『時間は存在しない(カルロ・ロヴェッリ (著), 冨永 星 (翻訳)[著])』の紹介【VOD電子書籍】

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

created by Rinker
¥2,200 (2024/06/23 20:32:44時点 楽天市場調べ-詳細)

◎イタリアで18万部発行、35か国で刊行決定の世界的ベストセラー
◎タイム誌の「ベスト10ノンフィクション」
各メディア絶賛
●「科学に関する一般書には古典とさえ呼べるようなものもあるが、
本書にはその列に加えられるべき文学的な達成がある。」――福尾 匠(批評家)
「朝日新聞」の「売れてる本」(2019年11月16日付朝刊)

●難解なアイディアをどうしてこんなにもわかりやすくクリアに説けるのか。
驚きながら最後まで夢中になって読んだ。
時間についての「思い込み」を一つずつ解きほぐしていくプロセスは見事。――森田真生(独立研究者)

時間はいつでもどこでも同じように経過するわけではなく、
過去から未来へと流れるわけでもない――。

“ホーキングの再来”と評される天才物理学者が、
本書の前半で「物理学的に時間は存在しない」
という驚くべき考察を展開する。
後半では、それにもかかわらず私たちはなぜ
時間が存在するように感じるのかを、
哲学や脳科学などの知見を援用して論じる。

詩情あふれる筆致で時間の本質を明らかにする、
独創的かつエレガントな科学エッセイ。

 

※電子書籍『時間は存在しない(カルロ・ロヴェッリ (著), 冨永 星 (翻訳)[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2023年版】目的別でVOD選びをしたい方

アダルト動画のサブスクなら「Hey動画見放題プラン」が超おすすめです。

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『時間は存在しない(カルロ・ロヴェッリ (著), 冨永 星 (翻訳)[著])こんにちは10分でわかる本のまとめシリーズ3前100万円自己投資をする人生学校があなたの時間とお金をドカンと節約します今回取り上げる本は35カ国で刊行決定の世界的ベストセラー世界的天才物理学者が書いた時間は存在しないですこんな経験てないでしょうかえもうこんな時間が立ってる私はしょっちゅうありますアインシュタインニュートンアリストテレスなどの天才物理学者天才哲学者などの研究結果を紹介しつつ独自の時間論についてまとめられています世界に衝撃を与えた革命的な時間論なんですね人間は意識が変わらない限り根本的に何も変わらないと聞いたことがありますが時間が存在しないということを知ることで意識がガラリと変わるかもしれません早速究極の結論から場所が変わると時間は変わる過去から未来時間は流れていない速度が上がると時間の流れを遅らせる世界は物ではなく出来事出てきている時間空間現実はすべて錯覚時間は存在しないからこそ今の心を大事にこの瞬間を生きる人間は無限に開かれた存在世界とは自分たった一人ではそれぞれ簡単に見ていきましょう場所が変われば時間は変わる結論から言うと時間の流れは高いところでは早く低いところでは遅いです例えばあなたがもし富士山の頂上にいた場合と富士山の麓では頂上に入る方が時間が経つのが早いのです同じ時計を持って行って測定しても時間の刻みのスピードが変わるのですもちろんその差はわずかなのですが何度実験しても確実に差があるというのです実は時間の刻みだけではなく低いところではあらゆる事柄の進展がゆっくりになります例えば植物の成長や思考を展開する時間もゆっくりになるのです一人は平原でもう一人は山の上で暮らしていたとしたら数年後に2人が再会すると平原で暮らしていた人は生きてきた時間が短くなりますなので歳の取り方が少なくなるんですそうすると低いところに暮らしたいと思いますよね時間は場所によって早い場所と遅い場所が確実にあるのです過去から未来へ時間は流れていない物理学で時間を記述する基本法則がどこにもないと言います過去と未来原因と結果ってよく聞きますが物理学では有名なニュートンの法則も重力に関するアインシュタインの相対性理論の式も20世紀の物理学者が確立した素粒子に関する方程式もどれをとっても過去と未来を区別することができないのですですが唯一物理学の世界で基本方程式2時間の家つまり時間の方向性ですが登場するのは熱がはらんでいる時と言いますつまり物理学上過去と未来の違いがはっきり現れる場合は熱が関係しているのです思考が過去から未来へと展開するとしたら思考すると頭の中で熱が生じるといった具合ですね唯一過去と未来を認識している方程式はズバリ熱力学第二法則です熱力学第二法則は熱い物体から冷たい物体にしか映らず決して逆は生じないですですがミクロの世界では過去と未来は違わないという結論が書かれているんですね物理学では熱という概念や過去のエントロピーが低いという見方があるのですがこれは自然を近似的統計的に記述した時に初めて生じるものなんです結局のところですね物理学でミクロのレベルで正確な状態をすべて考慮に入れることができたら時間の流れの特徴がなんと消えてしまうというのですそしてその理由は私たち自身の子会自体が曖昧だからと言いますミクロな世界の物理学の記述においては如何なる意味でも過去と未来は違わないと言うのです速度が上がると時間の流れを遅らせるじっと動かないでいる人と動いている人では時間の流れが変わります動いてる人は時間がゆっくり流れるのですつまり低いところで動いている人は時間はゆったり流れます低いところで勝つ動いてる人は年を取りにくくなるのです 死にた場合光が届くのにかかりますごめん今日であなたの姿が地球から見るとしてもわかるのは四年前のことですつまり現在は自分たちを取り囲むのようなものだと書かれています自分より遠くにあるものは私たちのかごつまり今見ることができる事柄の前に起きた出来事なんですねこのようなことから宇宙全体で定義できる同じ瞬間なんてものは存在しないのです戻ってはなく出来事でできている最新の物理学として世界は物ではなく出来事でできているといいますしかもこの出来事は規則正しく整ったものではなくもっと簡単に言うと世界とは変化だと言うのです時間は一つでもなく方向もなく今というのでは時間とは何ですかというとつまりというのですねではこの出来事の違いは何ですかと言うとものは時間をどこまでも貫くのに対して出来事は継続がある例えばものの典型が入ったとしたら明日あの石はどこにあるんだろうと考えることができますつまり出来事なので自分たちが何も何も今お伝えしたように場所が変わると時間は変わる過去から未来へ時間は流れていない速度が上がると時間の流れを遅らせる世界は物ではなく出来事 ミッキーのではないかなと思いました時間というものはここからはあくまで時間は存在しないからこの本を読んで感じたことは自分は時間についても空間についても現実についても分かっているようで何にもわかっていないということがよくわかりましたでは自分に何ができるんですか今の自分の心を大事にして過去も未来も関係なくこの瞬間を真剣に生きるこれしかないのじゃないかなと感じたのですよね生きていればいろんなことがありますですが私たちにできることはいま自分が感じる心を大事にして今を生きるくらいしかできないのではと思いましたカルロさんは言いませんこの短い人生はまだまだ感情の間断ない酒エビに他ならない人間は無限に開かれた存在人間は自分が考えている以上に向けはほとんどが空間でそして振動している状態と言いますこの辺どう影響を与えています私たちはこの肉体だけの存在ではなくてお互いに影響していると言うか自分が思っている蛇に他ならない人間は無限に開かれた存在人間は自分が考えている以上にはほとんどが空間でそして振動している状態と言いますこの変動影響を与えています私たちはこの肉体だけの存在ではなくてお互いに影響していると言うか自分が思っている 時間とはそこに黙って座ってるような存在ではなく自分自身が売り出していくものなのかもしれませんお化けが出るということは計算しするということだがそれているのは 10分程度でできる限りわかりやすく約一週間に一本ありますメンバーシップでは何千万円仕事をして学んだ内容の濃い動画全160本以上が今でしたら最後までお聴きいただきまして素晴らしい存在ですそれではまたお会いいたしましょうご縁に感謝いたします