おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

ボヘミアンラプソディー

今更ながらボヘミアンラプソディーを視聴。クイーンはリアルタイムではないけど学生時代よく聴いてたな。「We Will Rock You」「We Are The Champions 」「Don’t Stop Me Now」「You’re My Best Friend」そして「Bohemian Rhapsody」などなど。まあにわかファンなのでメジャーな曲しか知らないけどね。ライブエイドも観た記憶ある。Youtubeに当時のライブエイドの映像と映画のシーンを重ねたのあったけど、たしかにほんとよく再現してるよね。この映画観てまたクイーンの曲聴き直したり、Youtubeで検索してライブ映像見た人多いだろうなあ。
※映画『ボヘミアンラプソディー』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画 1 2

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】1.「ボヘミアンラプソディー」やっと見ましたはいそうだねおいしそうなので意外とカタカナだと思ったらいい感じだったってあるんですかっていうあの日本語であるじゃんすーの的にこれ英語だと思ってた違うんだってさ例えばさロシア語だと思ってたのと違うとこれは確実に何かが6枚ありますねあのね今更だよねボヘミアン今まで違うもうだめだよ朝の5時ですそして2時間ぐらいしか寝てないそういうことだそういうことだぜである前回の前かいっていうかその前に載せた動画見て頂いたらわかるけど結構落ち込まないうるさいうるさいもううるさいよね早く行くようなそんなに行きますボヘミアンラプソディこれねかねてから嬢さん見ましたからそれとも言えないましたがまだボケてないねちょっと変なとこ行ったんだけどようやく見ることができてあのあれがあるんですよ映画を観てない映画を見てないんだけどどんなストーリーがどういった流れなのかっていうのを想像して語っていくスタイルってやったんですよ前にそれを超えるなんていうのかなフレディのわがままっぷりが炸裂してましたね今頭痛いのはみたいな動画昔作ったことあるんですもしよければ見てください音楽の動画の再生リストにあるんですけども9月です9月フレディも好きですねそれを言った上でその映画で映画で演じられているフェリーってさもう自分勝手の極みだよねそして偉そうなんだよねまあそれはそれでいいですからねまだ置いといて置いといていうこと変わるやん俺たちはファミリーなんだ あそこちょっと当たってたねなんかあのあれじゃないですか女性と女性とか言ってね何て言うんだっけ XY すって何て言うんだっけ X 嫁さん元妻も妻だっけさんと出会うときなさい関係して俺しか出せない声になるんだみたいなこと考えても考えてもこういう感じが良かったりするからこれはいいねって入ってきて この林檎ね カラコンとかつけてたらもっとリアルになったのかなと思ってなんだけどなんだけど凄かったのさ俺のプレビューとか見た時は思ったわけよなんか誰でもそういう髪型してそれっぽい生やせば不利になるんじゃないのって思ってて思ったんだけどもうなんかは序盤から降りてくれればなんか特に最後の方にさすごい演技力映画を見てる時は よかったって思うなんかすごく演技力がなかったもしかしたら人一倍動かにいる花が好きだからちょっと厳しくなってるかもしんない本当に自分が寝る頃に好きなのと同じぐらい好きな子が好きな人から見たらなんかいやいやいやただ昔から聞いてますけどそんな風にはかなと思いますそんなだから僕から見てもでも楽しいと思いだから楽しいなんて思えたからあとね部落の人がいいと言うんだけどねなんかきついこと言わない優しい人だなっていうドラマの人は結構イギリスのモードっていう役柄だったじゃんだけど他の人の役の人ついでに命困ってるみたいな良かったですねっていう漢字っていうふうに動画作っちゃったから本当にハードコアなファンの人たちはなんとかなるかもしんないけどでもまた他にもですね音楽の話ししてる動画あれでチェックしてみてください。2.ボヘミアンラプソディめっちゃ晴れてますけど本当にいい映画だったんでちょっとこの話ちょっとしたようなってボヘミアンラプソディ俺の映画だったのこれでいいものだから教養がある人にとってはネタバレもへったくれもねえよなだからその映画でどれだけの変換や演出してるかって話に関してネタバレって言うんだったらまぁ多少はあるかもしれないけどそういうことじゃねえなって感じもするなって言うかむしろ皆見たいクイーンをちゃんと見せてたっていうのが Bohemian Rhapsody Queen Bohemian Rhapsody 生きているように見えて完全に存在がボヘミアンっていうさ貴族の才能すごいよね 系列で並べるとここおかしいなっていうことはもうあるんだけどあるんだそれはマニアの人たちが起こるのは別にそれはそれでいいから送っていいんじゃないと思うんだけどほとんどの人が食いに出会うんだよねリアルタイムじじいが言うのがちゃんと語られてるかどうかかんとかったら本当に3人でさ何がうまいように買って最後かな素材の味と素材の味を生かすためにしか使いませんみたいなはらちゃんしか使ってないんだからそのあのあれだよキモと太ってるちゃんと後だからちょっと買い物行ってくるんとか本当に出てくるから道路から見てこの角度のフレディもいいかっていうのあるんだよ7日もあるじゃんっていうのはそれがチューニングなんだからそういう風にして作られた映画としていいか昔のフレディマーキュリーっていうのは凄い男がいたんだっていう話だから何が当たる昔物語を最高級に贅沢に行ってるという映画なんで俺は何だろうなこのバランスの良さんっていうのが安心してフレディーを知らない人に見てもらえればなるほどなのそれにしたってことですねこれで体験してくれればその話なんだやっぱ行かなくてイケメンじゃないんだよ俺イケメンじゃないやつが9月7日良くないのに に関してはそれのそういう実在のバンドを映画化する時の俺はある種の理想系だと活気が出てた形みたいなもんだから一つの答えだってさその人のことなんかその人しかわかんないよその人について語るのは結局私が作り上げた架空のものにならざるえないんだよその中にどれくらいのチューニングを入れてさらにその人の良さを引き出す演出をするかしないかつってだからこれボートライブ8の舞台に上がる瞬間から始まるんだけどそのだからライブ映像見てたからねリアルタイムでで全世界十何億人が同時でみるって言ってさ一緒に出るのがポールマッカートニーだったリサボブディランだけじゃなくその歴史的なライブコンサート俺そこで勇気のいるの知ったんだよそこで19歳だったかなそうだからこんなにすごいんだって初めて見たその時に出てたこの人達その瞬間を100%完璧に再現しても振り返らないからそれ持ってそれがマ**の臭い作品野間クライマックスのシーンに入ってくるその間に何が起こったのかっていうのが間に入ってるんでその構成にも含めて見事に見事だって思ってそうそうそうですっていうものはさ選べないんじゃん生まれとかいろんなことに関してさ自分が生まれてこの姿みたいなものに関して洗濯しないんじゃないっすねじゃないあげたって意味なくね誰も来られたって意味なくねそこでフリーが終わってやるわけじゃその姿がかっこ悪い起こして超かっこいいじゃん俺の本当に一番美しいその理想とする耳の形っていうかそのあのよくブルースリーの話するじゃんちょっとおかしいて全身タイツ壇っていうのがあるじゃんもうびっくりするだろうなんだからまあ確かにヒゲとそうですがこれでもかっていうぐらいに音楽が凄すぎるって言うのあれだからもうその子がまた最高でありその基礎教養哲学デザイン全て完璧な状態に作り上げたところからさらにアバターを作り上げてマイケルジャクソンを受けてるねもう1回行くと言うこれはおとなしいよねそれでブライアンメイがしっかりとその後ろに答えているというさなんですよ傘友達がさ草って最高じゃないしとるわあれじゃん司会者一人一人に言うんだよお前ら俺がいなかったらお前は誰だそうするくらいの男に何ていうようなこと言うんだよ強烈なんだよ持ってるやつと持ってないやつな話なんだよそこがっていう話があって結構そのテーマがそこを深く入ってくる人として描かれるブライアンメイは製作に参加しちゃったオープニングテーマが流れ始め 関係でそれ当たり前なんだってそんな当たり前のことでさなんかあの人子供のとか言ってる間はどうでも良くないそういう形じゃねーんだよってことを80年代ブランド教えてくれたじゃんかよだからそういうことをどうしても遊べるんだよって思ってるんだよお前何でひろとに言ったこと忘れてんだよって思ってるわけじゃんそれで体重が増えるんだからそれができるまでの話を見せられたらそれは泣きますでしょうかそれ自分のコンプレックスっていうものを全身で受け止めて知らずそれを武器に書いてくっていうところがあってでまあね二つくらいで可変面白そうだってお前が話したくないけどとにかくわがままなんだよ本当に自分が望んだメンバー集めてやるんだよですごく寂しくなって帰ってそれがねもう1回戻ってこれがまだこの映画の見所のひとつなんだけどさそん時にさそれぞれのメンバー昼からその一言にして何でもするから許してほしいみたいなことを言うんだよそんなんで戻りたいかって話もするんだよドイツは最悪だつって誰も文句言わんで誰も言わねやり直してって言っといちゃったじゃあ最後に発見された薬を知ってないっていうものの素粒子がうまく機能しないと言ってるがあると完璧だつってみたいんだってそれを研究してたら話して行ったらその重力を与える力があるそういう子 この映画の中で感じてる苦しさみたいなものものっすごい共感したわもう一個に大きなやつはえっとボヘミアンラプソディ曲のタイトルにハゲてる部分ですよねでもそれでもなくてボヘミアンラプソディどんな年だったかって考えるじゃない12月にまとめてあるけど俺はね勝手だから前の年だったなっていう企画さくらももこさんがいなくなりませんかバタバタ死んでいくと VR でしょだから頭も恋愛と語ることもなくなって色んな事に関してさなんとか生きてる実感みたいなこと傘欲しいんですかみたいな期待ももう貼ってなんかその思いが生きてる感じがすごいするんだけどさそれでは元の状態まで後にふさわしい曲ってなったら Pro でしかないと思ってしまったばっかりなのに嫌だ死にたくないよって言っていうところからのバラードから始まるっていう曲なんだけどその後にさあのアパートになって有名なところで作るかっていうこともこれでしっかりやってるんだけどなんでもやってくんだけどそのオペラでオペラパートで何が行われてるかって言うと頭の中に天使と悪魔が現れてお前は終わりだとかいやいやそんなことねとか言ってよその心の中の葛藤天使と悪魔っていうのがオペラとして表現されるように最初から入ってママ殺しちゃったそれでこのまま終わる終わる終わるオペラ世界だから何でマンマミーヤマンマミーアろって言ってそっから LINE が来ただけでもう1回だから始まりそしてそしてそして 完璧
おすすめの記事