おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

Diner ダイナー

アマプラのおすすめにでてて、藤原竜也主演かあと思って先入観なしにみてみた。開始10分ぐらいで「映像、蜷川実花っぽいなあ」と思って止めて確認したら、やっぱり蜷川実花監督だった。俳優陣もいいし映像作品としては★5なんだけど、映画としてみるとあんまりおもしろくなかった。でも好みの問題ですね。好きな人は好きだろうなあ。正直、最後までなんの話なのかよくわかんなかった。。。
※映画『Diner ダイナー』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】新作映画をご紹介していきたいなと思っておりますはい今回皆様にご紹介する作品は「Diner ダイナー」でございますはいこちらの作品はですねこのプルート向井ですね見に行くのかって思ってですね視聴者からのいいですねアンケートを取っただけでございますねはいそのアンケート結果というのかですねこのような形になっておりませんたんはいこちらのアンケートに答えていただいた方302名様いらっしゃいましてもちろん見るということが15%レンタルで借りるかなあ26 PC そしておそらくという方がですね59%でございますもうねみんな興味の興味ないのこちらさんがキャラクターのもこの人生というものは何も楽しくない一人で行ってんのが気楽でいいんだって言ったらに閉じこもっている女の子なわけでございますはいその女の子がですね歩いているととある看板を目にする理由とその看板大きい抜いてるようなこの馬鹿なこと言うのがこの国に行ってみたいということですね会社の方に行くんですけどもまあここまで行くのには30番ぐらいかかりますかって言われるんですねはいというのはすごいということですね藤原竜也という食堂に雇われるという話になったねこの作品ですね予告を見てもわからないわけでございますよはいこちらの作品どんな作品何タイプと言うのですねお話ししたいと思いますというのはこちらおバカな子が成長するお話でございます先程お話ししたようにですねお母さんに捨てられて殻に閉じこもっていた大バカなこと言うのが藤原竜也が演じて行ってどのような成長をしていくのかというのが描かれておりますそしてもう一つというのがですねこちらはですね殺しの専用のレストランということでございます色んな殺したらいっぱい出てくるんですよね設定というのがですね東西南北ではないんですけどいろんながいるわけでございますみたいのがなくなってしまったとその後どうするんだと言ってこの4人が争うというのも皆さんの成長というところをそして続いてはですねお勧めできる人できない人ということでございますはいこちらの作品ですねこちらの監督蜷川実花さんということでございまして結構ですやっぱり映像に力を入れているんですよね例えばですねそのライティングの照明とかもですねやっぱり赤を基調としていたりとかあとはですねやっぱり殺しあなんで打った後ですねバラの花びらがですねそういう表現をですねと何度も何度も何度も何度もこの作品を見ていると僕はちょっとね思い出してしまうんですよね 自己主張が強い作品だなぁというのを感じました犬の完成というものに変え方っていうのはその作品ドンピシャにハマるんじゃないかなと思っておりますはいそしてですねおすすめできないかというのはこの作品ですねあのストーリーというのがですね結構バラバラと言うか内容が薄めな感じになっとりますはいそれはどういうところでかと言うとですねまあこちらおバカなこと言うねぇから2個持っているキャラクターのわけでございますけどもちょっとの成長過程というのもいまいちピンとこないそして玉城ティナさんと藤原竜也さんというのが恋に落ちるんですよね後半の方に落ちるんですけどもしっかりと描かれていないでも観てる観客としては何でこの二人が恋愛関係に陥ったのっていう感じになるんですが3というのは前半のパートの方で久保田さんが演じてるとですね結構いい感じになるんですよ�原竜也さんと恋に落ちるっていうところでなんでやねんみたいな感じ?というのが出てくるんですよねやっぱり先ほど ということでございましてお勧めできるかというのはストーリーはあまり気にせず映像美を楽しみたいという方でございます監督のこってむき出しの映像を耐えきれないかたけどやっぱりね総理より私を見てっていう感じが強い作品なんですよそこにですね耐性がない方はですねこの作品はちょっと控えたほうがいいのかなと思いますはい個人的な感想でございますはいこのプレートに楽しめたか楽しめないかと言うとちょっとね最近監督残ってむき出しの映像でも大切と生きてきた感があるなっていう感じでございますねあの僕の母親と僕の妹僕はですねこの作品を見ていますけども6時だったなぁという印象だったんですよ僕の母は妹にも話したところ二人は面白かったよ特にお母さんの私はこれぐらいの母みたいな感じのお話になってたんですね合唱曲みたいな感じの入れたりとかあとはですねま先ほどお話ししたように桜の花びらが来パラパラとかなったりとかですね雨が降っている中での格闘シーンで雨ですねしずくというのが地面に落ちずに行こう逆再生三大赤字上に登っていくシーンとかですねあとはですねやっぱりこの原色というものを混ぜて混ぜて観客に見せるということですねそういうとこでは全開ですねあのー蜷川実花さんのお家とかと赤を基調としているみたいな感じで前お話してましたけどもこの作品でもやっぱりね ふんだんに使われておりますうんアクションシーンとかを見ていてもねちょっとアクションシーンが映像カルテアクション何やってんだかわけわかめっていうところも見受けられましたね僕がねこの作品を見て一番思ったのがでねうんあの殺し屋があるレストランなのに一切緊張感がないうんここはね一番僕が感じのところでございますはいまぁこの作品を見たら殺されるぞみたいな感じは藤原竜也さんがですね玉城ティナさんにこういうセリフがあるんでございますけどもそれをずっと見ているというのはおそらくねそこまでの緊張感っていうものは感じないのかなと思っちゃうんですよねうんまあここは2時間っていう作品の中での店舗というものがあまり良くないところで出た結果なんじゃないかなと思っておりますまだこの作品ですねは豪華俳優がいっぱい出てくるんでまそういうところですね楽しみに見るのもアリなんじゃないかなと思ってありますこの作品ですねば蜷川実花さんで言うと9月かな10月かな小栗旬さん主演で人間失格太宰治さんの作品をするということで今ですね結構この映像系に力を入れてきてるんじゃないかなと思っていますはい僕もない人間失格は楽しみなんだよ是非劇場に足を運びたいと思っておりますですね以上プルート向井でございましたもしよければチャンネル登録高評価よろしくお願いしますあとですね Twitter フィルマークス僕行っておりますのでお願いします皆さんは何かでお会いしましょう皆様の映画君が素晴らしいものでありますように戻れ
おすすめの記事