おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

七つの会議

いやー、野村萬斎さん、香川照之さんはじめ役者のクセが強いですね(笑)半沢直樹好きならハマるだろうけど、さすが今時こんな会社ないよなあと思いながらちょっと醒めた目で観てしまった。たしかにストーリーはけっこう面白い。まあでもこういった企業の隠蔽工作っていまでもあるよね。最近はすぐ明るみになっちゃうけど。個人的には歌舞伎口調の台詞まわしが気になっていまいちはいりこめなかった。。
※映画『七つの会議』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】映画七つの会議の魅力をですね半沢直樹のファンの方向けにお伝えしていければと思っていますねあのー七つの会議ですねあの非常に高社会人の形であればですねまたどなたでも何かしら響くものがあるですねとても面白い映画ではあるんですけれどもまあ池井戸潤さん検査つまりまあ半沢直樹の原作者と同じですね原作者の小説が映画化されたもので知ってですねもうここ見てもらえばわかるんですけれどもこれここねこういうわけで半沢直樹に主要キャストしてる面々主要キャストとして出ている面々がですね家族登場しておりましてでまたですねちょこっと東京中央銀行が出てきたりとかですね色々面白い部分があるんですよあの映画としても面白いけれども半沢視点で見ると色んな面白さがありますのでぜひですねも半沢直樹が楽しいって方は今週末は半沢直樹放送延期なっちゃったじゃないですか生放送で泣いてあるみたいですけどもコンシューマー映像コンテストしては楽しみなものができない状態なのでよかったらこの週末なのでこの7つの限りご覧になってみてはいかがでしょうかということでこのタイミングでこちらの作品はですねガチでオススメしたいというふうに思っておりますでもあくまでも今回はも半沢直樹のファン向けに特化して話すればと思うんですけどもあいつほど話をしていければと思っております7つの会議はどういう話なので話を始めましてキャスティング細かい部分までしてみていければと思っておりますってその後に物語本当に面白いとなりますので済んなぞなぞおもしろた半沢直樹と違う感じの面白さがありますねそこの部分の魅力を伝えしてタイトルはですねななつのたいざいとかぶってるとが意識することがありそうだねあと個人の感覚なんですけれどもちょっとあるのでその話しさせて頂いて最後ですねこれ現実世界と何かこうかぶってるの何の話を見させていただくという構成でお届けできればと思っております山田ですよ七つの会議という話から進められればと思うんですけれどもこの子の七つの会議というのはですね中堅電機メーカーの東京犬というところが舞台になっておりますとお伝えしましたけども半沢シリーズとか北町ロケットシリーズまたですねルーズヴェルトゲームとかノーサイドゲームとかそれともの原作者である池井戸潤さんの原作となっておりますかんところですね TBS のドラマシリーズ年下町ロケットシリーズルールとゲームノーサイドゲーム陸王などのテレビの放映されている福澤監督がですね監督止められておりますのでもう9月1 MTB SCV 毛糸で今回も出来ておりますこの東京犬というところですね繰り広げられるストーリーなんですけれどもちょっと私の方で予約したことあるんですけども東京圏での営業一課の係長である来たら社員の休みという人物も主人公に置きつつ主人公においているけれど複数の登場人物の視点で物語が描かれていきませんですねぐうたら社員が好きな人の主人公の休みは来たらしているのかその部長の北側はなぜしないのかで物語の中でですね社員が左遷させられてくるなんで左遷させられるのにその裏には何があるのでそれを営業日の原嶋という人物と花という人物の視点でその一つ一つの謎を解明していきますなのでこの二人があるんですね視聴者である我々の視点目線となって我々と一緒にこの二人はですが事実を知っていくのでこうなんだなんなんだろって言うのですがこの時に魅力があって最終的になっていう物語に謎解き要素が多い魅力ってのもキャストなんですけれどもこれもう犯罪ですね香川さん及川さん愛之助さんお父さんでオリラジ藤森さん朝倉あきさん岡田さん木下ほうかさん吉田羊さん土屋太鳳さん小泉孝太郎さん溝端淳平な春風亭昇太さんと加賀さん橋爪さんで北大路欣也さんの格好で行った甲斐さんと志田さんを入れさせていただきます何でかっこにしたかと言うと一応ですね映画としてのポスターとかに出てるクレジットはこの北大路欣也さんまでなんですよねここの3名はどこのクレジットに入っていないので抜きましたじゃ何で役所広司さんほどの俳優はここに入ってないのかどうだけどもこれあの映画が公開された時は役所広司シークレットゲストシークレットキャストだったら最後にほんのちょこっとしか出てこないんですけど 漢字の驚きですね映画で味がするためのもので私ですね普段映画見た目編集長やっているのであの子の方が先にいいですねマスコミ車で来たんですねその時もあのお父さんの方からと約束おじさんが出演しているということに関しては映画公開まではするようにしてくださいという風にです熱があったのでマシなのでクレジットじゃない曲赤いさんとひなさんに関しては本当にちょこっとしか出てこないので書こうという形だがあの半沢視点で言うとこの回も入れなきゃいけないのでここに書かせて頂いた次第でございますですねほんだかで半沢直樹に出演している子2013年版も含めてですけれどもこんだけいるんですよ順番に見ていきますね香川さんで三つ愛之助さん岡田さん吉田羊さん北大路欣也さんへと赤井さんというわけでございますけれども岡田様2013年出てました2010年版出て行った甲斐様2013年まで出ましたさんま2013年版に出ていましたけどなんかバカありますかみなさん落ちそうですよ俺ございますこのような人物がですねこれだけのキャストが2013年と2020年2月という感じでも完全に好意的に癒されているという感じでございます他にも作品の日曜劇場たくさんありますねそれがいるのがこのですね緑で書いた部分でございます今お父さんお父さんですけれども朝倉あきさんはしたほうが山下町ロケット土屋太鳳さんと岡田さん知ってますけれども冷凍庫に国産市田町ロケット女の方ですね春風亭昇太さんもデータ団しゅんさんが出てるで父さんも出ているのでてますねあの教授役で巨人がお医者さんの約束をしていくという形を耳にしたのは池井戸作品が出ていたいんですけれども新参者で取りますので新参者まで日曜劇場でございますねそれではチーム TBS のキャスティングというのはこの日を付けした面々でもそこにですねそうそうたる面々が付いたらキャスティングされて今回も七つの会議の写真が出来上がってると感じでございます藤森さんめっちゃいいよあのーお笑い芸人の方が廃業されることに対するにありますして来られた方もいらっしゃるとも今回は見事にマッチしているキャスティングでございましたですねちょっとどういうの誰がどういうキャラクター現時点ので話も軽くなる気もしていければと思うんですけれども皆さんも親会社の社長なんですよあのも完全に出てかもこの面々やばくないですかもうこのもうもうもうやばいんですよ本当にやばいんですよこの面々はですねまあこれだけでも主役を張れるキャスト陣でございますけれどもこっちがですねお話の中心でございます営業部営業一課係長営業時間営業二課長なんですけども営業部を中心に基本的に話というのは進んでいきます他にはまだ営業一課の社員であるとかとここ経理部長経理課長経理課長代理として雇わ半沢直樹でもそうですけどもやっぱりできればねございますので足に明治工場の社長の妹って別のネジ工場の社長そしてこれは東京ですと商品開発がたくさん出てくると感じるございますデトックスという感じでございますですね本当にこの人物もこん中には出てくるんですけれどもでもでもすごいやっぱり存在感があると言うか本当に少しのシーンでも印象を残る演技をする俳優さんが揃っているのでまじで見ていて面白いですねしかもやっぱりここの動画最初にお断りした通り半沢直樹が好きな方向けにお伝えしている部分があるわけなんですけれどもこれだけ半沢直樹に出てるねそしてば日曜劇場半沢直樹以外にも行けた作品が好きな方はですね横の緑のところもそういうキャスト陣がかぶっておりますので完全にその辺のこの今まで日曜劇場とした犯罪を楽しんできて勝手にこのキャスティングだけでも十分楽しめるってところがございますのでこれだけで桃を見る価値ありという国ですね皆さん思っていただければと思いますですねそう言ってもストーリーも面白いからこそこの映画ですお勧めできるというわけでございましてまたお伝えした通りですね9日営業部のこの世にいますすごい面々でございますけれどもこのような中心に話が進んでいくんですけれどもあの子のですね場面写真の通り 普通のおじさんですけれども営業一課の課長がですね係長の家純子に紙屑を頭からこうやったりとか罵声を浴びせてですねパワハラをするんですねもちろんそれは仕事をちゃんとしないぐうたら社員なのではそれに対し質疑しただけなんですけどもでも川原田訴えるという風に言ってそんな訴える訴えてみろよ別に俺なんて屁でもないでっていう風に言ったらですね暑させられちゃうんですよパワハラ認定されてて結果的に人もいますけど営業にか立った道演じるですね課長が営業一課の課長に昇格した営業になるか違った別に着くんですけれども結果的にはですねま坂戸はも左遷させられてしまってストーリーも本丸からいきなりドロップアウトですねあとここにですねもう一人浜本という人物と捜査一課の課長になっていくわけなんですけれどもここでなぜテクノまあパワハラ受けたことがある方からするとこのイカれた時に来ないかもしれストーリーじゃないそうですねそのぐうたらしてる社員に対してちゃんと仕事をしようよね頭から買って行ったっていう時で左遷させられた時ですよそれ本当にパワーを受けてここに気づかなかったけど今回のストーリーは見たことしかしないんですよねこの映画も話が進んで前半の部分でですねあの藤森さん演じるですね8人という人物がいるんですけどもこの人物がですねまあね真鍮ネジを外してる業者をチェンジする別の先生にするんですけどもそこにですね不可解な接待のはちょっとなんか領収書が出てきたのでそれを営業一課を進めようとしたら悪いことじゃないですね彼の過去の彼自身の不祥事があるんですけどもその不調ですねとほじくられてそれを元にですねさせられてしまうんですよこの命に関わるなみたいなことがあるんですけれどもしかもなんかお顔を洗う時で左遷させられるします営業一課からされたんでこっちは営業一課の連中は発注変更を送ろうとしたら飛ばされてるんですかこういう謎解きがあるのがこのですねあとの会議のおもしろでその我々視聴者もなぜなぜと思うのはこの二人なんでしょこの二人が何故何故と思って一個真実を抑えるそしたらまだこの疑問があるこれ疑問があるなぜなぜ探偵のようにしてくれるので我々視聴者もそれと合わせてなるほどなるほどなるほどじゃあこれは繋がったこういうことができるのでめちゃめちゃ優しいし面白いこの前で営業部長ばっかりじゃないんですけどもこの二人はそのなぜなぜを色々なので半沢直樹というドラマは半沢直樹という主人公が正義手段を選ばないところありますけれども正義としてそれに対して見えないとこに来を突っ込んでいくんですけれどもその見えないとこに突っ込んでいくの主役じゃなくなんですけどもこの二人で会って主役である営業一課の係長って別にそれをやる人物じゃ何でも明確にそこは全然違うポーズではあるんですけれどもでもやっぱりそのそこにあるのは池井戸潤さんの原作でありますので生きるリズムという会社を舞台にしたその後もっていうのはですね味わいになっておりますちょっとですね場面写真を見ながら入るとその謎も迫ってくれたから伊勢志摩線をネタバレしませんけれどもちょっと待っていければと思うんですけれどもまたここね2人何を持ってこうねになっているのか気になりませんしてねモデルさん今回もまあ結構お前は1000人なのか悪人なのかでところがありますのでその辺のマン面白さもありますし経理部長と藤森さんも悪い顔してますよねこの漢字とか経理は経理で何を企んでるのかもありますしたらどう見とかないんですけれどもですね意見があって面白いですしここの主人公の休みの日は来れそうですねですけれどもマジなんですけれども社長東京営業部部長営業部係長屋上で話してんだっていうことかも気になる場面写真ですよね俺を飲むような目をしているのかとか どうやって物語に絡んでくるのかも気になりますねそして小泉孝太郎30本ちょっとしか出てこないんですけども何を持ってこれを見ていてその横ではミッチー演じる営業時間かかっちゃうがすごい不安そうな目で見ている何が起きるのかという部分でますね休みの元奥さんである人物と二人で離婚したのにあっておりますさあ何を話しているのかなと気になる次第でございませんそしてこの場面写真ですよく見てくださいまずですねえんじぇる営業一課の課長のですね入っちゃってるんですねこれ一緒に座ろうと思ったら夕方何で怒っちゃってるんですけれどもそれでまみはなのであの営業日誰ともあるのでちょっとやばいみたいでちょっとそれでそれで周りからしたらなんか間抜けなことをしたので見てください周りはこういう風にですね笑いまくってんでしょみんな直属の部下で浜本は心配して真横に来て心配そうな顔をしている主人公の休みと営業部長はどこ見てますお互い持ってるんでしょしかもなんか笑ってないですよねすごい深刻な顔をしているこれが面白い作品でございますのでって言うかこの場面写真がある意味全てはご覧なれたか分かりますよねこの身がどれだけ重要かだからこの場面写真で普通に父さんがの宣材写真として映画公開だしているんですけれども甘い場面を切り取ってきたの写真が全てと言うかこの写真1枚にと七つの会議ストーリーの全てが凝縮されているとか金がないですね非常に重要な写真ので是非映画ご覧なるんだ後にですね改めてこれ見た時に思っていただければと思いますはい遊びに七つの会議なんですけれども Amazon プライムビデオで今ですねサブスク系の動画配信サービスだと独占配信されておりますので天ぷらの会員の方はですねぜひ今すぐにでもご覧いただければと思いますが他におまレンタル DVD とかも出来ますし Amazon プライムに入会されていないかったもう Amazon プライムレンタルできますし他にもですねあのレンタル型だったら課金すれば見れるミリはいくつかあると思いますのでぜひ検索していただければと思います七つの大罪なんですけれどもよく言うあの皆さんもどっかでなんだと思うんですけどもま傲慢嫉妬憤怒怠惰強欲暴食色欲ってまだまだ余裕ですねあそういったものが人間の罪的な感じで語られることがありますけれども後の会議でタイトルつけているので七つの大罪に無理矢理ならなんとなく当てはめることができるなと思いましたのでちょっと私のですね解釈ではあるんですけれどもちょっとだけネタバレしないように合図っていう風に使ってますけれどもちょっと超えにさせていただきたいというふうに思っておりますまずですね人間っていう傲慢ですけれども人を見下す奴とかアイスが出てきますのでそういった人間が傲慢だと嫉妬に関してはちょっとかわいそうな話として出てくるんですけどもある人物がですねま兄弟で比べられてしまっていつもこうあの自分に無理して結果を出そうとして行ってきたってエピソードが語られますので撮ってなそこですねうーんと部下に結果は求めすぎるやつですねあいつで喧嘩売って売って売ってるとかなって思っておりますそれからですねと平らなんですが主人公の休みですねあの負けるって言う意味ですけど何でのところはありますのでその辺に関してはですね是非映画見た目で見ていただければなるほどって思っていただければと思いますそれからすぐに関してはあまり役とか隠蔽工作が今回の映画の中でもですね語られますでそういった部分かなと思って僕は無理ですけどちょっと話せるのであそこ無理矢理当てはめてんのかなって思いました社内不倫をしていたアイスとアイスという感じで無理やりなところもありますけれども当てはめることができるのでタイトルは夏の大会とかぶってるのかなって個人的にですけれどもちょっと思った次第でございます最後なんですけれども子の七つの会議ま例えば半沢直樹で言うと今放送中の半沢直樹の帝国編の布袋航空は JAL の再生者のサイズタスクフォースとかそういうものが現実とそれがモチーフにはなっているわけでございますけれども今回の事七つの会議は何がモチーフかなんですけどこれでここっていうのは傘ではないんですよだけどもあのやっぱり体の話なんでしょう事故の七つの会議の話なので多発していた某電力会社雪ってのが一部で語られておりそれ私が出したセットもなんでもなくて分かりかと思いますけれども 電力会社なんじゃないのっていう風によく言われておりますですね池井戸潤さんが原作を書かれた時にこのようなインタビューを受けておりまして申し訳ないとどうやって今回この話思いついたんですがあって時にももちろんいろんなものがきっかけにはなってると思うんですけどもその一つとして隣のカウンター席に座っていた40代くらいのサラリーマンが出るあいつパワーライン火にかけられるんだってという話をしていたんです半沢直樹の世界でよくあの居酒屋で仕事の話するのやって突っ込まれたけど毎回出てんです臭いじゃなくてまた明日話し合いますけれどもこういう話はすごい仕事の極秘情報ではないけれどもこういった話とかおやっぱりお酒飲んで語っちゃう人いるんでしょ倫理的とか置いといているのでもあーなるほどこれはあのシーンのモチーフなかったりするのでそういうなんか日常的な池井戸さんが社会人として銀行印として経験してきたものっていうのは確かにその判断の小説美人小説に来ているけれどもそれと同時にこういう普通のちっちゃな経験というのはですね創作に取り入れられてると思うのでちょっとほっこりするとか面白いなと思う次第でございますなのでまあいろんな視点で物語が展開されていくっていうのがこの7つの会議の映画の最大の魅力なんですけれどもだけで半沢直樹が好きな人からするとそこよりもやっぱりもキャスティングで十分楽しいこの人物が一番黒崎はもうお姉さんなので面白い所ありますし本当に色々な面で今回も道がすごいですのでそれも楽しいので半沢好きの方キャスティング目線で楽しんでいただいて若い子の方であればですね半沢直樹好きな方やっぱりその仕事系の変な電話好きな方って多いと思いますので楽しめると思いますのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうから約2時間ぐらいの作品でございますので判断して全部見るよりはあの時間はかかりませんのでもしよろしければご覧下さい以上です本日もご覧いただきましたございましたそれでは
おすすめの記事