【VODで読める電子書籍】『新版 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義(ティナ・シーリグ[著], 三ツ松 新[(その他], 高遠 裕子[翻訳])』の紹介

どもども、さむたろうです^^

動画配信サービス(VOD)で読めるおすすめの電子書籍や雑誌、漫画などを紹介しています。また、目的別にVODを選べるようにまとめた記事も載せているのでVOD選びの参考にしてくださいね^^

この本の中で、あなたの人生を変える、
自分のツールとなる言葉をたくさん見つけてください。

「いちばん難しいのは自分の常識を疑うことです」
「新しいことに挑戦するのなら、積極的にリスクを取ろう」
「やると決めたら、うまくやめること」
「幸運に恵まれるとは、風をつかまえることに似ています」
「将来、胸を張って話せるように、いま、自分の物語を紡ごう」

未来へ羽ばたくためのツールをこの本からたくさん見つけてください。
30万部のベストセラー、大幅増補アップデート版ついに刊行。

謎解きクリエイター・松丸亮吾さん推薦!

[目次] はじめに
第1章 スタンフォードの学生売ります――自分の殻を破ろう
第2章 常識破りのサーカス――みんなの悩みをチャンスに変えろ
第3章 ビキニを着るか、さもなくば死か――ルールは破られるためにある
第4章 財布を取り出してください――機が熟すことなどない
第5章 シリコンバレーの強さの秘密――失敗は財産になる
第6章 行く手の乱気流 ――リスクと上手に付き合おう
第7章 絶対いやだ! 工学なんて女のするもんだ――無用なキャリア・アドバイス
第8章 レモネードがヘリコプターに化ける――幸運は自分で呼び込むもの
第9章 賢明な行為は正しい行為――?自分の評判を守り、高める
第10章 矢の周りに的を描く――自己流から抜け出そう
第11章 これ、試験に出ますか――?及第点ではなく最高を目指せ
第12章 実験的作品――新しい目で世界を見つめてみよう
読者のみなさんへ
謝辞

解説「私には夢がある」三ツ松 新

 

※電子書籍『新版 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義(ティナ・シーリグ[著], 三ツ松 新[(その他], 高遠 裕子[翻訳])』はU-NEXT(ユーネクスト)【31日間無料お試しキャンペーン中】で読むことができます。

見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2023年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の24時間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)

<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が24時間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが24時間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の24時間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の24時間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の24時間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】1.『新版 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義(ティナ・シーリグ[著], 三ツ松 新[(その他], 高遠 裕子[翻訳])』これを紹介してきたと思います二十歳か今からですね私も10年以上前になるんですがもう寝た文字は自分なんでも出来るんじゃねーこれって森中二病の主人公みたいに本気で守ってましたねその後現実をしてたくさん出せるしましたただそれと同時に20歳で自分の人生仕事できた将来について真剣に考え始める時期ですよねですがどんだけ考えても自分なりにしたらいいんだろうそうやって答えが見つからないまま過ぎていくじゃないですかそして何なら未だに答えが見つからないままから働いてるという人も多いかと思いますですがもう話ししてくださいこの本がその悩みを解決してくれますこの本はただ大事なことが書いてあるだけではなくてあなたならどうするかこうやって質問を投げかけてくるように書かれているんですですからいま自分が何をすればいいのか分からないのにやりたいことができていないこうやって悩んでいるどの世代の人でも学びになる動画になってます是非どうするか超えて考えながらこの動画を見てもらえるといいかと思います最後まで見終わったとあなたの住んで気持ちが見えていますそれでは最後までお楽しみください一つ目自分の殻を破るという話ですいきなりですが質問です今から500円が入った封筒はですので2時間でそれを増やす方法を考えてください考える時間はいくら取ってもらってもいいですが封筒を開けたら2時間で終わりですこうやってもし言われたらあなたならどうやってお金を増やしますかおそらく多くの人が宝くじを買うとか電流鉄骨渡りをすると言った一攫千金の大きなリスクのある答えはあげるかと思いますそして次によくある答えが道具を買って洗車するサービスとかドリンクを売るといった数百円の儲けがあるサービスを思いつくと思います実はこの質問著者がスタンフォード大学で2歳の子だった授業なんですよ学生にチームを組んでもらって動いてもらい授業の最後にさんぷんかんのプレゼンテーションを行うという内容なんですが学生たちは面白いアイデアをどんどん生み出していくんです例えば学生街に人気のレストランがあるんですがアドレスができるという問題で決まりましたそこでイライラしながら列に並びたくない人を助けるサービスをしようこうやって考えて思いついたのはいくつかのレストランにあらかじめ予約を入れてようやく時間が近づくと長い待ち時間を嫌う逆にその場で売るという方法でした実際これで一回の予約で最高2000円ほど稼ぐことができたんです私でした人間なんで買っちゃうかもしれませんまた残り時間があと1時間になった時そのチームはあることに気づきますそれが女子学生の方が男子学生よりも予約がよく売れるということでしたですから当初のとりあえずやるという計画を変えて男性はレストランを予約する担当に女性は並んでいる人に売るタントに役割を分担することにしたんですその結果作戦が見事にはまってどんどん稼ぐことができました確かに女子学生たら振られた方が声をかけられても身構えなくていいですし安心感ありますよねただこれで感心してはいけません実は2時間で花男5000円しか書かせるというもっとすごいチームがいたんですそしてないここの ID がほんと凄いですよこのチームはまず自分たちが使える資源を考えるんですがそこで調べたのが今日の最後に行うさんぷんかんのプレゼンテーション泊まりだったんですそこでスタンフォード大学の学生を採用したいと考えてる会社にこのさんぷんかんかいませんがスタンフォード大学の学生が見てくれますこうやって打ったですそしてただそれだけではなく会社の3分から DM を作成して実際にプレゼンテーションで流したんです持って返済ですよねいや私の母校はすごいなこれら奈良市から学べることは三つあってまず一つ目はチャンスはいくらでもあるということです問題というのは人気のレストランを画するという小さなものから営業がスタンフォードの学生にアピールできる時間を売るという大きなものまでたくさんあるんですですから二十歳で知っておくべきこととして身の回りをじっくり観察すれば解決すべき問題が自然と目に入るようになるそういった問題があるということを自覚するということなんですそしてこの問題のほとんどがチャンスがあって問題が大きければ大きいほどそのチャンスも大きいということなんですよね次に二つ目が問題は今ある資源を使って創造的に解決することは可能だということです多くの人は問題にぶつかると解決なんてできないどうやって考えがちで目の前にクリエイティブな解決方法があってもそれが目に入りませんですが問題の大きさに関係なく実際に成功している企業家のほとんどはチャンスになりそうな問題を常に探していて限られた資源を有効に使うその方法を見つけて実際に解決してきた人たちなんです最後三つ目が人間は問題を狭く取られ過ぎているということです2時間でできるだけ稼ぎなさいという単純な問題出すとありきたりな解決方法に飛びつく人がほとんどでも行って部屋全体を広げようとしませんこれは目の前のことだけに集中してしまう癖がついてる コテ取れますかこうやってめっちゃ細かく聞いていた人いますよねはい私ですこの他にも仕事で昇給やボーナスの査定に必要な条件を提示されるとそれを満たすためだけに頑張ろうとしちゃいますよねその気持ちはめちゃくちゃわかりますただですね自分のリミッターを解除して努力を続けると最終的にかなりの恩恵を受けることになるんです例えばですけど与えられた仕事しかやらない人と毎日パーセントだけ向上する人がいたとします与えられる仕事の価値を1.0とした時この二人の1年後の実力がどうなってるかと言うとただ与えられた仕事だけやる人は1かける1かける1と365回やってもと変わりません一方毎日1%だけ向上した人は1.01かける1.01かける1.01と365回やると37.78となりわずか1年で約38倍の差になって帰ってくるんですこれ数値で表すとすごくないですか一週間は8が1.07にしかならないので誰も聞いてくれませんですがこれを2ヶ月続けていると2倍にもなってくるんですそして2年続けると10倍以上の差になっているんですこれは逆もしかりでまた持って行っパーセントずつ悪くなっていくと1年後の価値は0.0になってるので彼に毎日の過ごし方が大事か分かりますよねこれ聞いていて私思ったんですが学生時代は同じぐらいの偏差値でみんな大差なかったのに同窓会で久しぶりにあるとめっちゃ成長しているとと人生うまくいってない人すごく分かれてますよねまさに毎日ドコモパーセントの差が2年とか数十年で大きな差になっているんですよねまたもう一つ大事なことがあってそれが何かをしようとするのと実際にするというのは大きく違うということなんですこんな事件がありますスタンフォード大学の教授が学生に行こうの空き瓶を北から奪おうとしてみてこうやっています教授はビームをしっかりと守っているので学生が懸命に奪おうとしても奪うことは来ませんここで言葉を書いてみますこの瓶を僕から奪ってそうすると最初はうまくいきませんが3回くらい声をかけると奪い取られてしまうんですこの実験から言えることは何かことを起こすには100%の力を出す必要があるということです私たちはダイエットしようとしているとか転職しようとしているのか何かまるまるをしようとしているこうやって口にしますよねですが本当はしているかしていないかの二つしかなくてまるまるしようとしているというのは言い訳に過ぎないんですあのスターウォーズのヨーダもやるかやらないかなやってみるなどないこうやっていますからね宿題を出さなかった時試験に落ちた時恋人に電話をしなかった時など病気だからとか仕事が忙しいからとか言い訳をしますか本気でそうする気があるのなら実現する方法誰だってひねり出すんですよちょっとだけこの橋は効いていて耳が痛いと思った人もいるかもしれませんが何かをしたいなら全ては自分で貼ってるという真実をちゃんとしないといけないけどですからまずはいつでもいいです自分がやると思ってることの優先順位をあげてその1位の部分を取り組んでみましょういつやるの今でしょあなたまとめです市自分の殻を破るに常に最高点を目指すという話でしたこのには今回紹介した以外にもリスクとうまく付き合っていく方法や自分のキャリアについてどうやって考えたらいいのかで言ったことが詳しく書かれていますマジでいい子でした今20歳の人はもちろん30代でも四十代五十代でもためになることが書かれているのでおすすめの一冊です2.2.『新版 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義(ティナ・シーリグ[著], 三ツ松 新[(その他], 高遠 裕子[翻訳])』はい望月凛です今回はスタンフォード大学工学部教授であるティナシーリグさんの書かれた二十歳の時に知っておきたかったことを解説していきますこの本は一言で言うとやる気に火をつけてくれる本な俺もやる気に火をつけて欲しいですこの本では著者のティナシーリグ3が実際にスタンフォード大学で行った集中講義の内容などから人生を変えるためのたくさんのヒントが書かれているはどうもほもそのスタンフォード大学ってどんな大学なんですか入った大学は2022年の世界ランキングで4位の超名門大学だちなみに東京大学は35位だぞ凄いじゃないですかそのめちゃくちゃすごい大学で行われた人気講義の中でも著者が二十歳になる自分の息子にも伝えたいと思った人生で大切な考え方を厳選して開設したのが本書だそれは気になります今回の授業を受ければそんな人生でせつな考え方を知ることで身の回りにあるチャンスを掴めるようになるだろうそれではさっそく授業を開始する心して刮目せよよろしくお願いします一つ目は5ドルを2時間で増やす方法お店にいきなりだがお前はもし1000円の入った封筒を渡されて封筒を開けてから2時間で増やす方法を考えろと言われたらどうやって増やすのに時間でですかイチカバチカパチンコ日競馬ですかねまあそういう考え方になる人はとても多いこれは実際にスタンフォード大学の授業でチーム分けした学生に出した課題だ実際の条件は1000円ではなくゴードル高の5ドルと1000円より少ないじゃないですか最初はお前と同じようにラスベガスに行くという意見も出ていたようだが最終的には学生たちの多くが常識にとらわれず素晴らしい方法でお金を稼ぎ出したどうやったんですか最初は5ドルという元手にとらわれていた学生たちだあったがあるチームは学生街にある人気レストランでいつも待ち時間の長い行列ができていることに目を付けたそこでグループメンバーで手分けしてそのレストランの予約を取り行列の後ろの方で長い時間待たされている人たちにその予約した順番の権利を販売したところ最高20ドルで買ってもらえたそうだそれならそもそも5ドルの下ですら入らないですもんねさらにそのグループでは女子学生の方が男子学生よりも予約がよく売れるということに気づいて途中から男子学生は店の予約をする係女子学生は並んでいる客に予約を売ることにしてより売上を1ドルまで伸ばしたんだすごい次は自分の持っている資源を考える店さっきのレストランの予約を売るという方法を取ったチームは元手なしで300ドルほど鬼時間のうちに稼いだよやっぱそのチームが一番だったんですか8月は別のチームが2時間どころか3分で650ドルという最高額つまり日本円にして7万円以上を稼ぎ出す事に成功した本文で運動によったらそんなことができるんですかそのチームの学生たちは自分たちにとって貴重な資源は元での5ドルでもお金を増やすために与えられた2時間でもない授業で発表する時に与えられたさんぷんかんのプレゼンテーションの時間こそが貴重な資源だとひらめいたんだどういうことですか学生たちには課題の結果発表のためにさんぷんかんのプレゼン時間が与えられていたそこでそのチームはスタンフォード大学の優秀な学生を採用したいと考えている会社にそのプレゼントさんぷんかんを宣伝用に買ってもらうことにしたんだそしてその会社のさんぷんかんの CM を作成してプレゼンテーションの時間に流したチームの学生たちは自分たちには職を探しているクリエイティブな学生という貴重な資源があるということに気がついたんだそして会社側としては優秀な人材に自社をアピールできる貴重な機会としてその3分巻に650ドルの価値が十分あると考えたわけだななるほどそれにしても元手ゼロでさんぷんかんで7万円以上はすごいですね次はチャンスはいくらでもあるこの学生たちの円周から気付かされることは多いまず第一にチャンスはそこら辺にいくらでもあるということだレストランの行列のような小さな問題もそうだがいつでもどこでも身の回りをじっくり観察すれば解決すべき問題が目に入ってくるという問題に見えることのほとんどがチャンスであって問題が大きいほどチャンスも大きいということだそうなのか第二にたいていの人は問題にぶつかると解決できないと考え解決法を考えることを諦めてしまうんだがいまある資源を使って創造的に解決していくことは常に可能なんだ起業家と呼ばれる人たちはこういうチャンスになりそうな問題を常に探していて限限界だなが一歩引いて視野を広げることができれば可能性は無限に広がっていくは実際元手なしでも十分稼げる方法を学生たちは思いついたわけだからな次は常識を疑う店著者はハーバード大学のシルクドソレイユの研究事例を使って学生に常識を疑うスキルを磨く授業を行ったシルクドソレイユって何かおしゃれなサーカスみたいなやつですよね1980年代当時サーカス業界は不況に陥っていた講演の内容は決まりられた資源を有効に使う独自の方法を見つけて問題を解決することによって目標を 立ち上げ衰退産業という問題をチャンスに変えたんだそうなんですか教師の授業ではまず古い伝統的なサーカスのビデをを見せて伝統的なサーカスの特徴をすべて学生にあげてもらう動物による曲芸安いチケットけたたましい音楽ピエロといった具合だそして次にその特徴逆にしてもらう動物は出てこない高いチケット洗練された音楽ピエロはいないとしてその次に元の特徴の中で残しておきたいものと変えたいものを選ぶ熱はそうして出来上がったサーカスはシルクドソレイユ風のものになるその後実際にシルクドソレイユの公演のビデオを見ることで自分達が行った変更が実際にどのような効果を持つのかを検証するんだ次は思い込みを捨てるたなさっきの授業で何より重要なのは思い込みを捨てて常識を疑う事によって現代の観客にあった斬新なサーカスが作れるということに気づけるという点だ乗るほど実はこの方法は他の業界にも適用できる伝統的に当たり前に行われてきたものの中には既に時代に合わなくなっているものが数多くあるがそれが常識になってしまっていると案外気づけないものだ例えば仕事といえば当然会社に出社してやるのが常識だったわけだがコロナの影響でリモートワークをやる必要が出てきて実際にやってみたら案外その方が効率が良かったという例も多くはある確かに業種によってはわざわざ毎日通勤する必要ないですもんね何かを見直したいと思った時に大事なのは常識だと思われていることを洗いざらい上げていくことだそしてサーカスの例のようにあげていた常識を全てひっくり返した上で常識だと思われていることの中から残したいものだけを選ぶもし自分の生活をより良くしたいと思ったらこの常識を疑う演習を自分自身にしてみることをおすすめするぞ自分にいる自分が毎朝何時に起きているのか毎週何時間働いているのか自由な時間は何をしているのかご飯は何を食べているか休みの日は何をしているのか案外これが当たり前だと思い込んでいる習慣が必要ないものだったり改善できる可能性があることに気づくはずだ次はエネルギーを注ぐものを見極める店もし何かを続けようかやめようか迷っている時過去にどれだけコストを掛けたかにとらわれてはいけないってどういうことですかわかりやすい具体例を挙げると例えばパチンコなどのギャンブルで2万円突っ込んだと使用品どこで止めれば2万円の村で終わるわけだが多くの人は2万円も使ったんだからあと1万円入れたらきっと勝てるはずだと過去に使った2万円を正当化するために引くに引けなくなってしまうんだめっちゃわかりますこれはギャンブルに限らず苦手な仕事などでもそうだ今まで努力や苦労を重ねてくるとそれを正当化したくなりここで辞めたら今までの苦労が無駄になるだから続けナイトという風に思いがちなんだそれも分かります自分に合わない辛い仕事を無理して続けるというのは自分で自分を檻に入れて見張るようなものだがその必要はない仕事ならやめてもいいってことですかそうだもちろんどんな仕事でも努力は必要だが根本的に合わない仕事に無理してエネルギーを注ぎ続けていても意味はないある有名な投資家がマルタニ油を注いだら濡れた丸太にしかならないがこのように油を注ぎ大火事になると言っているつまり自分がエネルギーを注いでいるものについてそれに見合った成果がでるのかどうかを見極めるのが大切だということだなるほどわかりました次は家の周りにまたな世の中ではほとんど全てのことがチーム単位で進められているそんな中で自分だけが成功しようとしている人というのは多くの場面で周りの協力が得られず不利になってこらだからこそ最高のチームプレイヤーは自分だけでなく2階の仲間を成功させる為に労を惜しまない確かにそうかもしれませんチームで何かをする時の最大のメリットはお互いの得意なことを活かして苦手な部分を補い合えるという部分だと言いますもんねそして適材適所というのは仕事が最初にあってそこに合う人を持ってくるという考え方だがさらにそれよりもいいのは家の周りに的を描くという考え方だよの森にも遠い国どういう意味ですか適材適所やトマトの関係で言うとまとの特徴に合わせて矢を放つ人を選ぶというイメージだなこのまたは小さくて難しいからこの人はこの後はこの人が得意だからこの人にというイメージでそれで命中率が上がりやすいのは分かるだろうがそうではなくて家が刺さったところの周りに真と書いてしまえば百発百中になるつまりその人が得意なことに近い仕事や目標を作るんだそうすると驚くほど成果が上がるし興味のないことや 実際にやるのが大事ってことですねそういうことだまとめ7ボトルは2時間で増やせる自分の持っている資源を考えるチャンスはいくらでもある常識を疑う思い込みを捨てるエネルギーを注ぐものを見極める家の周りに的を描くしようとしているは言い訳だな今日の授業は色々考えさせられました自分の頭が思い込みで凝り固まってた気がしますが日々過ごしているとどうしても常識にとらわれがちになるからなでもなんかいろんなことができそうな気がしてきてやる気が湧いてきましたよかったなそうやってやる気が出てきたならあとは実際にやるだけだやってみるじゃなくてやるんですよねそれでは今日の授業が終わりだありがとうございました
おすすめの記事