おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

マネー・ショート 華麗なる大逆転

いわゆる2008年のリーマンショック時に「世紀の空売り」を仕掛けて大儲けした人たちのお話。正直、けっこう難しくてあまり楽しめなかった。原作を読んでないと厳しいんじゃないかなあ。サブプライムローン、CDO、CDS、MBSとか専門用語がバンバン出てきて解説もないからなんかよくわからなかった。「ウルフ・オブ・ウォールストリート」みたいなエンタメ映画かと思ったたらけっこう重い内容。でも、さすがにブラピは存在感あったね。ストーリーは実話がベースで深いので、別の監督でもう少しわかりやすく作ってくれないかなあ。
※映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】皆さんこんにちは酔いどれシネマジャック杉浦でございますもう本当に久々の録画酔いどれシネマじゃなくて事になりますけども皆様いかがお過ごしでしたでしょうか今日は2020年5月の23日の土曜日ということでまあねコロナーデこの中が巻き起こってしまってから緊急事態宣言が出発令されて一ヶ月半重すぎましたかねもうすぐ2か月になろうかという状況の中でおそらく週明けもしくはね6月に入ってからぼちぼちそうですね収束に向けて色んな物事がね動き出すとかなという雰囲気にまではなってくれているのかなという女性なんですけどもねはいそんな時期にですね私満を持して Netflix の方入りましたアカウントを音取りましたでは魅力的だね俺になるコンテンツがいっぱいある Netflix なわけなんですけどもまずはね私このネトフリに入って見返したい映画があったんですねそれ何かと言うと今日をレビューという形でね語らせていただきますけどもこの作品マネーショート華麗なる大逆転って言うね映画でございますよこれをね今この時期に改めて見返したいなという風に思ったんですねなんてね今更語ろうとするのっていうに飲まれる方もいらっしゃるかもしれませんけどもね初めての鑑賞の方は確かで四年ほど前でしたね4年ほど前に10回呼んでません テキストって言うかもしれんね軽くレビューの方を書かせて頂きつつもですね私もない経済知識てみましょうか特にそうしに勝るで知識が非常に疎いもんですからねこの面白さを語っていいのかなっていうのはまぁ思いあぐねたまま月日が経ったのかなその中で3年前広島ジャンクチャンネルを立ち上げていろんな映画の新作を中心にレビューをすることになったわけなんですけども改めてね少し時間がなくなったぶんだけでいろんなことを話しましたので待ち時間が見られるようになった今この時期に劇場に足を運んで映画を見ることができないけれどもこのマネーショート華麗なる大逆転について語ってみたいなという心境になったもんですからねこの暑させて頂くことにいたしましたこの映画なんですけどもそれを基にした物語ということで大きな事件が背景になっていますこれは世界金融危機っていうような言われ方をしています2017年にぼちぼちその時代が始まって就職するまでに3年ほどかかった2010年ぐらいまでかかった世界金融危機という事件でこれはアメリカに端を発しますねサブプライムローン低所得者向けの住宅ローンについての不良債権化が起きてしまい度重なる様がデフォルト様子に支払い不能になるでローンを抱えた一般の人たちが山ほど出てきたことをきっかけにですねアメリカの卵と金融が破綻してしまったと言うねヤ***ブラザーズが倒産してしまったんですね日本でも最初からスライド式と言いましょうかねそれがこのアメリカでの大事件を皮切りに世界的な金融危機に陥るにたんてい日本でもこういった形式の年住宅ローンっていうのは減っていったというかなくなったんですかね私は一人なんですけども 当たってしまったってそういう一大経済事件ですそんな経済事件を背景にしたのがこのマネーショート華麗なる大逆転そこで描かれている物語は一体何かと言うとなんとその大きなでアメリカにおける大きな破綻の情勢下においてボロ儲けをしたという音金融トレーダー銀行マンそして個人投資家が正確に言うといいですね4組来たぞこの4組にフォーカスをした物語が好まねキャスティングまで話をちょっとねして行きますとですねまず一人目は一人でやってますかは順番は別に決まってないですけどもまあとりあえず私が一人女としてご紹介しましょうかお話をするのはマイケルバーリというキャラクターでございます5年前貼りというキャラクターはですねクリスチャンベールがこの映画の中では演じていましたクリスチャンベール来ないかでもね本当に素晴らしいんでした確かねアメリカのアカデミー賞では助演男優賞にノミネートされたのかなという風に思いますけどもねこのマイケル針というキャラクターはどんなキャラクターかと言うとえーとですね自分のヘッジファンドを運営するヘッジファンドオーナーなんですねところがこの方は変わり種で理学博士なんですよもともとはお医者さんなんですけどもちょっと映画の本編中ではこれは語られてませんけども医者の仕事がない自分の性に合わずにもともと趣味でやっていたとしこれを生業にすることでヘッジファンドって入れた後でインターネットですよねインターネットを活用してブログだま金融ブログ投資ブログってものはもともと医者をしながらこの方は運営をされていてインターネットの世界では投資家として結構有名人だったわけですねですから割と簡単に資金集めをすることができたそうですそんなこんなで採用キャピタルと米ヘッジファンドを立ち上げたヘッジファンドオーナーのマイケル針というキャラクターになりますねこの方はですねあの時間なんですよ子供の頃にこれもね Wikipedia かなんかを読んで分かったんですけども子供の頃に目になんかかんか何かを患って2歳の頃に左目の摘出手術受けたらしいんですねえらい時間をしているんだねその期間がやばコンプレックスみたいな形になってどちらかと言うと自分の心を固く閉ざしたまま大人になってきたっていうような人にうつりますそれがねこの大人になってからのこのマイケル針というキャラクターのね言えばコミュニケーション何気ないコミュニケーションの面においてちょっとで自分自身も自分に対してコンプレックスを抱いているようなそんな音を少々影のあるキャラクターとしてこのマイケル針は描かれています二人目にねお話をしますのが盟友スティーブカレルが演じるマーク ARMS キャラクターでございますこの方もねヘッジファンドオーナーなんですよ時間どのオーナーなんですけどもなかなかですね性格が災いして商売下手だね非常に潔癖症で極端な正義感で真理の追究者なんでそれ物事を竹を割ったようにこう解釈してはっきりさせたいそういう音割りと四角四面な性格のキャラクターのわけですよねそれが災いをして営業的にちょっとへたっぴなところもあってですね今は jp モルガンの参加に甘んじていると言うねそういうヘッジファンドのオーナーと言いましょうかボスであるというマークバームというキャラクターをこのスティーブ枯れるが演じていますはいそして3人目3人目だねまあブラッドピットということで広告宣伝状は紹介をされたも気兼ね多かったかと思うんですけども実は猫のブラットピットは個人投資家チームの という形でこの物語に関わってくるキャラクターになってくるわけですねでまずこのブラッドピットが演じるキャラクター便利カートについて説明をするとこれ銀行もちょっと忘れちゃったんですけどもまあ超大手銀行に入った元トレーダーなんですねただ怖いのは寄付と言うかねまあ何かあったんでしょうねウォール街のあれを見たらママにもう嫌気がさして今は引退をしているという男性なんすよところがこの引退をしているはずのトレーダー元トレーダーのねこの弁がなぜ復帰一時的な復帰をしたかと言うと近所に住んでいる若者からの依頼があったんですね若者が全員にじっくりというキャラクターになりますこの jbjp には相棒がいます相棒はね寒い外らっていう年相棒です多分大学したいの友達なのかなで彼は大学を修行して嫌な奴のガレージカンパニーという形で自分達の商売を立ち上げた後で最初はヨットの運搬うっていうかなんか関係ないことをやってたんだけどもオプションの売買が少ない資金でできるということに気がついて金融業界に入り頭角を現した際 A だったりするんですねなんと元々11万ドルだった自己資金をよ年間で3000万ドル2まで増やしたなかなかのやり手の男の子達だったりするんですよところがカエルはこの物語の中である案件にいっちょかみしようとするんですねある案件にいっちょかみするためにはこの isda 同意書っていうものがアメリカ国内では必要だということがこの映画の中で説明をされますところがこの isda 同意書を得るためには資金要件ってものがあるわけですよなんとニューヨーク道路の自己資金がないと自己資金とか二億ドルの資金がないとこの道一生を得ることができないとなんとか痛いということでたまたまこのジェイミーの近所に住んでた便に思い切ってね犬の散歩かなんかでちょっとしたお友達にはなってたんですけども思い切って便に声をかけて口利きをしてもらうというところでこの3人のチームが足跡だけでも出来上がるとよねそういった流れでこのキャラクターはで登場すると胃は消化この物語の中では活躍をしていくということになるわけです3人目のキャラクターはこの柄ですよライアンゴズリングライアンゴズリングが演じるキャラクターで好きなキャラクターは何かって言うとドイツ銀行の銀行マンなんですねそしてこの映画の狂言回しの役割も務めるというそういうキャラクターになっていますじゃあこの四人4組のチームだったり個人のね人たちはケチバンド単位で動く人たちも当然いるわけなんですけどどこにしている彼の演じるねマークバウムはこの物語の中でもマークばかりにフォーカスが当たるわけではなくてまあもちろんマークバウムに最も明るい明るいけど暑いフォーカスかかるわけなんですけども彼が経営するねヘッジファンドのメンバーとの関わりというものもしっかりと描かれる形で進行していくわけなんですけども洋楽も4組の音金融マンたちがどういった形でねこの物語の中で蠢いてくるのかと言いますとこの四人はさっきも言ったみたいにこの金融危機の中でぼろ儲けをしたわけですねでそうきっかけを作るのは実は一人なんですよ最初に紹介したクリスチャンベール演じるマイケルバーリというキャラクターですね彼はねマイケルバーリはこの映画の冒頭からアメリカの金融市場に対してあるモヤモヤ感を抱いてるんですよ実はこの映画はで2005年から始まるんですねつまりアメリカの金融破綻が始まり出すあのサブプライムローンに対するデフォルトが横行し始める3年ほど前2年前か2年前の時点から始まるんですけどもこの2005年の時点で既にアメリカの金融市場に対してあるモヤモヤ感を抱いてたんですねそれは何かと言うと2001年にアメリカの it バブルがはじけてるわけですねでシリコンバレーのあるサンノゼって言うねカリフォルニア州ですかねカリフォルニア州の地域がありますけども高校の住宅不動産の 下がらないわけですよサンノゼの不動産の相場が下がらないことに対して非常にモヤモヤ感を抱いてたんですね部下に命じてこの不動産に対するモーゲージ債って言うんですけどもまあローンのね債権の目論見書を調べさせるわけですよそして蓋を開けてみたらあれはびっくりでその大半が低所得者向けのサブプライムローンで埋め尽くされていたことを悟るわけですね3時するわけですよ猫の2005年の段階ではアメリカでは不動産投資というのは非常に安牌な案件だという風に金融市場では認識をされていたわけですねところがこれは間違いなく破綻するぞという風にマイケルバーリはね2005年の時点ですごいんですけども確信するわけですね嫌だねこの映画の4組の木熊の中で飛びぬけて彼はねスーパーマン的な存在なわけですねそれでマイケルはなんとこの時代ので2005年時点のアメリカにおいては活況を呈していた不動産投資の市場においては博打に帰ればですね逆張りをしようとするわけですねつまりこのモーゲージ債ってさっき言いましたけどもうこれで何かって言うとそのローン債権を寄せ集めていくつかのローン債権を集めて金融商品証券したものなんですよもうこの時点で私なんかね逆に当時仕様について知識がないからなんか結構きてるよもういっちゃうんですけどもはいそれが債務不履行支払不能者がバンバン出ることによって破綻する破綻した時に儲かる仕組みを何とか考えようとするわけですね彼はそこである日に商品をすでにあるねそれにある金融商品をこの住宅四条住宅の金融市場に持ち込むことを考えるんすねそれが何かって言うと塩と言われるんですよこの CDS っていうものなんですけどもクレジットデフォルトスワップの略なんですねでこれいちいち定義を説明するとややこしいんで簡単に打ってしまうと要するにこの証券ねモーゲージ債が破綻した時に原料として多額のお金が入るような金融派生商品としての音言えば保険みたいなもんですよ保険そのものなのか保険みたいなもんなのかちょっと私正確な言葉がで自分の中にないので申し訳ないんですけども金融派生商品と下の前歯は保険的なものなんですねところが当時の2005年のアメリカの金融市場においては不動産投資っていうのは安泰だと思われてたもんだからそんな保険みたいな商品って売れるわけがないんでどの銀行もそんなもない用意してないわけですよところがこの前は何と大胆にもゴールドマンサックスを皮切りに大手の銀行もあってこのモーゲージ債住宅ローンの大きさに CD を売ってくれっていう風に書いてとして売り込みに行くわけですねそんなことを持ち込まれた大手の銀行の担当者は皆びっくりするわけですよ何考えてるんですか後大丈夫ですかとアンパイがいるんですね彼らにとっては裏返して言えばどう考えてもそのボーカルしかないって言うねアンパンに儲かるしかない商品なんでそんなバカみたいな商品を買うっていう人間が現れたもんだからもうこれ千載一遇のチャンスですよね喜びを押し殺し マイケルは逆張りをし始めるわけですよは世間の笑いものねその彼にこの CDS を高くのねまあ元本仮装元本と言うんですけどね乾燥元本の CDS を売りつけた現行犯達はみんなマイケル金麻薬でもやってみて大会座ってねほとんど上昇しながら商品を彼に CDS 豊根商品を売ってくれるわけなんですよその噂を聞きつけたのはドイツ銀行の作業でも言ってねジャレット弁当っていうライアンゴズリングエンジェル銀行マンのわけですよ彼はね非常に賢い銀行マンの負けですよですから他の銀行がみたいに嘲笑ったりはしてないんですねちょっと待ってよこれは何かあるなと思って彼はこれが本編であまりかからないけどもおそらく調べたんでしょうねマイケルバーリと動きを連動させるわけですよママ行ければと手を組むわけじゃないですよ自分は自分のスタンスでこの CDS を飼い始めるわけですねはいそして買った文をどっかに売ろうとするだけなんですよねまあこれリスクヘッジという意味合いもある人間ですからねそういう売りと買いを両方成立させないと多分ねとんでもない商品だから多分銀行が掲載してくれなかったんじゃないのかなそうして売り込みに行く四角いがスティーブカエルが演じるねはいマークバウムが営むヘッジファンドだったりするんですよしかもこの日たまたま間違えてジャレットレトかに電話をしてしまうっていうところで出会うっていうのもねなかなかこれ実話なのかどうかわかんないけども興味深い流れになってきているわけですそこでプレゼンを受けた疲れるわこれはなかなかこのっていう人間はとんでもない奴のように見えてねなかなか自分の欲求自分はお金を稼ぎたいんだっていう音をあらわにするというのは金融マン同士として神様ができると自分の部下に命じてこの住宅ローンは破綻するのかどうかっていうことを下調べさせるわけなんですねそうして下調べに入ったのはどっち地名はどうやったら映画に出てきたかどうか覚えてないんですけどお前にしかいがんかどっかの進行の高級住宅の造成地なわけですよ要するに不動産市場が活況を呈してますからどんどん住宅地が造成されてるわけですねその住宅地に出向いて行くんですけどもなんと100件すでにねある住民がいるオーナーがいるはずの住宅地に住んでいるのはたったの4人だってことがわかるわけですよ後はローンが払いきれずに出て行ってしまってたりだとかよ人間してたりだとか迷ってるとこまでかかりそうだけど要は四人しか遊んでないっていうことであれはやべーぞこれはジャレットの言う通りもう経済は破綻するなどといったような結論に至りこのジャレットのドイツ銀行から CDS を買い付けるという行動に至るわけなんですねこのねジャレッドレトと言われるドイツ銀行としている彼の演じるでマークバームの音リファンドとのやり取りの中でねもう一つのねえ金曜ワードが出てくるんですよそれ何かって言うと CD ねこれはね日本語にすると何だったけな債務担保証券っていうものになるんですけど何かと言うとまああまり詳しく説明するところもきりがないんでまあかいつまんで言うとですねこのモーゲージ債の中で売れ残ったワンコみたいなやつ特にその格付けが低いまあ WD とか B なんかの殻付のものを寄せ集めてこれまた証券化した商品ですよなんかね私なんかもそうですけど金融市場投資なんかに疎い人が聞くとですね何それみたいそれって何か嘘っぱちのハッタリ商品じゃねーのって思うじゃないですかまさにその嘘っぱちのハッタリ商品が当時のアメリカではまかり通ってたんですよねこれを GDO 豊根商品名としてこの映画の中で登場してくるわけですですけどね日本の証券会社のなんか違うものインターネット掲示中にもこの CD をオープンが出てきているわけですよですからこの家でよっていう定CD 値段が下がらない評価が下がらないわけですよだから何が起きるかって言うとこの CD を CD から CD CD を買ったこの四人の音登場人物たちは毎月毎月かな買った銀行に対して保険料を支払わなきゃいけないのですよ義自体がへんてこりんなわけじゃないんですけどもこの映画ではねさっきも言ったみたいに書く モーゲージ債をかき集めてねそれにそれに対して格付け機関にスリーエーのトリプル AAA の冠価格つけようなんかさせて商品化するっていうねとんでもないことがばあば詐欺的行為だよね詐欺的行為がまかり通る形で当時のでアメリカの金融市場と市場の中では行われていたしかも超大手の銀行がそれまで行ってみたっていうことが描かれていくわけなんですね猫もしこの CD を何回も説明なんかを非常に分かりやすく狂言回しとしてのでジャレットベルトがチェーンがなんかを使いながらねあのスティーブカレルエンジェルでマークバームのヘッジファンドの面々に対するプレゼンテーションという形で説明をしてくれるわけですその辺りの年俸制なんかも非常に良く出来てますそしてちょっとややこしいねその金融カードだったら金融商品だったり当時の金融情勢について説明をしてくれるのがねこのライアンゴズリングだけじゃないんですよ例えば彼女マーゴットロビーなんかがですねこの写真にあるみたいにバスタブのアグロにね悠々自適ニコ浸りながらこシャンパン片手にですね説明をしてくれたりだとかこれをマーゴットロビーがマーゴットロビー自身のキャラクターとして登場して説明をしてくれるっていう下りがあるのですねこれはおそらくですけどもウルフオブウォールストリートでしたっけマーティンスコセッシ監督ウルフオブウォールストリートにかけてるんでしょうけどねあとはですねこんな人が出てきますこの日本で分かるかとあまり多くはないのかもしれませんけどアンソニーボーディンって言うニューヨークの一流シェフなんですね彼は本を書いてるわけですよアメリカのかなんかのように料理フランス料理豪華な料理業界高級料理業界の裏側を暴露したみたいな掃除した有名なんですけどもこの有名なシェフが金融業界の裏側をね料理に説明してくれるよねそういうくだりあったりしてなかなか楽しめるわけですねちなみにこの方は2008年にフランスで自殺をしてお亡くなりになられたっていうねちょっと今9月の方ではありますけどもねまあこの映画は公開された頃まで元気で活躍されてる方でしたそれからこの形でセリーナゴメスさんですせりな声さんが有名な著名な行動経済学者ちょっとお名前忘れちゃいましたけどもこの方と二人になってね若もカジノでねラスベガスのカジノで賭け事をする情景の中でですねちょっとややこしいねこのこの動画中では出会えて本当に説明しませんけどもね COD のなんかの音合成合成尻をこの合成仕組みをわかりやすく解説をしてくれるっていう下りもあったんとかしてですねこの映画の監督はアダムマッケイっていう間ですねあのマーベルのアントマンだとかあと最近の作品ではバイスって言うねサムロックウェルのジョージ W ブッシュがねもうものまね大賞あげたいぐらいですねコミカルだけどどこかシリアスのね社会派ドラマでしたけどもどちらかというとコメディなんとかコミカルタッチの音作が得意な子のアダムマッケイが縮んでユーモアたっぷりに時折で登場人物が第4の壁を越えて観客に語りかける形でこの笑顔で楽しむに必要な最低限の知識をわかりやすくね完璧に伝えてくれるという意味で非常にね工夫された演出の作品でもありますだから金融市場だったり経済ワードだったりキーワードに疎い私のような人間でもですね非常にエンターテイメントとして楽しみながら今度映画を見ることができるという音工夫がなされているそんな映画でもあるんですね心がこのメガネ その瞬間はこのもう下に下がったりその CD をっていうものの値段が下がらない評価が下がらないわけですよだから何が起きるかって言うとこの CD を CD CD を買ったこの四人の音登場人物たちは毎月毎月かな買った銀行に対して保険料を支払わなきゃいけないのですよ火葬元本と額面の金額がすごいでかい設定をしてるもんだから保険料も履くだけです大騒ぎなのですよね アイデンティティの元になったアメリカ金融市場のシステムが崩れることを目の当たりにしてそして崩れることをいいことにそこをいっちょかみして彼らは現金を手にするという自己矛盾と向き合って非常に深刻な面持ちでこの映画でラストを迎えていくってなんかすごくないすかこの映画のエンドロールエンドロールで流れる BGM は A 2のカバーで有名になった便誰が歌っている曲 BGM として収録されているんですけども真似してくるんですけども調べてみたら実はオリジナル曲は1929年にできた女性ブルースシンガーの曲何でその曲この曲なんですけど1927年に起きたこれを歌った歌プランテーション黒人労働者を無理やり無理矢理することができず非常に酷い労働環境の中で働かされてこの大災害の尻拭いをさせられた理由なんでゲームは決壊したかそれは国の文がわけじゃないですか首によって詰まりを防ぐためのインフラが出来上がったですねそれは気になって堤防が決壊する非常に危険な状況になって黒人労働者に作らせたわけですよその悲しみを改行2回成功して ゲス野郎に回して帰るような鼻を明かしてねで大儲けをしてカタルシスたっぷりに巻く息をするそんな映画ではございません市場にね大儲けはするんだけども明日早いんですね自分たちの自己矛盾そして職業になっていた心の拠り所になっていた愛すべき金融市場が崩壊することを目の当たりにして主人公たちの姿を映し出してこの映画COD のパターンだという評価に金融市場と市場はならないんだっていうことで焦り始めるわけですよこのアメリカの金融システムは詐欺的行為に満ち溢れてるそれは真理なんだけども詐欺的行為をベースにした金融破綻を前提に別居神しようとしてるのは彼ら自身だっていう自己矛盾と向き合うわけですからどこかでその金融システムを信用し愛してさそれが職業的良心につながってるわけですよそこだったりするわけですだからの目論見通りに異常が破綻していくほど彼らのアイデンティティが損なわれていくそういう非常に悲しい境遇にはまってしまうわけですねどんどんそのヒューマンドラマとして秀逸な所だねスティーブカレル この映画に登場する姉さんたちの悲しみが そんな状況になって帰ら4組ので金曜マンの銀行マンの個人投資家たちの手元にはで多額のお金が入ってきて儲かるわけなんですけどもねよせにビジネスマンとしては大成功を収めるけども彼らのアイデンティティの元になっちゃったアメリカ金融市場のシステムが崩れることを目の当たりにしてそしてくれることをいいことにそこをいっちょかみして彼らは現金を手にするという自己矛盾と向き合って非常に深刻な面持ちでこの映画でラストを迎えて行くなんかすごくないすかでこの映画のエンドロールエンドロールで流れる BGM はレッドツェッペリンのカバーで有名になったロバートプラントが歌っている曲がこの笑顔でエンドロールの BGM として抱かれるわけです私ね大好きだが収録されているんですけど真似してオリジナル曲は それとか無理やり命がけの救助活動に入ったんですよその間この黒人労働者は自分の故郷にも変えることができずに非常に酷い労働環境の中で働かされてこの大災害の尻拭いをさせられたわけですよなんでゲームは決壊したかそれは国の文がわけじゃないですか首によって堤防が決壊しても詰まりを防ぐためのインフラが出来上がったですねそれは気になっても堤防が決壊する非常に危険な状況になって黒人労働者に作らせたわけですよその黒人達の悲しみを歌ったブルース CD をつけることに大量に返すことに成功して話してみるね 社会の上層部がした過ちは最下層の人間が尻拭いをするはめになるんだわきまえろっていうことをしっかり飛ばして落とすわけですねまさにそれをだったのがこのレッドベリーブライト非常に悲しくて素晴らしいに華麗なる大逆転っていうイメージからほど遠いねそんなそうそうそうでございません
おすすめの記事