おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

殺人の告白

日本でこの映画をリメイクした「22年目の告白-私が殺人犯です-」を先に観たけど、けっこうストーリー違うんだね。あとカーチェイスのシーンとか韓国版のほうが迫力があるなと思った。グロイシーンももこっちのほうが多いかな。まあでもどちらも楽しめた。日本版の藤原竜也さんも韓国版の主人公のパク・シフもいいよね。刑事役はどちらも似てる。やっぱ韓国映画ってレベル高いね。
※映画『殺人の告白』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】22年目の告白の韓国版!映画『殺人の告白』パク・シフ、チョン・ジェヨン、キム・ヨンエ出演作品。今回紹介するのは殺人の告白10人の女性が殺害された連続殺人事件の犯人を追う刑事は激しい逃走劇の果てに犯人をギリギリのところまで追い詰めたがあと少しのところで取り逃がしてしまうそれから17年の年月が過ぎ時効が成立したすると突然不足という男が連続殺人の犯人だと名乗り私が殺人犯だという告白本を出版したメディアが大騒ぎし本は売り切れ不足はテレビや雑誌に引っ張りだこ瞬く間にスタートなる一方遺族や刑事はスターになりつつあると右側に憤りを感じていたそして遺族たちは土足に復讐するがそれではあらすじを解説していきます10人の女性が犠牲になった連続殺人事件その時効が成立した日の夜刑事が行きつけの店で飲んでいると突然男が窓ガラスを突き破って刑事を襲ってきたどうやらその男は事件の犯人のようだ男はお金を人質に取って掲示を挑発した後雨の中を走り去っていったそれを必死で追いかける刑事そして激しい逃走劇の果て疲れ切った刑事の前に現れた男は彼の脇腹を刺した後にこういったまだ殺さないお前は俺の広告塔だそして刑事の口角にナイフをあて横に切り裂いた結局犯人を捕まえられないまま事件は15年の時効を迎えた事項の日刑事を慕う若者から電話があった母親を殺した犯人が逃げ切ったことを投げいた彼は刑事が飛べるのを振り切って屋上から身を投げバスの上に落ちたそれから2年後母親と二人で暮らしている刑事はテレビを見て驚いたそれはいい不足という男が連続殺人事件の犯人を名乗りその真相を綴った告白私が殺人犯だを出版するという記者会見だった彼は連続殺人事件の犯人とは思えないほど美しい男でテレビを通して被害者や遺族に淡々と謝罪したもちろん宿敵であった刑事の名前を口にし刑事に撃たれた銃弾の跡を公開した告白本には犯人しか知り得ないことが詳細に書かれていて誰もが彼を犯人だと信じて疑わなかった韓国人を震撼させた未解決事件の犯人が自らマスコミに登場したことで世間は騒然となり本はあっという間にベストセラーに不足はアイドル級のスターになったその頃刑務所から出所した男が連続殺人事件の被害者遺族たちに連れられて山奥の小屋へ向かったそこには妻を殺された父親とその子供そして娘が拉致されたまま生死不明で苦しんでいる母親がいた彼らは時効が過ぎて刑務所に送ることもできなくなった犯人を自らの手で捌こうと計画を立てていたのだった後日遺族の一人が不足のいるホテルに潜入し彼がプールで泳いでいる最中に何匹もの毒蛇を水中に放ったその毒蛇に噛まれた後息は救急車に乗せられたが実はその救急車は偽物でそこにいた救急隊員たちは変装した遅くなった手足が拉致されたことがわかるとそれを追う警備員と通報を受けた刑事そして遺族と意識を取り戻した後息が猛スピードで走る車の上で激しい攻防戦を繰り広げるその後右側は遺族によって山小屋に監禁されたが居場所を突き止めた啓示によって救出された右側は遺族たちを訴えず本の印税はすべて遺族に寄付すると発表した刑事と時速の関係を知っているテレビ局は高い視聴率を取るため二人を生放送の討論番組に出演させるという計画を立てたスタジオで顔合わせた2人緊張感が高まる中刑事は意外なことを口にした朝食は犯人ではないその理由は告白後には遺体が見つかっていない誘拐事件に関する記述がないことだったその事件だけは自分ではなく別人の犯行だから後落ち着いて答える不足その後視聴者の声を紹介するコーナーが始まった一本目の電話は書店員からで本が売れて繁盛したお礼の内容だった日本女の電話は兄と名乗る男からだった税は右側に次々と質問し始めた刑事が100 M 何秒で走るか知っているか刑事が時間を守らないことを知っているかそして最後にこう告げるこれが逃げ延びたわけだそれらは J こそが真犯人であることを示していたその電話を逆探知した刑事は電話をかけてきた場所が自分の支度だと知る急いで自宅へ戻ると母親は無事だったすると向かいのビルから懐中電灯で手招きする男がいた慌ててそこへ行くと椅子の上にナイフとビデオテープが置いてあったその他 刑事の結婚が検出されたそれはあの雨の夜犯人が刑事の口を切り裂いた時に使ったナイフだったビデオテープには犯人と誘拐された女性が写っていたその姿を見て涙ぐむ刑事そしてテープから聞こえてくるテレビの音に何度も耳をすませたテレビ局を出た時遺族から狙撃されたと息は入院先からナイフはホテルの部屋から盗まれたと会見するがその説明には説得力がなくなりつつあったテレビ局は不足と刑事とジェイド3人で階段をする企画を考えたそこで J とこっそりアイジェイから証拠を収めたというビデオテープを渡された当日ソフトケージがまずスタジオへ知恵がやってきた観覧席には誘拐された娘の母親の姿があった彼女は自分の手で犯人を殺した目と口を隠し持ってこの場に来ていたのだった JA は仮面とマスクを外しみんなに素顔を見せたそして J の合図によって事前にテレビ局員に教えておいた木の根元を掘るように指示そこから誘拐された女性の白骨遺体が発見されたその瞬間刑事が J に掴みかかったその瞬間画面は CM になりそれが終わると手足が突然私は犯人ではないという爆弾発言をした衝撃が走るスタジオしかし告白本には犯人しかわからない事件の詳細が書かれていたはず続いて手足が入ったこの本は別人が書いたものだ刑事が口を開いたそれは私が書いた実は不足の正体は時効の日に投身自殺をしたはずの若い男なんとか一命を取り留め整形して別人になっていたのだったそこで犯人の異常な自己顕示欲を知っていたケージは不足と組んで真犯人をおびき寄せるための芝居をしていたのだ二人は犯人をおびき出すために協力して世間を騙しそれに JA はまんまと引っかかったという理由だった実は白骨化した遺体は刑事の恋人だったそしてそれは観覧席にいる母親の娘だった犯人を目の前にし怒りで震える刑事しかし刑事は J を殺そうとはしないなぜなら柱が残したビデオ映像に第14代大統領選挙速報というアナウンスと午前0時をつける痴呆が入っていた体ダマダマ残っていたそれらの音声によれば彼女は1992年12月19日午前0時の時点ではまだ生きていたということになるつまり2007年12月18日午前11時46分の今11人目の犠牲者である彼女の殺人罪はまだ時効が成立していないということなのだざわつくスタジオ悔しそうな表情の知恵税はその場を逃げ去り刑事が激しいカーチェイスの末税は追い詰められ警察に拘束されたそこへ遺族がとくり駐車場持って襲いかかるしかしそれを止めたのは刑事刑事は遺族から注射器を取り上げたそして経営者は自らの手で JA に注射器を刺し殺害したそれから数年後刑期を終えて掲示は出社するそこには彼を出迎えに来たず即ヤリ即達がいた彼らは笑顔で集合写真を撮ったいかがでしたか犯人をおびき寄せるための思いもよらない計画が見所で派手なカーチェイスにも度肝を抜かれますラストの笑顔の集合写真が何とも言えない良い男復讐劇でした日本では藤原竜也と伊藤英明のダブル主演22年目の告白私が殺人犯ですというタイトルでリメイクされています興味のある方は是非見てみてくださいご視聴ありがとうございましたチャンネル登録高評価をお願いします
おすすめの記事