おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

心が叫びたがってるんだ。

まあまあという感じ。小さい頃おしゃべりだった女の子が、それが原因で両親が離婚したことからそれからしゃべるとお腹が痛くなっちゃうようになったのを、ミュージカルの催しなどを通して克服していくというもの。たしかにキャストが原作のアニメのキャラにそっくりだね。少し前に太鳳ちゃんの「累(かさね)」を観たばかりなので、舞台のミュージカルシーンはなんじゃこりゃって感じだったけど、テーマとしてはなかなか面白かった。大人になってもけっこうこういうトラウマ抱えてる人っているよね。たしかに誰もが「心が叫びたがってる」のかもしれないね。多かれ少なかれ。
※映画『心が叫びたがってるんだ。』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】大人気アニメを実写化!映画『心が叫びたがってるんだ。』中島健人、芳根京子、石井杏奈出演。心が叫びたがってるんだあの日見た花の名前を僕達はまだ知らないの監督長井龍雪と100口の岡田まりが再びタッグを組んだ長編アニメーション映画幼い頃の出来事がきっかけで失語症になってしまった主人公の少女がクラスメートとミュージカルを作り上げていく過程で自分の声を取り戻していく声を失った少女成瀬順を演じるのはみずせいのりその他内山昂輝細谷佳正雨宮天といった戦友達が主役を演じるときますはいということで心が叫びたがってるんだも一部で市場にねあの熱狂的なあの評価を巻き起こして俺それだってもごらんあの最近ちょっと読み上げてないですけどザリングエレファントさんがものすごい勢いで大絶賛されて何もしますけどねんですがなんとリスナーの皆様からのメールの令和ですね普通でございましたそれじゃなかったそのたんびの比率でいうと4割が3割が3割という感じて壊れたということですかねはい登場人物たちに感情移入してしまった普遍的なテーマを扱ったより青春映画だと思う感動した絵が綺麗だし音楽も良かったと思える意見もあれば登場人物たちに感情移入できない特に主人公に納得できなかったキャラクターがそもそもしゃべりすぎて親の扱いはあれでいいのかなどなどクレイ苦言を呈する声も遠近あったということでまずデッサンメール前田直輝さん今年の方がに中でベスト9です95.5音順のお城がラブホテル10階にただただものならのただならぬ気配を感じましたがこれ冒頭の展開があるんですけど話は荒唐無稽ではなくかといってご都合主義ではない物足りに幅を持たせた構成がいいです主要メンバー四人以外でも登場人物1人1人の個性が出ているのでその他大勢でない点も評価します9ストーリーが確立ているのでお互いが絡み合っても一方に引っ張られることがなくって個性が際立った稀に見る良作だと実感していますじゅんが幼少期の呪いによって買い物できない子になってしまいその心の葛藤の描写が上手に入ってて表現できてると思いますまた咲田咲エマの体育会系とかね野球部のね男アイスレジの故障で甲子園への食べた後下級生に陰口をたたかれるまでお荷物になったと絶望に刺された人間が交流会にて新しい活路を見出して再び許可するというのところもいいですこの先が実際以上に高校生活を上手に寄り立っており実写化してもここまでは表現できないと思いますみたいなレス鍛錬素材ますダメだったと良かったこちらでもないしてメールでいただいてます登場人物の誰一人好きになれず映画全体が退屈に感じました映画終了後なんとなく劇場に広がる観客のぽかぽかぽかぽかした雰囲気は少しイラッときましたまだお客様喜んでいたということで組んでその場面で展開された結果全体として登場人物の情緒が安定してないように感じられ最後の展開もありきたりを入れすぎたため少し外したように思えなかった人間だとこれまで会話していなかったジュンがいきなりメールでぺらぺらと喋るのは納得いかずその展開に関して納得いかないと言うので今回ておりますはい映画を見ながら僕の気持ちはまさに心が叫びたがってるんだという感じでした色々な文句が出来たってございます心が叫びたがってるんだ通称ここ酒割ると9で2回見てみましたはい本当途中であの展開でねあのーストーリー情報はっきりしてるとこ以外にちょっとちょっと大きなネタバレポイントあるかもしんないですけどその前にちょっと寄りますんで来たネタバレしますのであったかくなってもいいかもしれません監督長井龍雪さん脚本岡田まりさんあとそのキャラクターデザイン総作画監督田中正義さんこの3組でも原作と言うねクレジットが超平和バスターズという名義でこれ要するに先ほども名前出ましたけどこのトリオが評価を確立したお尻のテレビアニメシリーズあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない通称あの花主人公たちが子供の頃結成するグループ名でありで今回の略称ここさけ舞台もやっぱりそのあの花と同じその秩父市設定されていたりですねそのあの花にも出てきた要素は同じようなロケーションエラーが出てきてるとかあと例えばですね細かいとこですけどあのーあの花に出てくるポケモンならぬケモンっていうゲームが出てくるんだけどあのそのキャラクターを今回の拾いますもう喋れなくなっちゃったという成瀬順が最初の方と連絡が来ても多分あれの検問のキャラクターとかさあとこれだろこれちょっと高くマクドナルドマクドナルドマクドナルドの前を通り過ぎる女の子二人は多分あのあの花でさあのあなること安城鳴子だっけ最初つるんでたギャル二人じゃねえのかなだからなんかそんな感じでも同じような場所でそのなんか匂わせるようなニュースがあったりとかですねえーと散りばめられたりといえばですねもう話過去のある出来事が原因でずっと感情を抑圧してきた10代の主人公も主人公たちがそれを 自ら閉じこもって殻を破って周囲との関係性を再構築していくというお話そのものというテーマも骨格もですね他にここさけとあの花は非常に共通してるところがあるなということは直接の続編ではないけどスピンオフとかではないけど今そこはかとない姉妹編と言うかそこはかとないブラッシュアップ版ぐらいにはちょっと儲かりましたけどどこかっていうと特に今回のそのここさけはですねあのあの花もバイトその方向を意識されて作られたんだと思いますけど今日はそのいわゆるアニメファン向けに特化してもほとんど記号化したわかりやすいアニメ的でボルトを約束表現みたいのも抑え目にしても比較的抑え目にしては比較的地味メタンと言うかインタビューでのねあの子のお土産買った彼の言葉を借りるなら今買っとのインタビューで言ってましたけどまーちんに足のついた業者の積み重ねでキャラクターの感情きめ細かく浮き彫りにしていくということなのであの花もそっちの方向で捉えた作品と思うけどそれがよりあの花以上に今回のこころ酒は格段に洗練されてるという格段にレベルアップしてるというふうに私は見比べた上で思いましたはいえーと国今僕のようですねやっぱアニメ弱者というかアニメ見ちゃってるからねはいあのーやっぱりその萌えキャラがみたいの出てくるとやっぱりあの花はその面まーちゃんっていう音とかの造形とか今私すごい好きな人いっぱいいるんでもうちょっとあれですけど私はそういう人はそういうのになんでその話状に添える野菜作りにはなってると思いますと思いますよあの子の面で使うっていうことはそこまで集中して評価しようと思っていう感じだってなおかつこの間大好き大切ないっぽんって人がいるのもあるしそこ否定する気もないんだけどただあの少なくとも僕的にはですね真剣に見れば見るほどとかいうんじゃなくてあくまで各部のちょっとしたチューニングとかバランスの問題な気がするんですよ各部のバランスがこうちょっとすればいいのになこうすればいいのになみたいのが重なった結果と僕的にはクライマックスから終盤にかけて痛いないとかそっち行くかなみたいなのがどんどん目立ってたというのは事実でございますので話して決めるには来ましたけどねあの冒頭のつかみこれとっても素晴らしいあのヒロインのですね青春というキャラクターがなぜしゃべるのを後にしてしまったのかその原因となる魔法少女のある事件がまボートに受かるわけですけどあのーはいわゆるちょっとかっこつけていますけどリアルな日常描写的なものをトレースしたリアルじゃなくてアニメ内でやるとこですけどリアルな日常描写と控え目であるけどやはり確かにアニメならではの誇張表現みたいなその落差とかメリハリが時にすごい黒いユーモアもしくは時には恐ろしさを映してて面白いなと思い子供なりの無邪気さがあると思わないでしまうというのがすごく皮肉ってか黒い馬込みで描かれてていいなと思いますんでなによりもこの場面見てる誰もが気持ちを共有できる事じゃないですね自らの幼さゆえの兄弟歌詞って誰もが誰の胸にも意外と深く刻まれてる傷あると思うよね俺もやっぱ子供の時になんか調子こいて言ったことをたしなめられたことがやっぱり未だに言って自分がすごく大人になってから調子こいて喋ってる時そろそろ行ってきたみたいなありますからねその意味でそのヒロインの順が抱えてるトラウマもしかそのその後喋れなくなったんなんだけどそのトラウマそのもののあり方ってのは観客が増えん的な共感を覚える入り口の機能をちゃんとこの画面で果たしててとってもいいと思うんですよこの場面でそっからねあのその純というキャラクターの自宅の玄関口がこちゃんとかトレポンと音離婚されちゃって表札も変わってなんかちょっと若干荒れた漢字っていうかねで成長した瞬間明らかに雰囲気変わって暗くなってるここで平たく言えば観客の誰もがちゃんと彼女のことが心配になるじゃんいつかここまで見てても見事なオープニングタイトルでこれは期待できると思いました 彼女で喋るとお腹が痛くなっちゃうみたいなそういう漢字何て言うのですねえわりと冗談ですねこの順というキャラクターがですねも喋らないんですけど確か変換に喋らないだけで喋らないってだけで感情表現みたいな実は結構頭劇中でも指摘される通りなんだけど結構豊かに感情表現は住んで喋らないだけ本当にそれどころかメールとかお返したよーはその筆談なら普通に他社とも普通にコメントできてるっていう解釈超絶なんですよなので正直割と早い段階でこの人別にコミュ障ってわけじゃねーんだなみたいなコミュ障じゃねえじゃんみたいな別に喋らなくてもそれデコメンデーショントレなったらな問題なくないみたいなんだからは物語的に救われるよ実はあんまり長くないこの話っていう風に気もしてきてしまうとて実際それが僕はクライマックス以降に感じた不満管理ちょっと繋がっても行くというので辺りではあるんだが窓は嫌ですねこれでも喋れないとキャラクターがま多少やっぱりそのちょっと病的ではあるわけですよそのキャラクターが歌を通してなら自分の思ってることを口にできるかもということでその彼女とですね最初は全く乗り気でなかったはずのクラスメートたちがその地域ふれあい交流会来れず消防団水虎の言い回しなんかねちゃんと来らしさを持ってかなきゃこんなんだなと思いますけどその出し物階に向かってまさかのミュージカルに挑戦することに入っておりませんここですね例えば教室でみんながやっている日常空間距離日常空間に買っとこうかっていう非日常的なコミュニケーションが割り込んでくるその瞬間の空気馬鹿って言っていいかるっていうその瞬間のスリリングさとか含めて確かに歌とか音楽ってものが持つある種のマジックって言うのですねお大事なんだけど観客と劇中人物たちが二体育館納得していくプロセスってまーちゃんと送ってーに積み重なってて普通にはここ面白いし感動的なとかだんだんだんだんこう積み重なってきてね俺もちょっとねこれはちょっとまた細かいチューニング話ししますよでもこれちょっと大事なとこなんでちょっといますけどそのヒロインの順がですね彼女も結果的に救うことになるま主人公って言っていいのかな実情の匠という素子のキャラクターマイヒーローと言うかですねたくみとキャラクターがいて巧みにその後なんかね歌を歌ってるところを見るでそこがきっかけでいろんなことが転がっていくわけですけどそこで彼女がですねその他組が波になるとかいちいち頬を赤らめるわけでも彼はその他組というとこにですね今は遺伝子を抱いてるとことが明らかになるんだけどそういう意味ではもちろんハカラメたっていいんだけど話しかけられて高くなるとか別にいいと思うんですがその愛を抱いてるからって言ってただでさえその僕が今行った例えばですね音楽室で匠が一人でそのなんかアコーディオンを弾きながら歌を歌ってるそれを覗き見ると言うかそれを一方的に見ることでその全てのきっかけを超えるという場面でここは素敵素敵な男性だわっていう場面じゃないでしょここでもありその自分の人生じゅんとキャラクターの人生にとって大きくエヴァ魂の救いを見つけるきっかけになるものすごく重い意味を持つ出会いでそこでそこで一応なんか絡めると色恋ですって言ってんのねみたいなそういう風に見えちゃってここはもうなんか舐めさせないでって何かだこれは何かだっていう驚きの描写でいいじゃんでもその頬を赤らめたりすることで何か色恋沙汰に矮小化されがちなんですよこの全体とってちょっとしたバランスの話なんだけどそういうところがやっぱり出て最終的にクライマックス以降の僕の床に繋がっていったりするんですけどただまただま繰り返しますがその生徒たちを特集した breakfast CLUB ほどじゃないにせよバラバラだった作り手の皆さんプレコの特別認識してないっていうかちょっと待っけど本来は設定などなかった者同士が次第にそれぞれのスタンスでミュージカル制作に参加して来てこの過程は何よりでした先ほどのメールにもありましたけどとても自然にできてて僕感謝してしまいましたここははいあの先のメールにあった通りですあの四人のキャラクターがいないのはきた登場人物もそれもついてないのクラスメイトとかまで含めてちょっとオフ画面の外側からちょっと聞こえるつぶやきとかそういう一言とかがあれば話の流れ的な積極ローマンしてるよそのアーマーこんぐらいのスタンスだったら協力しちゃってもいいかの優先的でないってばさ私もやるとかさそうゆうまなんか昔の学園ドラマの嘘くさいのとかじゃなくて寒いながらも参加するとしたらこんぐらいの感じとか もちろんかそこはちょっとちょっとおかしいに潜んでたりして今日はその物語世界を豊かにしてるって言うかその理由のキャラクターもちゃんと生きてるんだって感じがするねそこどちばてつやさんに食べるもん必ず出てくる言葉と思いますけどあの背景とか背景の人物なの主要人物以外のキャラクターが物語に話ししていないとそういう豊かさがとても良いところやっぱその提出がすごく長いさんすごくいい当たりなのと思いますあとあのクライマックスの劇中ミュージカルの楽曲選びとかその制作の過程特にそのラスト曲をマッシュアップするというアイデアはミュージカルでは定番的手法では特に最近はのグリーンと金ピッチパーフェクトとかアメリカのそうよねあのなんとか劇中やっぱミュージカルシーンがあるようなところでマッシュアップ手法です僕今っぽいとこでも作りたいと思いしてないので言ってますけどねまたの具体的な工夫の方 KUFU の家庭を具体的に説明して見せてることで素人がそれなりのミュージカルを作りますだって物語をちゃんと説得力を持たせて欲しいなと思いましたはいなんかしてると思いますすごくただねあの例えば桐島部活やめるってよで言えばですねあのゴリラと言われるんですねあのバレーボールの俺が熱で嫌いなアイツに当たる直情型体育会系マッチョ股裂きというキャラクターがいいですねそろそろ仕事なんだけどあまりにもメインキャラが早い段階で完全にいい人貸し切ってしまうためにそのフレークを当日までそのクライマックスのミュージカル進化の展開にやや物語的ないびつさが目立ち始めるという風に思っておりますちょっとこっから苦言が多くなるのと同時にネタバレもちょっと借りしますのでちょっとくださいあのこれから何も知らないと形でお風呂になり裏行くなりなんなりすいませんおトイレ行く形でものところですね今日は当日ですねその純というキャラクターがくれるわけです前日あることが起こってそれはもう学園祭あるあるでそれいいんだけどさこれ完全に私の現在の個人的事情としても自分で作り上げ上映してる側なんですよ普通に入れ込んでみてからの怒りクラスメイトとして一緒に込めて作り上げたちょっとひどくないみたいなそれは置いといてもクライマックスの展開だと実際のところさっきから言ってるようにするわけでもない一言でいうと面倒くさメンヘル女のわがままを条件に全面的に受け止めてあげるスーパーマンの話わがままなメンヘル女とも前の話になっちゃってないこれじゃ私はちょっとと思いましたこのまま旅少年ヒロインのトラウマが本当に告白される場所ってもあると言ったらもちろんあの場所オープニングを出てある場所なんだけどそこでたくみというネットの彼女を救いに来たんでたくみというで男の子と交わす会話がそれで解決したことになるのって言うと納得できない漢字なんて言ってました僕的にはそのヒロインの10は毒を吐き出す息を吐き出す時出し切ったと思ってねーだろつまりに対する怒りとか悲しみの終わるのでさらに言えばですね対するそのマイヒーローのたくみですねあれこそ実は劇中ずっと感情抑制したままの人なわけですよ冗談で一瞬独白くらいでつまりこれこそが実はここで感情を登録してキャラクターなんじゃないかというふうに思うけど例えばその準ヒロインが屋根のジュースを買ってつけてって言ってあなたには分からないわよっていうのに対してそれこそブレックファストクラブのアンソニーマイケルホールよろしくたくみがですね僕には分からないだといいとこだと思って初めて本音をぶつけ合っててそこでの匠と親の関係みたいなおばあさんとこであれ誰がもっと出てくるとかさそれでやってていうのとかじゃない限りなんか本当に解決って克服になってないじゃんって感じする現場はなく途中から結局ひたすらその純というヒロインだけが甘やかされ救われるだけの話というバランスという風に見えるバランスになっちゃってもそれが本当の話に真のハッピーエンドがあるとしたら彼女が自発的に語りだしソフトで折り合いをつけて行こうとするそこがゴール地点となる物語だと思うよねつまり母親とちゃんと 母親が攻撃と歌ってるの見たあの子がこんなに生き生きと自己表現するなんてって驚き喜びそして自分を責めるというそういうくだりはいるでしょ朗々と歌いながらいるのは自分を責めてるとこ行って通り過ぎて絶対に要りますよその娘の知らない顔を買うってのとかですねそのまた先豊崎いたスポーツマンもちゃんと謝るってのもそのもうちょっと後でお金がちゃんと葉山潤がそうやって自分を他者とコミットしようとしてるのに触発されてとかその宇宙戦艦刀最後の最後の方にとっておかないとっていう感じはするねあの人になる早すぎる現状とやっぱり色恋沙汰に着地しちゃっててそこも大変億万なアタリだったりしましたはい絶対に習慣に行く予定ですねせっかくその積み上げた面白くなりそうなキャラ造形って毎回切れてないなーって感じだめだって来るって感じだと思いますあとはミュージカル学生が小さくな素人が自宅でやってるよえ後雪だって言う米のバランスで岡津町の動きとその歌のシンクロとかもやっててこれの上手いなと思いつついアニメイトってなんだなという風に思いましたただもったいなとこがあってその先ほどその楽曲を選んだり作って工夫の過程でラスト曲をマッシュアップしようとベートーベンの悲愴っていう曲とおばさレインボー真っ白でところが出ております同時に歌ったおこ進行させているためにですねなんだか全く聞き取れないんですよねあのこれされる力でよくあるマッシュアップはそのお互いの歌のふわりの合間を縫ってすごく絶妙に歌詞がリンクスなのこっち出てくるの君へのリンクもとってもその快感を生むというのがだいたいまともなんですけどそういう作りになってないので爆発したということで非常にゴミ出し高いので作られた良い作品だと思う明日より先だと思いますがまだまだ良くなるよって全然違う作品だと思いますということでございますちなみに番組で旅行新井さん主題歌は最高というで乃木坂ファンとして押しちゃっておりましたってことを通知してください作品ご紹介したいと思います再起動作でございます
おすすめの記事