【VODで読める電子書籍】『超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト(落合 陽一[著])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

超AI時代の生存戦略 〈2040年代〉シンギュラリティに備える34のリスト

□さまざまなメディア出演で話題沸騰! !
■ワークライフバランスに変わる、「ワークアズライフ」という概念とは何か。
□「朝日新聞の読書欄」「サンデー・ジャポン」「ビジネスブックマラソン」などで紹介!
■〝現代の魔法使い〟と称され、今、世界でもっとも注目される日本人科学者の書き下ろしです。

「人間らしさ」という思考停止をやめて、〝これからやるべきこと〟をちゃんと読み解く1冊。

ギャンブル性のあること、コレクション的なこと、単純に心地いいこと…
人間にとってエモいこと以外は、すべてコンピュータにやらせればいい――。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
未来への漠然とした不安。
「何をしたらいいかわからない」という人たちに向け、
超AI時代の「生き方」「働き方」「生活習慣」を
気鋭の若手学者が丁寧に描き出します。

従来の「ライフとワーク」ではなく、「ストレスと報酬で人生を組み立てる」など、
著者ならではの新たな切り口&視点が盛りだくさん。

これが、時代を読み解く34のキーワードだ!

ワークライフバランス / 人間性の再認識 / 競争心と淡々とやること
自己実現と責任と戦略 / 信仰心 / 趣味性 / ギャンブルと報酬
ゲーム性と遊び / 完成物 / アイデンティティ / 時代性 / コモディティ化
マーケティング能力 / 利潤の再投下 / AI系ツール / 非合理的コミュニケーション
オーディオとビジュアル / プレゼンテーション / 発注・命令 / メディア
政治 / 情報アプローチ / 浅く広い知識 / 受験勉強 / トップ・オブ・トップ / ストレスレス
身体性 / 自傷行為と食事 / コンプレックスと平均値 / ファッションと平均値
友達とコミュニティ / 土地の所有 / 貯金と投資 / 子育て

 

※電子書籍『超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト(落合 陽一[著])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2023年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の24時間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が24時間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが24時間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の24時間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の24時間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の24時間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】『超AI時代の生存戦略 ―― シンギュラリティ<2040年代>に備える34のリスト(落合 陽一[著])』さて今回は落合陽一さんの超 AI 時代の生存戦略を要約して行きます本書はですね計算機器技術の発展による超 AI 時代を生き抜くために時代性を読み解く必要なスキルやマインドセットについて解説した本になりますこの法は現代の情報社会において一体何が起きているんだという音大まかな知識を手に入れたい人そしてこれからどう生きていけばいいのかそれを不安に思ってる人にぴったりの本でございます今世の中では AI が人間にとって変わるとか AI に仕事が奪われるとかあと10年経ったら今ある仕事の50%がなくなっているだろうとか色々な不安を煽る言葉が叫ばれておりますよねそして実際人間で行う必要のない単純作業などは既に AI による手術が行われています正直不安ですよね自分の仕事はこれからも残るのかそしてこれからどのような世の中に変わっていくのかこれからどんなマインドセットで生きていけばいいのか本書ではその点について詳しく挨拶してくれています落合さんの書かれた本なのでやや難解ですが私なりに出来るだけ分かりやすく噛み砕いて説明していきますのでお付き合いくださいでは本日のお品書きは次の通りです1件で work as LIFE 2件でブルーオーシャンで淡々とやる3件でコモディティ化を意識するということについて解説いたしますでは早速1件ですねさて超 AI 時代にどのように生きれば良いのが大事なのは work as Life という考え方でございます落合さんはこれからワークアズライフを見つけられたものが生き残る時代なんだと断言しているんですね古くからワークライフバランスすなわち仕事と生活のバランスというのは大きなテーマになってきましたよねしかしこの考え方は今の社会にはそぐわないものなんですよそれはスマートフォンなどの普及によりいつでもどこでも情報と繋がりいつでもどこでも仕事ができるようになったからでございます仕事とプライベートが混在する世界にもはやなっているわけですよ残酷すぎる成功法則という本にも書かれておりましたが今やスマートフォンの普及により24時間どこでも仕事ができる状態なんですよつまりですね午前9時から午後5時までの8時間働いてその後は家に帰ってお風呂時間だと言ったねライフとワークの切り分けができなくなっている時代なんですよ家に帰ってからでもなんか仕事のことを考え続けなければならない労働時間外でも上司からの Line や顧客からのクレームが入ったら対応しなければならないそんな時代なんですよねつまりワークライフバランスとは自分の人生をいくつかの単位に分けて考えることが可能であるということを許容した言葉なんですよ何時から何時までは仕事その後はオフこんな感じで綺麗に切り分けができた時代の話なんですよところがワークとライフが混在してしまった現代にはそぐわない概念なんですよだからこそですよなるべくライフとしてのワークにするすなわちよかのようにストレスがない環境で働けるように環境を整えてこれが重要なんですよ何度も言いますが今は一日中働こうと思えば働けるんですワークとライフを切り離し過大環境なんですよだからこそこれからは work as LIFE つまりライフのようなワークを送ることストレスのない仕事環境を整えることが超重要なんでございますよ今の時代では会社に雇用される賃金をもらうというスタイルから好きなことで価値を生み出すスタイルに転換することの方が重要なんですある程度自分の好きなことならストレスなく働けるでしょう趣味か仕事か区別できないことを一日中ずっとやっていてお金を稼いでるという人も実際に増えてきましたそういう人にとっては仕事とプライベートの境界がありませんこういう人材が今求められているんです仕事と生活を完全に切り分けるワークライフバランスという言葉はもう古い古いと言うか時代に沿っておらずもはや通用しないこれからは仕事と生活の境界線がない work as Life 的な生き方ができる人材がもうもう止められているんですこれを聞いてね皆さん思いませんでしたか仕事と生活の境界線がないだと work as LIFE だとずっと働けということかとまあ簡単に言うとねそういうことなんですけどねしかし自分の好きなこととかストレスのないことならずっとできますよねそれはもはや仕事ではなくて趣味なのかもしれない遊びなのかもしれない例えばテレビの番組制作の人は1日16時間ぐらい働いているそうですがその仕事が好きだからむしろ働きたいんだという話を聞いたことがありますよさらにですねクリエイティブな仕事をしてる人もそうでしょおえおかく人はずっと書いていますよね10時間連続とかでずっと吐きますよね本人にとってはそれは仕事ではなく生活の一部なんですよ確かにね仕事を生活の一部にして仕事と生活の境界線をなくすというのはなかなか難しいとは思いますが実際に実現できている人が多くいるというのもこれまた事実でしょうこれからの AI 時代は嫌々働くということは機械がやってくれるでしょう 圧倒的な生産性を叩き出せることは間違いありませんもちろんこのように働ければ本人自体もとても幸せこれも間違いありませんしかしですね別に自分はそんなにお金もいらないし仕事は仕事の時間と割り切って多少嫌でも頑張るそしてプライベートの時間で楽しむんだこういう生き方もそれは全然ありだと思いますそれは個人の価値観に従って選択することでございますしかし今の自分を変えたいとかもっと上を目指してみたいという人はぜひこのワークアズライフという考えだと思って生きてみてくださいでは1件をまとめましょうこれからはワークアズライフの時代である仕事と生活の境界線をなくすてそのためには好きなことを仕事にするなどの工夫をしてストレスフリーな仕事環境を整えることが必要であるでは次に言 Blue Ocean で淡々とやるということについて解説しますさてこれまでで競争というのは限られた個数視界がなくてそれをパイより多い人数で梅に行かないといけなかったから段落の決着をつける必要があり僕らは競争していたわけなんですよ会社で言うと課長になれる人とか不調になる人のポストの数は決まっているから自然と競争が起こっていたわけなんですしかしですよ社会構造が多様化してきて私たちそろそろ違う方向に淡々とやることが重要になってきたんですつまりですよ全員が全員違う方向に向いて言っても生産性を保つことができる社会がもはや今成立しているんだということでございますよそれはインターネットがあるからでございますインターネットがそれぞれの生態系を作って一人一人にとって行きやすいニッチなコミュニティを生み出しているからでございますどういうことかと言うと例えば昔は働くといえば基本的に会社で働く時間なかったわけですよねところが今では色々なニッチなコミュニティがネットにより生まれ別に会社で働かなくてもお金を稼ぐことができるようになってきましたそんな領域がねどんどん広がっているんですよ歌詞だったらそんなこと仕事になるわけねーじゃねーかということがねどんどん仕事になっている現状があります YouTuber などはその典型でございましょうそんな時代において大事なのは特定の一個のパイを奪い合うじゃなくて怒りパイを広げるか愛を広げるかということなんですよ要するにですよどうやって新しい仕事を作り出せるかということなんですそこで必要なのがブルーオーシャンを探すという考え方なんですよもしあなたが今他人となんらかしらの競争しているならばそれはレッドオーシャンすなわち競争の激しい分野にいるということなんですよしかしこれからはそれではダメなんですこれからはブルーオーシャンを一人一人が探すという考え方をしなければなりませんそこで必要なのが人と比べずに自分は自分の道を信じて淡々とやるということなんですよブルーオーシャンというのは誰もやっていないことですよね自分しかそれをやってみたいけれどそれが正しいと信じることが必要なんですよこれは競争心とは真逆の考え方になりますこのブルーを医者を探す癖をつけるというのが超 AI 時代に生き残る方法なんですよなぜならばですよ競争するというゲームが決まるとデータさえあれば機械の方が強くなるからです競争するということはつまり勝つためにはこの要素が必要みたいに要素が決まってしまうそして要素さえ決まってしまえば機械はデータから計算可能なので機械の方が絶対に強くなるんです例えばチェスや将棋を見るとあれはルールが厳格に決まっておりますよねこうすれば勝てるという要素も決まっているんですそんな領域では僕らは AI にもはや勝てない理由なんですよしかし一方 Blue Ocean の考え方で何をやるかまだ決まっていない状況では人間は機械に十分勝てるんですだからこれまでのレッドオーシャン的な考え方を捨ててですよ競争心を捨てて自分で信じた道を淡々とやっていくその中で自己実現もしくはストレスフリーな環境をいかに実現していくかということが大事になってくるわけですさて2年をまとめてみましょうか人と同じことをするレッドオーシャンでは戦うな自分なりのブルーオーシャンを見つけて淡々とやれ自分の信じる道が誰もやっていないことでも振り返って後ろに誰もついてきていなくても不安にならず淡々とやれではラスト3軒コモディティ化を意識するに参りましょうさてこれからねコンピューターの発達によってあらゆる専門的なことがコモディティ化するようになってきます例えばですよ昔だとね Word や Excel を使いこなすために専門学校に行かなきゃダメだったんですよしかし今では YouTube で使い方を解説する動画を見ればそれで終わりでございますさらに動画編集なんかもわかりやすいあのスキルは昔に比べて圧倒的にかしてしまいました昔は動画編集と言うと高度なスキルが要求されてその専門家がいたわけですしかし今では多くのユーチューバーが自分で編集しているように便利な編集ソフトや高性能のパソコンによって誰でも動画編集ができるようになりましたつまり動画編集という昔は専門的だった どんどんコモディティ化していく新しい技術を学び続けるには徹底的に無駄な時間を減らすことが必要それでは本日のハイライトに参りましょう1件で work as LIFE という概念を2件でブルーオーシャンで淡々とやるという重要性を3件で効率化を意識せよということを学んできましたさて今日の話を聞いて少し息苦しくなってしまった人いませんか実は私もそうなんですよねこれちょっと書かれていることのレベルが高すぎて不安になってしまいましたまあ何しろ著者があの落合さんですから発言されている内容もとてもレベルの高いものですべてを実行するのはねやっぱりなかなか難しいしかしその一部でもいいから実践しようという小さな努力は僕ら凡人にも求められるのかなこれからの時代必要なんじゃないかなとねやはり思ってしまいましたよそしてこれからこのような時代が来るんだということをねあらかじめ知っておくこともとってもとっても大事だと思いましたぜひぜひ work as Life という考え方をあなたの中にインストールしていただいて自分だけの部ローションを見つけて後ろに誰がついてきていなくても淡々とやりコモディティ化を避けるために新しい技術を無駄を省きながらどんどん学び続けようではありませんが本日は以上になりますこの動画がためになったということは私たちのやる気 up とさらなる動画のクオリティアップにつながるので高評価ボタンとチャンネル登録どうぞよろしくお願い申し上げますではではまた次の動画でお会いいたしましょう長い間ご清聴どうもありがとうございました
おすすめの記事