おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

劇場

なんというか微妙な映画。又吉さんの原作を映画化したものなんだけど、才能があるのかないのかわからないけど人見知りでプライドが高い、でも酒は飲むが、暴力を振るったりギャンブルをするわけでもない主人公(山崎賢人)が恋人(松岡茉優)を精神的に追い詰めいていくというストーリー。(なのかな?)演劇界ではけっこうありがちな話なのかもしれないけど、見ててちょっとイライラした。そこが又吉さんの狙いなのかもしれないけど。最後は両方とも救われたんだろうか。よくわからなかった、、、
※映画『劇場』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】早く YouTube 番組で日本に住んでいないので普段日本映画は新作をレビューできないんですけども今回は Amazon プライムビデオで7月17日から日本映画劇場が全世界配信開始したのでせっかくなのでレビューしたいと思いますネタバレありなのでご注意くださいまたは4直樹原作の大ヒット恋愛小説を山崎賢人と松岡茉優主演で GO 世界の中心で愛をさけぶの行定勲監督が映画化した作品ですね売れないで自宅の主人公な方は女優を志して上京してきた大学生先と知り合って恋人となった彼女の家に転がり込むんですけどもそんな中で色んな事が起きると言わないですね今回はこの映画について四つのトピックから語りたいと思います一つ目が率直な感想二期目が0年代のクリエイターについて三つ目が原作との相違四つ音が原作映画共にかけたしてこの世で語りたいと思いますまず一つ目の率直な感想なんですけどまずこの映画は恋愛と夢を描いてる作品で恋愛に関して面白かったところは時間による喪失を描いているところですよね見たらでもね医学作品の場合三角関係でその中でいざこざがあったりとか劇的な事件を用意するのが普通ですけどもこの作品にはそれがないんですよね残酷にも刻まれていく進んで行く時間によってお互いの将来への朝リというものが影響し合っていると主人公は自分が成功しないことへの焦りと甘えさせてくれる存在である先に対する苛立ちを持っていく市滝は滝でな方は変わらないのに自分はどの年をとっていくにつれてちょうだいのことを考えたりとかいろんな不安が押し寄せてきてそこにへの苛立ちが衝突してしまうとそういった意味では後半の先の台詞にもある通りな形が紐であるっていう事は悪くはないんですよねばもちろん下でやることは未来を考えたらこの彼女の将来を考えてないっていうことで悪く見えがちなんですけども時間軸というものが存在しなければ中田とさきっていうものを始動製陶所の楽しさっていうのは偽物ではないですからね二人はどちらも悪くないんですよねただ前に進んでいくって時間軸が二人を越えしてしまうですの時間による二人の関係の喪失を描くこと原作も映画も徹底していてそこが面白かったなという風に思いましたねまたその松岡茉優さんがその時間による変化っていうものを見事に演じ切ってましたね正直僕はこのサイト好きな男を全肯定するふわふわした女性っていうのが好きじゃないので歯医者を見ていてめちゃめちゃイライラしてたんですけどそのぶんやっぱり終盤になって来られてません今日が変化して口調がきつくなった時とかの演技の高低差に圧倒されましたね夢っていう側面に関してはこの映画に共感するクリエイターが多いのは世の中の夢を追いかける人間の甘えと向き合っているからだっていうところは思いますかね自分の才能への疑いがあるからこそそこへの甘えとして全肯定してくれる先に苛立ちを覚えますしまたこの作品のポイントとしては原作も映画も男女の恋愛を描いているのにキスシーンも性描写もひとつもないんですよね同棲しているのにこれはおそらくそこに性欲が生じると余計なものが見えてきてしまうからと思うんですね性欲で彼女に依存してるわけではないっていうところをちゃんとはっきりさせるためにあえてキスシーンとか性描写を削っていると見せたいメッセージを伝えるために何を描いてはいけないのかをきっちり透析してるのが小説版と映画版の劇場だという風に思いましたねよくこの柄我慢するっていう風には言われますけど僕の周りには自分を山崎賢人みたいなイケメンでモテる感じとはちょっと重ねることがあまりできなかったんですけどそういう友達が多かったので彼らが頭の中に浮かびましたね例えば今でも創作活動をしている NEWS の手越くんの友達とかは彼女と同棲しても生活をしていたんですけども時間とともに彼女が自分の未来を考えて離れていってしまったりとかあと劇団を旗揚げした友達とかもいましたねその友達も主人公の中だと同じで一緒の演劇の仲間を駒としてしか見てないことがやっぱり見透かされて劇団女が辞めたいとかっていうこともしましたね今はそれを乗り越えてその友達も成功してますけど何だからそういった意味で今いる演劇とか表現というものの周りにできるいろんな友人達の姿を思い浮かべざるを得ないような内容だという風に思いました0年代のクリエイターについてっていうことでこの映画の原作はウイイレでブラジル代表のロベカルが出てきたりとかあとがきでもはっきりと作者が0年代の話だっていう風に提示してるんですよね一方で映画版は設定を今に近づけてる方が先にメールを送る画面で2014年っていう風に表示されてますし2015年発行の身長も出てきたりとかあと返済脚本演出家の小峰の舞台のポスターも2017年だったりとかねだい設定が違うんですよねでそれはおそらくは夢をリアルに感じさせる東京を描くこともこの映画にとっては大切な要素でだから実際に存在するロケーションでの撮影がしそうなんですよねそうなると0年代の風景を拝見するとやっぱお金もかかるし体験できないからそれの策なのかなっていう風に個人的な方が前は下手のがあくまでもこの映画が空いてる主人公像っていうのは 0年代のクリエイターどんなんですよね実際には固形のシールとかが貼ってあるのに主人公はガラケーを通している0年代のクリエイターの雰囲気があるんですよねそう聞くとま0年代のクリエイターも2020年の今のクリエイターもそんな違わないだろうというふうに思うかもしれないんですけどダンスが全然違うと思うんですよねどう違うのかっていうと端的に言えば0年代の当時って自分が一番面白いっていう尖った姿勢こそがクリエイターの正しい姿勢だった時代なんですよなんでそうだったかというと当時松本人志さんの影響が大きいのかと思いますね90年代に他のクリエイターに対して尖った態度を見せていた松本人志を見て育った少年が捜索を始め出すのが大体0年代なんですよねだから0年代ってそんな態度のクリエイターたちがものすごい多かったですよねただ0年代末に Twitter とか Facebook のような開けた SNS が盛り上がってきてからはクリエイターのあるべき態度ってのが徐々に変わってきたんですよねどういうことでと自分が一番面白いって言うと敵対して相手をバカにしちゃうような態度よりもクリエイターとお互いをフックアップしちゃうことが正しい態度だとその時代の正しい態度だと徐々にクリエイターたちが気付き始めるんですよね今で言うわかりやし競馬トップユーチューバーがそうしてるみたいに他のクリエイターをライバル視して嫉妬するんじゃなくてコラボでお互いのソーシャルメディアに乗ることで効率よくファンを増やすっていうのが成功の秘訣ですよねでそれに早く気づいたクリエイターは早く成功への階段を駆け上るし逆に遅い人はずいぶん時間がかかってしまうってのが10年代以降はそうなってくるよねこれは顕著なクリエイターの変化だと思うんですよねそれこそ先ほど挙げた劇団を旗揚げしたって言う友達も同じその友達でも0年代の頃と2020年代の態度が全然違うんですよ0年代当時は自分が一番面白いというライバルに対して尖った態度で他人に対してもバカにした目線でそれこそ僕に対してもちょっと馬鹿にしてる目線で見てるなーっていうのは感じましたからねでもその友達もやっぱり時代の変化でそんな態度だとやっぱり周りが離れていて今んですよねそれで時間をかけて時代の変化に無意識に気づいていくと今もそのとま者捜索してますけどライバルと積極的にコラボしてお互いのファンを取り込んだりとか自分のファンとも一緒に作品を作っていくインタラクティブな青に変わってたりもしてますからねでそれで今実際に波に乗ってますからね世界的に見てもこの変化は顕著でそれこそ母も POP STAR もお互いのファンを取り込んでコラボが大前提ですよねまあもちろん音楽に関してはいろんなアーティストが集うフェス文化とかデータのやり取りの用意さとかがそれを加速させてるって言うところもありますけどメルシャンたちが自分たちのおすすめするアーティストとかをより発信しやすくなってる環境でもありますしそういった意味ではコラボが大好きなのかなとその意味でこの映画の主人公長田への嫉妬っていうのは時代錯誤ではあるんですよね比較的0年代のクリエイター的な態度なんですよただそれを俯瞰して今の時代に見ることで通りに少しでもお香何者かになろうとした人に痛いほど共感できます逆に今でも表向きはライバルとコラボしてるけど心の底では嫌い嫌いだ自分が一番面白いって思ってるような想いを抱えてるような人の思いを救うことができてるだけなんじゃないかなっていうのもいましたねで続いて髪爪が原作との相違点ですね一番顕著な原作との相違点は主人公のユーモアが半減してて代わりにイケメンになることで痛々しさが増してるって言うところですね壮絶番の場合主人公は一人称だけど原作者のママと行ったの観察眼が載ってるからところどころにユーモアに溢れていて笑える内容に合ってるよね個人的に特に面白かったのは心の声で振りをしてその後に出てくる相手のセリフで笑ってるような箇所が結構あったんですよ例えば青山が辞めたいって言った場面で小説版のな方は心の声でこいつに劇団唯一の女性で貴重だから残ってくれって懇願されるから強気に出てるだろっていう風に思って冷静な分析でも相手の心を読んでいるような態度を振るんですよねその後に雨が政府として止めているように渡さんって私を女役としてしか見てないでしょって逆に自分が心を読んでたと思ったら自分が滑稽に見えるような返しが来たねすんでしょこんな感じで全体的に主人公の滑稽さとかいうものが際立っていて面白いんですよね映画版はそういったユーモアがかなり削られてるんですよねただ映画版はむしろ山崎賢人が演じることで女性が悔しいけど惹かれる色計を見せているしバンドマン美容師に次ぐ第4のビールと言うべき時間を押すことなんですねここの女性目線でのダメンズとしての側面を強調はかなり意図的に行ってますよね映画版はあえて小説版には無かった主人公が他の女の子と街に消えていくっていう場面をワンカット入れることにしてましたけどもあれは今回の作品は全体的に西洋声が入ったら見せたいものがぶれるから削ってはいますけども最低限まで大勢の観客がこの男に対する何らかの思いを乗せやすいようにあの場面を撮影したいとかっていうことしてるんですよねそしてそれによって惹き立つのが痛いし体さ クリエイターにとって一番痛々しいのってイケメンかそうじゃないかよりもその人物が全然面白くないことなんですね映画はの主人公な方はまた明日のその観察がみたいな面白さというものがなくなってしまってまたな才能みたいなのがなくなってしまったような主人公なのですごい痛々しさが引き立つようになってですね面白くないイケメンが政治家気取りをやってるというその痛々しさがすごいそういう感じに小説も映画もそれぞれ魅力があるなってましたただ子ども劇場という作品が時間にまつわる物語で県とさきの関係性の変化が重要だとするならばそこは小説の方が描けてるかなって思いました相鉄ばもう映画はもうスタートは主人公が一目惚れして付き合いだしてそこから徐々に二人の関係性が変化していくんですけども小説版は明らかに主人公側のベタ惚れなところから始まってなかったが先を徐々に侵食していくってところ見せてたんですよね映画版はベタ惚れだったな形が先に徐々に入り込んでいくってよかった映画小説版と比べては何ですけど段階的な絵が付いてないかなと思いますよね例えば小説版ではなかったがブロックを持って帰ってきたっていう描写はある意味そのネタでもある一方でさっき地震が作っていた部屋の世界お腹が壊すっていう始まりを暗喩してたんですよねちょっと気味なんですけどごく普通の女の子である彼女にコードの踏み込んでいく始まりだったんですけどでも映画版だとストーンブロックの存在がやましいことをごまかすための描写のみになってるんですよねその一方では映画の方が描けてるって思うところもありましたね原作と映画の相違でもう一つ重要なポイントはラストですね小説ではなかったが原作脚本家の峰のギリシャ神話をモチーフにした舞台を見て自分のような東京に生きる男女の物語という体験を作品に実際に紹介しているコンビニの姿に敗北を感じる業者にはなってましたけどもそれ自体公安ゆで伝わりづらい小説だからこそのクライマックスになっていて心の声をこうひたすら寝てる形になるので映画化しづらいなよなんですよねそれをかなりストレートにクレーターに寄ったラストに帰っていた後そのままそれらより共感を得やすいと何で来てさっきの性的な表現に捉えていた主人公が初めて自分の本音をさらけ出して不二子体型を舞台に載せるって言うオチになっていたと思うんですけど正直それでも食べたら来ちゃってんだとは思うんですけど結局は絶対息を吐き出すことこそが装着車の正解の一つっていうのはこれまでにねいろんなレビューしてきた作品大抵そうですからねあとクリエイターに寄り添った帰着点て意味ではエンドロールのエースもそうだと思いましたね客席から舞台を撮ってるカメラが舞台終演後も帰る客を取るってあれってお世話でタイの中央から様子をチェックする柄の視点なんですよねだからそういった意味ではもうたくさんとって一番グッとくるのはこの場面なんじゃないかなって思うぐらいでしたからねしかも凄いのがこの映画下北沢駅前劇場の箱は2歳のスケジュールが空いてなくてセットで再現したっていうことで本当すごいですねまあでもそもそもあんなオオバコ戸田セットしたような人が抑えられるのかっていうのはちょっと疑問ではあるんですけどね最後に小説映画両者にかけたしてんですねそんな感じでこの映画は恋をしたことがある人だったりとか夢を追ったことがある人りょうさんに刺されないようになってると思うんですけども主人公の演劇に対する情熱的でもありますよね演劇があるかぎり絶望することはないっていうそこにちょっとピンと来ないところは個人的にあったんですよね歩いてんほうしゃっていうことを確信をついてるか疑問な気がしたんですよこの主人公が演劇にここまで惹かれる理由日本人が書けてるけどこの2.5と重要なんじゃないかなっていう風に個人的に思ったポイントなんですけどまず第一に観客に喜ばれる偕楽ですねこの作品で主人公の創作に対する情熱と甘えが声が枯れてありますけどものづくりに対する情熱ってそういうものなのかなって思うようなところが高い靴買ったんですよね例えば作品を作り続けたくなる偕楽として観客の爆笑だったりとか霊的なネタでも観客を輸送ブッタっていう実感があったりとかそういう観客からのリアクションに俺がイラックって配達だと思うんですよねやめようと思っても続けてしまうわけにはそれも一つにあるんじゃないかなっていうふうに思うんですよま例えばこれでレベルが違いますけどの YouTube チャンネルも半年以上続いてますけど結局はこのコメント欄で楽しんでもらえてることを実感したいとかチャンネル登録が増えてることを実感できるからやりがいを感じてるわけでそれがなかったら折れそうになりますからねそういった意味ではまだ登録してない人はチャンネル登録是非お願いしますもちろんそういった目線が欠けているから方は独り善がりでラストの事故体験を投影した部隊によって初めて誰かのために作品を作るって言った観客への思いが持った作品を作ることは作るんですけどそれが先の感動だけになってるって言うところがものすごく狭く感じたんですよねまあ要するに言ってしまえばあの時の表情ってのは先だけの表情よりももっと他の観客の表情もとって良かったのかなって思いました第二に仲間と一緒に作り上げる偕楽園劇ってけいこも服 時間を仲間と共有して切磋琢磨することになるからその仲間との時間の苦痛とかその後の偕楽ってのは計り知れないですよね役者同士だけじゃなくてスタッフとの絡みとかにもそうですしたりしないのはもちろん今の時代って自分で一人何かを作れる時代になっててはこの YouTube チャンネルも僕一人で録画ボタンを押して口を編集しててやってますけどやっぱりその物足りなさを感じますからね仲間と一つのものを作り上げる快諾とそれが亡くなった後の寂しさがまた新しい公園に書いて当てるというものが演劇でもちろん主人公にはそこが欠けているから仲間が離れて行くけど仲間と作り上げる偕楽を実感させるような描写が最後の辺りまでなかったっていうのがちょっと気になりましたねその仲間とつけてるからないっていうのはそのの原っていう相方の存在もちょっと僕は微妙だと思いますね相変わらず花花中国をするだけの友人で彼の演劇への情熱との主人公のぶつかり合いとかってのが全く感じられないですそこはちょっと寂しかったんだとだから途中での原っていう字が自分に才能がないって言うから思われてるとわかってるって言うようなセリフが出てるんですけど僕はちょっとそこどいてこの野原って言うから自分の人生もおらんかっていう劇団に乗っかってるのに全然と他人ごとみたいな自覚の無さがあるのにちょっとイラっとしましたからねそうしようとしてはまあ面白かったですよもちろん自分の周りの二クリエイター達の頑張ってる姿とかおすごい思い出さざるを得ない内容でしたねということでレビューは以上になりますこの映画見たい人は是非ご自身の感想をコメント欄にお願いします次回は日本公開未定の話題のに咲くどちらかをレビューしようかと思いますホラー映画のレリックか時間ループ映画パームスプリングスどっちかだということでご視聴ありがとうございました
おすすめの記事
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
おすすめ動画
藤原竜也&竹内涼真W主演!映画『 太陽は動かない』ハン・ヒョジュ、ピョン・ヨハン、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾、佐藤浩市の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説
どもども、さむたろうです^^ おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめていま...