ様をもらえませんでした誰かと話したい誰かと話したい誰かと話したい何度も何度も彼女は繰り返しその言葉を使いました月に20万円の年金をもらい退職金も合わせればなんら不自由のない生活を送れる幸せなはずなのに幸せじゃない孤独は貧困と同じくらい辛いものなのでしょうか結婚か年金と彼女の選択は本当に正しかったのかどっちを選択しても自分は幸せではないと嘆いていたのが10歳の1年後彼女は認知症の症状が出ました20万円の年金で入れる月額15万円のケアハウスに入社を入社3年後彼女は一人で亡くなりましたさあ老後ひとりぼっちの音はある女性のエピソードをご紹介いたしましたさて皆さんはこの話を聞いてどのような感想を抱きましたでしょうか孤独でかわいそう女老後の人生は送りたくない最後までお金と自由があったんだから幸せだったんじゃないむしろ誰とも関わらないひとりぼっちの老後に憧れる様々な意見があるかと思いますお金を選ぶのもよし自由を選ぶのもよし結婚して人との繋がりを選ぶのもよし私たちは老後の自分の人生を選択することができますただし家庭を持つことを選択したとしても様々な理由で老後ひとりぼっちになってしまう可能性があります結婚や家族がいることがある老後の保険にはなりません俺は女房より先に死ぬからいいんだ旦那が先に死んだら地球が待っているわこんな風な考え方を持っているそこのあなた危機感を持ちましょうとまでは言いませんがもう少しだけ自分の未来を見つめ直してみませんか老後ひとりぼっちになって初めて金銭的に精神的に社会的に何らかの大変さを味わう可能性があるんです老後ひとりぼっちになってから考えても取り返しはつきません洗濯できる今だからこそできることをして未来に備えましょう The Tale 大胡ひとりぼっちとは何かということについて改めて話していきます20年前30年前の日本は男女ともに未婚で三十歳になるものなら親や親戚中から早く結婚しろ行き遅れちゃうわよなんてまるで結婚していない人が異常かのように言われていた時代でしたよねしかし昨今では随分人の考え方は変わりました各世帯に一人は未婚の子供がいるほど大きく変わったんですもうはや一人という言葉は寂しさよりも気楽さという意味合いで使われる方が多いかもしれませんですが一人が自由で気楽というのもはいい時の話死んでいく現実を実感できる年齢になるとお気楽さは影を潜め独りの寂しさという現実がまるでゾンビのように復活して苦しめ出すのもまた事実なんです2014年の国の調査では女性の平均寿命は約87歳で世界一男性の平均寿命は約80.5歳で世界3位と日本は世界有数の長寿国です一方で全世帯数のうち65歳の一人世帯は約10%2035年にはさらに一人世帯が大きく膨れ上がる見込みとなっていますこれが何を意味するか分かりますでしょうかそうです日本は一人で過ごす老人ばかりの国になるということです冒頭でお話しした女性のように歳を重ねるにつれて誰ともお話をすることなく孤独のまま使用を迎える老後ひとりぼっちの人間がこれかあらさらに増えてくるという現実が待ち構えているわけですもちろんですが老後ひとりぼっちだから不幸だと決まっているわけではありません寂しいひとりぼっちもいれば幸せなひとりぼっちもいますお金がないひとりぼっちもいればお金があるひとりぼっち思いますただ男性の3人に1人女性の5人に1人が生涯結婚しない時代が間もなく行ってきますしかも結婚した三組に一組が離婚しているので老後ひとりぼっちはさらに増えていきますこれが日本の紛れもない現実なんです一昔前の高度経済成長期やバブルの時代なんかは結婚すれば安泰女性は若いうちに男性に嫁いで家を守り男性は外で働いて家計を支える年功序列の会社で勤め上げ定年で退職金をもらって老後は夫婦でゆっくり過ごす離婚なんてしたら世間から後ろ指をさされる女 もし不安に思わせてしまったら申し訳ございませんまずは数字というデータで現実をお見せしたかったんです第3章では悲惨な老後ひとりぼっちにならないためにできることをお話ししていきますので不安に思ってしまった方はどうぞ最後までご視聴くださいませんさてそれではここまでで対象をまとめておきましょうポイント市お金があっても孤独な Lover 幸せとは限らない若いうちに老後の生活で何が最も大切かしっかり考えておくべきであるポイントに男性の3人に1人が生涯未婚結婚した三組に一組が離婚しておりもはや結婚が老後の保険にはならない時代となっているぽいんとさん東京では高齢者の4割以上が一人暮らしになるという老後ひとりぼっちの時代が待ち構えている第2章老後ひとりぼっちに冷たい日本の残酷な現実が続いて第2章では老後一人ぼっちになった時にチョクメンする問題について解説していきますまず先に結論から言ってしまうと老後ひとりぼっちがぶち当たる壁は保証人で昼食をする時家を借りる時病院に入院する時介護施設に入る時人生の大事な局面でお一人様お断りとでも言うように保証人を求められてしまうのが日本の現実ですもしあなたが老後ひとりぼっちになった時にチョクメンするよ保証人の壁とその時の対策についてもこれから話していきますので続けてご覧くださいさて自ら望んで老後ひとりぼっちになったのかはたまた図らずも老後ひとりぼっちになってしまったのか個人の気持ちや思いとはなんら関係なく一人の人を困らせる日本の社会問題に勅命する可能性がありますそれは先ほどもお話しした通り人生の大事な場面で保証人を要求されることしかも保証人の要求だけではなく身内の保証人を立てることを求められます社会にはいろんな人がいるはずなのに身内の保証人を当たり前のように要求してくるのは人は結婚して家族を守るのが当たり前という前提に日本社会がなっているとしか言えませんもうはや時代に合っていないようにも思いますが一人世帯がどんどん増えている今の時代であっても未だに保証人要求がまかり通っているのが現実問題としてあるんですさて老後ひとりぼっちとなった場合相当な確率でチョクメンするよ保証人の壁は次の三つです1家を借りる時に介護施設有料老人ホームに入所する時入院手術を受ける時にそれぞれ詳しく見ていきましょうまず家を借りる時家を借りたことがある人ならお分かりだと思いますがアパートやマンションの賃貸契約を結ぶ際に必ずと言っていいほど承認を要求されますこれは身元保証と呼ばれるもので家賃を滞納してしまった時の支払い保証だったり死亡時の家財整理や建物の受け渡しの保証だったりを意味しますきり言ってしまえば保証人なしではアパート一つ借りることができないというのが今の日本の現状ですじゃあ老後ひとりぼっちで保証人になってもらえる人がいない場合はどうしたらいいのか答えは簡単民間賃貸住宅では借りることができないので身元保証人が必要ない公団住宅を借りるしかないんですでもその代わり預貯金の残高だったり納税証明書だったりを求められることになります日本のあらゆる制度は基本的には今日者保護の立場をとっています私たちの所得税は上がります消費税もどんどん上がっていますよねところが法人税は下がっています税金を見れば今日者を優遇して弱者をいじめる構造がよくわかり俺は賃貸契約も同じなんです借りる方は敷金礼金家賃を払うようにまるで犯罪者のように身元保証まで求められてしまう家を現金一括で購入できるお金持ちの老後ひとりぼっちなら何ら問題にはなりませんが家を持てるほどお金の余裕がない方だってたくさんいますと言うかほとんどの方がそうですたくさんいるはずなのに身元保証という人質を取ろうとしてきます老後ひとりぼっちで保証人がいない人は満足に家すら借りることができないこれが老後ひとりぼっちがチョクメンする一つ目の問題ですさあ続いて介護施設や有料老人ホームに入所する時高齢になって体力が落ちてきたり足腰が弱くなってくると介護施設や老人ホームに入りたいと希望する人は多いですよね最後まで自宅で暮らしたいと思っていても病気やケガなどで一人暮らしが難しくなる場合もあります バックを抱えて施設の前で立ち尽くすなんと悲しい老人の姿でしょうかでもそれは他人事ではないのかもしれません未来の私たちの姿かもしれないんですがそして見つめ入院する時や手術を受ける時も保証人問題はつきまとってきます入院費や医療費の支払い保障手術や治療に対すると死亡時の手続きや身元引受の保証もし残念ながら手術が失敗して死亡してしまったら遺体の引き取り手は必要ですよねいやいやそんな刑務所から出所する際のお引受人じゃないんだからって感じなんですが独り身の老人を病院の玄関に置き去りにするわけにもいきませんよね確かにお金の問題もありますですが保証人が車で手術をストップされるなんてことが日本では普通に起こり得てしまうんですまた本人が手術に納得しているのに身内の同意をいつまでも求めてくる病院が非常に多いんです病院の気持ちも分かるといえばわかります治療費を踏み倒されるのは困るでしょうし引き取り手がいないのも困るでしょうバターとあと身内ともめることだってありますそれでも機械的に保証人を要求し保証人がいなければ入院や手術ができないなんてちょっとおかしいですよねそのおかしな現実にチョクメンするのが老後ひとりぼっちなんですさて理不尽とも言える老後ひとりぼっちに対する保証人49ですが保証人がいなかった場合どのような対応をすればいいかについてもこれからお話ししていきましょうまず家を借りる場合俺は先ほどもお話ししましたが保証人不要の公団住宅を選ぶことで家を借りることができないという状況は防げます公団住宅の空き状況を調べて都営アパートなどに応募してみましょうまた民間の賃貸住宅をどうしても借りたい場合はもし知り合いが賃貸住宅を経営していたら入居できるか相談してみると言うのも手ですただまあ都合よく知り合いがいるなんてことはあまりないかと思いますあとは大家さんと直接交渉で保証人なしでも大丈夫か聞いてみるくらいですあきりで老後ひとりぼっちで民間住宅を保証人なしで正規ルートでの入居はなかなか難しいんです続いて介護施設に入所する場合これは密対策を考えることができます一つ目は後見人をつけること成年後見制度がありますので指定された方が後見人となって財産管理や身上監護をしてくれます但し本人の意思能力が低い状態であることつまり認知症や精神障害がある程度進んで本人の判断力が落ちてきた時から後見人の仕事が始まるという点は注意しましょう二つ目は死後事務委任契約をすることです司法書士や弁護士行政書士に依頼することができますのでちょっとお金はかかるかかもしれませんが出向いて相談するのがおすすめです三つ目は預貯金の残高証明を提示することを正直これは正攻法ではないですですが支払い能力があるんだと施設側にはっきりと提示してめちゃくちゃ頑張って説得すれば施設に入れる可能性はあります別に断られたって失うものはありません言うだけならタダですそして最後に入院したり手術を受けたりする時これは二つ対策がありまして一つ目は身内はいないでごり押すことこれはかなり力はどれ病院が保証人を求めてくれる最大の理由は治療費の取りっぱぐれです身内の保証人を要求されたら一人者なので身内はいないとはっきり言ってしまいましょうというのも実は法律上は病院や施設に入る際に保証人はいなくても問題ないんです言ってしまえばどこの施設でも保証人を求めてくれというのはただの完成品藤和法律に定められていないので私は保証人を立てませんと病院側にキッパリと言い切ってしまっても大丈夫なんです二つ目は治療費を先に預けさせてくださいと札束をチラつかせて押し切ることこれもちょっとゴリ押しです大きい保証人になれる友人がいる場合は身内はいないんですが友人ではだめですかと聞いてみてください友人でも OK という病院は案外多いですただ友人に頼みにくいという方も多いでしょうあるいは病院から友達友人ではダメだと断られる可能性もありますその時は銀行預金の残高証明を見せたり札束をテーブルの上に置きましょう病院によってはそれで通る可能性もありますがいかがでしたでしょうか今すぐ対応が迫られているという人は少ないと思いますがもし老後ひとりぼっちとなった時に備えて対策を覚えておく事をお勧めいたしますさてそれでは第2章についてまとめておきましょうポイント1 もちろんこの動画を視聴してくださっている方の中には老後は一人の方がいいよという方も多くいると思いますただその場合であっても一人ぼっちが悲惨なものになれた幸福なものになるかはあなた次第なんですまた様々な理由がきっかけで老後ひとりぼっちになる可能性は誰にだってありますそんな時に悲惨な老後ひとりぼっちにならないよう今から実践できることも併せてご紹介していきます老後ひとりぼっちの状況はその人のそれまでの人生の延長線上にあります1人になってから慌てて行動しようとしても時すでに遅しと言ったことになりかねません第1章でお話ししましたが自分から望むにしても望まないにしても高齢者の半分の方が一人暮らしするという未来が遠からずに行ってくるんでそんな時にうろたえずに老後ひとりぼっちを楽しく愉快に過ごせるようぜひこの動画に最後までお付き合いくださいさてこの章ではよつのお話をしますいち夫婦関係を見直すに職場以外の友達を作る自炊が得意な人になるよ孤独を楽しむ力を身につけるそれぞれ詳しく見ていきましょうまずはいち夫婦関係について既婚女性が集まると必ずと言っていいほど夫の不満が出ますよね清潔感がないだとか話が面白くないだとか一緒にいてもうるさいだけだとか残念ながら主婦同士で集まっている時の方が夫といる時よりも生き生きしているなんてこともありますよねそんなつまらない夫と別れないのは子供の為と経済的な理由が多いといいますすでに夫婦関係が冷え切っているという方ももしかしたらこの動画を見ている皆さんの中にもいるかもしれませんそんなあなたに一つエピソードをご紹介いたしますこれは結婚35年を迎えたとある夫婦の話妻の視点で話を進めていきます子供が結婚して家を出てから15年彼女は夫とふたりで暮らしていて楽しいと思ったことがありませんでした夫は無口どんな話を振っても会話が全く盛り上がらないそんな夫が定年退職してから一日中家にいる二人で食事をしている時なんか地獄のような沈黙が続いていて辛いこんな生活がいつまで続くんだろう彼女は夫婦生活がつまらないと嘆いていましたそんな彼女に著者は話かけました相手が悪いようなことばかり言っているけどあなたも反省するべき点があるのでは彼女はその言葉が意外だったような表情をしましたあなたは夫に感謝したことあるありがとうって伝えたことはある彼女がうろたえている間にさらに続けて言葉を投げかけます今まで生活に困らなかったのは彼のおかげでしょ限定に戻って考えてみてどんなにつまらない夫かもしれないけれど感謝してもしきれないんじゃないの彼女は黙ってしまいました思うところがあったのでしょう最後に著者はこのように伝えました今日家に帰ったらありがとうって言ってあげてそうしたら二人の関係は良くなれば長い人生でしょせっかく相手がいるんだから仲良くしなきゃもったいないじゃない彼女はその晩無口で反応のない普段通りの夫に向かい正座して私みたいな人と結婚してくれてありがとうと言いましたすると夫は驚きながらこちらこそありがとうといて男泣きしたそうです15年間会話らしい会話がなかった夫婦がたった一言ありがとうをきっかけに関係性が変わったんです変わったのではなく元の関係に戻ったのかもしれません今では二人で手を繋いで土手を散歩しているそうで冷えきった夫婦仲を修復するのは実はとても簡単かもしれませんお互いに伝えていなかったたった一言の感謝があればまた仲良くなれるものですもしこの感謝を思っていても伝えていなかったら自分の本当の気持ちに気が付かないまま相手を悪く言うだけの状態が続いていたらこの夫婦はお互いに悲惨な老後ひとりぼっちとなっていたかもしれませんこの動画を見ているそこのあなた動画を見終わったら奥さんや旦那さんに一言ありがとうと伝えてみませんかもちろん友達や恋人でもいいですそのたった一言があなた達の今後の長い人生を劇的に変える一言になるかもしれませんが続いて次に職場以外の友達を作ることについて解説していきましょう職場以外の友達を作ることを意識してみてください現在夫や妻という相手がいてもいなくても いかがでしょうかさあ続いておすすめなのが炊事洗濯掃除を解く気にすることです暮らしを楽しめる人であれば寂しい老後というのも和らいできますそもそも家事は主婦の仕事ではありませんかじほど面白く奥が深い仕事はないと言ってもいいかもしれませんだって人間誰しもが家事をするんですしかもそのやり方は千差万別別の方法があるわけですから面白くないわけがありません悲惨な老後ひとりぼっちの典型的な暮らしは掃除をしない汚いですこの動画の初めにお話しした孤独な女性のエピソードを再度思い出してみましょう玄関は暗く床に物が散乱していて使用済みの食器がシンクに溜まり食器棚の中はレトルト食品がぎっしりこのような光景を見てこの人は暮らしを楽しんでいると思いますでしょうかちょっとした精神論になりますが掃除が行き届いた綺麗な家で暮らしていると人間は明るくなるものです自分のいる空間が清々しいことは楽しい暮らしをする前提のようなものあるいは部屋は心のうつしかがみといったところでしょうか特に男性に多い傾向ですが男性は一人になってしまうと何もしなくなる母親に妻に生活の全てを面倒見てもらって生活していたからです心当たりがある方もいるのではないでしょうか今のうちに自分で料理をする自分で洗濯をする自分で掃除をするということを意識してみてください老後ひとりぼっちになったとしても寂しいどころか掃除しまくりまくり料理しまくりで火事が楽しみにさえなるかもしれません綺麗な暮らしをしている人に荒んだ気持ちの人はいません老後ひとりぼっちに怯えるのではなく思い切り一人暮らしを楽しもうと意識してみてください暮らしを楽しめる人に寂しい老後はありませんが最後に孤独を楽しむ力を身に付けることについて話していきましょう見た目が変われば生き方も変わりますこれは本当のことですもし寂しい老後ひとりぼっちの人生を送りたくないと思ったらぜひぜひ見た目を変えてみてください服装なんて自由だからあれこれ言われたくない確かにその通りですでも少しだけ謙虚になって耳を傾けてくださいまずは見た目から入る人生を楽しんでいる人に見える格好をするこれがかなり大事なことなんですもしあなたが今死ぬほど寂しくて毎日死にたくなっているとしても茶色やグレーの服装で外に出ないことです品物で心が塞いでいると無彩色の色を手にとってしまいます逆に明るい色を着て鏡の前に立つと気持ちまで紅葉してくるものです服装と言うとセンスが求められてハードルが高い気がしてしまいますがそうではなくて色がポイントなんですイエローの力を借りて楽しそうに見える自分に変えていきましょうすると楽しい人が寄ってきますし自分自身もパッと明るくなるものですジメッとした暗い色の人間よりパッと明るい色の人間の方が人が寄ってきます例えば男性は清潔感のある白を選んでみましょう持っている白いシャツにアイロンをかけるだけでもパリッとしていて印象が変わるものです女性は肌の色がお勧めですピンク黄色薄紫水色花のように明るい色には蝶や蜂のように人も吸い寄せられます綺麗な色を身につけるだけで絶対に印象は変わりますし自分自身の気持ちも受かるはず性格をすぐに変えることなんてできませんが服の色は今日からでも変えることができますしさんな老後ひとりぼっちとならないためにぜひぜひ服の色を気をつけてみてくださいさあいかがだったでしょうかそれでは第3章をまとめておきましょうポイント市結婚している方は奥さんやであの山にありがとうと感謝の一言も伝えてみようそのたった一言がこの先に何十年間の老後の人生を変える可能性があるポイントに趣味を始めてみよう趣味をきっかけにして出会った人は老後も長く付き合える友達になるポイント炊事掃除洗濯を特技にしよう日々の暮らしを楽しめれば寂しい老後もなくなるポイント4気持ちを変えるにはまずは見た目から通う明るくて清潔な見た目の服装を選んで楽しそうに見える自分に変えれば自然と人も寄ってくるいかがだったでしょうかこれから先高齢者の半数近くが一人暮らしになる時代がやってきます老後ひとりぼっちは保証人制度をはじめ辛い現実に突き当たるかもしれません悲惨な老後ひとりぼっちがどんどん増えてきているのが日本の悲しい現実ですですが楽しく過ごせる老後ひとりぼっちだっています一人で暮らすことは怖いことではありませんただ楽しく過ごす だから実践できることはいくらでもあります是非是非ほんの少しずつでいいですから自分の未来を変える行動を今日からでも始めてみてくださいここまで長らくご清聴ありがとうございました今日の動画よ買ってるという方ぜひぜひ高評価ボタンだけでもポチッと押して頂けますと励みになるより一層頑張れますのでよろしくお願いいたしますそれではまた次の動画でお会いできることを楽しみにしていますさようなら最新動画を見たい方は左をクリックおすすめ動画が見たい方は右奥りくチャンネル登録もお待ちしています