おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

ツナグ

まずこの映画に樹木希林さんがでてるのが感慨深いですね。いわゆる死者とつなぐ”イタコ”さんみたいな役割なんだろうか。松坂桃李くんの淡々とした演技もいいですね。いくつかのストーリーの短編みたいな感じだけど、嵐を演じた橋本愛ちゃんの回が一番印象深かったな。ツナグで交通事故で亡くなった御園に会ったあとに「道は凍ってなかったよ」って伝言を聞いた嵐が号泣するシーンはぐっときました。「死は生の対極としてではなく、その一部として存在している」という有名な小説の一説もあるけど、死と生っていうのは永遠のテーマだよね。
※映画『ツナグ』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2021年版】目的別でVOD選びをしたい方
↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】死者と生者をつなぐ!映画『ツナグ』松坂桃李、樹木希林、佐藤隆太、橋本愛辻村深月さんの小説を平川雄一朗監督高校生が様々な医者と出会い成長していく姿を描く高校生を演じるのは松坂桃李さんですがこの傾向として感想としては最高の食材で最高にいい加減に調理された映画でしたいい加減なのにいい加減前でしたと口を開けてみてしまいましたね少女の事故現山梨の事故原因など他にも死者と交信する子も現実味が無さすぎてやっつけ感がちゃんと作れてない映画もと思いました待ってますよ俺も大塚さん原作を読まずにめちゃめちゃ面白かったですキリンさんと桃李くんねん松坂桃李くんの空気感やその他のキャスティングが良いのはもちろんいい子になったり胡散臭く見えがちな呼び出しにも美しく幻想的であったり水に注ぐ強い光にポツンと残る人物の影など光と影の描写も素晴らしかったです最後についての説明は伏線の回収の仕方ちょっと意外にまとめるという意味では全体でもかなりだと思います個人的にはおおかみこどもの雨と雪桐島部活やめるってよ今年のメールありがとうございます私も2回見に行って参りましたでも話すねこの時期こうゆう形の My World の涙涙エクスプロイテーションというかですねあの泣ける系の映画がちょっとだったってのも大きいのかなという気がしますねあのアウトレイジビヨンドエクスペンダブルズ2のせいなのあるんじゃないでしょうかねママ聞いてなんとなくみんななんかよみがえりつける行ってきなねそんな感じの話かなーって感じがすると思うんですが私もなく気満々で行ってたんですけど脚本監督が平川雄一朗このシネマハスラーの中で言うならばやりマンの 平川さんはですね意外にもう1回に3本劇場用映画監督されてるんですね今回遅ればせながらちょっとそこまで寝れなかったんで全部見たんですがそのときは彼によろしく長澤まさみさんでも会ってみたいなポイントはですね最後の最後ですねその時は彼によろしくというタイトルの元になったオチ的なセリフを任されるんですけど でもテレビでやれとしか言いようがない深夜にテレビでやるとしか言いようがないような代物だったんですけどでもね見たわけですまたその平川雄一朗さんの劇場作お久しぶりに再会するもしくは別れる話 カメラが酷いとカメラが回りだったり頭思わせぶりになったり抜けたりしてなんか意味がありげな感じなだけで出来てるって言うなのであったりドラマチックげだったりするポイントはたくさん用意されてるんだけどそういう共通して見られるんですけどまだ 電卓呼び出しますっていう人がありますと依頼人側の視点のエピソードがいくつか並んでるとの依頼人学校一人称だったりというエピソードが続くと最後につなぐ側からの視点の約束が最後にくっついてるという漫画原作小説はそういう構成になってるとそれが今回の映画館の脚色ではまとも平川さん自身の緑色では最初からその名はの主人公のあゆみくんと高校生の男の子側の視点と交互に語られる外国なんで僕に言わせればこの構成がまず非常に甘くない例えばですね今回の映画版最初に今井はいつもつなぐ行為が行われるエピソードは塩酸塩ちょっと目のおっさんこれが息子でかおるさんを呼び出してある意味分かりになるとしたら一番ですよね道きもとか家族がうまくいってないからこういうものですよといつものお店ルール説明込みで見せるよエピソード飲ま役割を果たすような話じゃないですか普通だしね誰もどういうやつにすればいい話なんですこれなんか冒頭10分くらいでちゃちゃっとかアバンタイトルでもいいですねタイトル出る前にこのぐらいの話でもいいよか楼に行って原作だとこの時点ではさっきも言ってるように LINE してんの話になってますから例えばその主人公君松坂さんが演じているあゆみというキャラクターに関してはまだちょっとミステリアスな存在するなんてちょっと信じられないんだけどしかもこんな若造だしって何考えればよくわかんないみたいな雨で外から見たしてミステリアスな立場になっていう意味ですねこれはつなぐ設定の荒唐無稽さんがありそうもない話ですねそれも分かんないってなってるから任せてるって事だと思うただただでもあると思いますけど後からその時点で色々説明されたら色々ふに落ちると別にお金の心配実務的な心配する必要はないそうですかやってごまかしているんだけど今回の量ですね今日は最初からもうその松坂桃李くん演じるあゆみくんとつなぐの実際を見習いなんだけどその視点から始めちゃうこれですね今日は彼って実際のところは意外と割と普通の青年我々まで繋ぐの存在を知らなかったくらいの数の青年なんだけどでこの時点で彼は繋ぐもやったことだけどそれとか見たこともなくてそれが本当なのおばあちゃんと本当なのって聞いてたりするわけですよなのにその前にいるよそのもっともらしくつなぐの説明とかもして彼がどういうどういうつもりなのかまず今何で非常に飲み込みづらくなってしまってるここが100均純朴甘くないと思うけどいきなりこの松坂桃李くんあゆみがいきなり八千草薫さん演じるそうもうすでに死んでるお母さんこれどう考えても最初に顔を見るのも遠藤賢司の息子の視点であるべきでしょうそれでこそようやくドラマチックこの人は本当に死んだってことちゃんと確認している人物であればこそその人がまるで生きているかのように蘇ってるって事はインパクトある松坂桃李くんにとってはただのおばさんだから事実上はないわけじゃないすかねでそこで本当に起こり得ないことが起こっているということを確認しているのに別に薫さんが死んでいる姿を見せないので 全部がそうなんだ本当に死んでいるって所を押したいの姿を見せないまままるで生きてるかのように蘇りましたってとこだけを見せるので別にその本当にただ言ってるようにしか見えないですねこの変態がなのでこのつなぐという音は原作小説がもともと持ってて得なポイントつまりその普通のやつだったらもっと勇気とかもうちょっとおぼろげな存在になるところをこのつなぐって話は本当に生きてる人のように触れるしねもうそこを入れたりお茶飲んだりねなんだかあれセックスしたみたいな存在感に描かれてないくっていう子の話の特有のポイントですかそれはない所があってに嘘くさい話に見えちゃってこのつなぐっていう題材を鋭いかという戦略が全くないんですよねちなみに先ほどから言ってる息子が死んだはずのさんが部屋にいるそこにいると最初にやった郁を見るって言うところこれも悪くないんですわざわざ1回顔を鏡を通して5を見せてそこが初めてということで繋ぐ非常に飲み込みづらい設定に対して説得力とかそのものが足りないリアリティリアリティーを持たせる工夫などが保護されないまま登場人物たちの口から一方的にルール説明一回だけがどうだとか何とかで断られるかもしれません これなら普通に最初からオムニバスにすればいいじゃんっていう構成になっちゃって+全体になんか編集の店舗が変なんですよこの日が縁の切れ目がのフェードアウトが異常に速かったいって気持ち悪いみたいなのもあってなんか全体的に構成も上手くないので開いてこれねたぶん1回ぶんが実質人20分とかのテレビドラマシリーズとかならまだもつ作りなのかもしれないですねでもつなぐっていう人がいますので毎回いろんな依頼が来て20分間で話が終わるならまだもういっかもしれないんだけどこれあのさ今さ陰日向に金出陰日向に咲くにも感謝その平井さんの演出もですねストーリーテリング的スタミナが20分が限界なんですね20分以上の長い話ができないだから繰り返すと繰り返すん給食なっちゃってその話を繰り返しをつなぐとしてのは若く見えるあゆみあゆみ川の長野支店っていうのがじゃねあの縦軸としてじゃなかった盛り上がりもないしここの要は横軸としてのそれとも依頼者のエピソードとも彼自身の心情の変化とかが別にそんなにはリンクとかそんなにはシンクロしていない例えば主人公ね繋がってる仕事に関してもものすごくちょっとだけしか葛藤しないしそれもものすごく勝手に気づいたら解消しちゃってる感じになっちゃってるから別にここも言わないことであの端的に行って館長なんてすごいですねはいで当然のごとくその単調になりがち盛り上がりのなさを誤魔化すかのように先入ったようなまダブルインパクトエンドの中身がないの盛り上げようとしてるって言えば真ん中に配置されてる女子校生達ごめん少女たちのエピソードがあってこれだけは一応毎晩ミステリー仕立てだした側が来てるから望むような歯医者というだけじゃないつまんに甘ったるいだけの泣かせの話じゃないときつい話なんですねはいということもあるしで同時に繋ぐ特有の作家でありますね一度しか会えないとか新車にとってもこれは一度きりのチャンスなんですよっていうのが一応この絵はちょっと意味を持ってると一番面白いがあったはずの話してるか面白いの可能性の匂いがする話っていうのあんとこの映像に関しては橋本愛さん冗談の桐島部活やめるってよや相撲さんが行くみたいなね薬だったりしますあと相手の神様のいとこの若い女優さん二人はあのはっきりホーム柵に出てくる役者さんの中でも明らかに段違いで行ったからされてるちょっと他のやつに申し訳ないのは他のエピソードは延期する余地がないって言うならこの話はちゃんと面白くなるよっての若手実力ちゃんと行かしてるところではないと思うんですがただこの人間心理人間の面白い面白くなりそうな子のエピソードを見てるとはっきり言ったんだったんですねそれまでそれまでこの映画村な語り口してなかったのにいつもそれまでの語り口から完全に逸脱した手法松坂桃李さん以外の心の声ナレーションでシンジの説明が始まるんですねつまりナレーション抜きでやるのはなかったんだね心のなんか声の説明が始まっちゃうだろうしそうだった映画としての面白みがもうこの腰砕け鉛筆腰が引けたのでも台無しになって面白くなりそうだったところもああとまこの家ですね実は後で下の方が大事な話ですよつまりこのつなぐという行為をしたことによって文字通り一生取り返しのつかない呪いを忘れてしまったも同然のキャラクターが入られたが今日は彼女がその先の人生をどう生きていくかというものをどう受け止めてこのって人生にもしかしきれないのかそここそが大事なテーマを扱うこの話にとってつなぐという話にとって最も大事になるような 決断がようやく意味を持つはずの話なのに暇ですねそこは本当になんとなく流しておしまいなんですねその松阪君演じる俳優実はですね結構彼の鈍感さとゆうかかえの不用意な発言が迷わきのこのある少女にですねものすごい呪いをかけてしまう同然の事態を招いてしまうわけだからもっと自分に責任を感じていいはずですよねなのに彼は何か殴ってなんかダメージこっちもから分からなんかやだなー他人ごとみたいな鈍感なお前の仕事って感じになっちゃってこれもね要は一話完結のテレビシリーズでクイズのようにして癌でおしまいっていう発想何チェーンすればそれで終わりそうなので結局様は新車がどうとか歯医者に通って西にとって歯医者の存在がどういう意味思っているのかとか言ってなんかそんな事言ってますけど結局その件は真面目に突き詰めて考える気はさらさらないってことですよねちなみにこの女子校生レイプするとなるとキ***になるねこれ小説ならまあなんか要らずですけど実際にねあの声に出してセリフ上で言われるとね無理やりすぎでしょうねあたしとあらしじゃねイントネーションが違いすぎますからね間違えないだろうということなんだろう面白くなりそうなところもこのザマだしでもう一個買ってました今役者っていうそのエピソードがあるんですけどこの人なんかもう後からさっきから言ってる歯医者が明かす真相と言ってるがない見ていたかったものっていうものが別に対してそんなにないので話で盛り上がりもないからそれを言ってごまかすかのように同じようなやり取りの返し音楽って繰り返しが戻ってくるありがとうありがとうこま桐谷美玲さんがまあようはあるなんて金ある真相かけたままなくなってしまうとでそれが真相が明らかになった後はですねもういい方言が丸出しになってると一瞬でなんかその九州弁見かけてましたけど最初の方でだったら本当の私はこういうもうあまりバリバリの本当また旅行なので言うの見せるとかじゃないと彼女が何のためにどんな意識でウソをついてしまったのか劇中で何の説得力もないですよね対して嘘ついてないみたいなさ漢字になっちゃってるねはい結果様は単にはまってるだけの話になっちゃってるとここはあの原作には描かれてなかった面白くなりそうなポイントとしてこんな実在感があるゲーなんだからセックスはあるセックスしたそうですよねみたいなってるのはこの仕事続かないの話があるんですけどここもね本当に納得しづらいような話になっちゃってるよかその繋ぐが使うから水戸のが非常に危険なものでそれが両親にも絡んでるかもしれないという真相をおばあちゃんは知っているらしいんですけどそれを後でもぼろぼろぼろぼろ後から説明するんですけどそんなに危ないって言う権利にしかもなんか自分の責任だみたいに思ってるならタンスに入れとくとかねーだろ仕事ありませんかねしかもそれをまずまゆみさんが内容はあのお婆ちゃんをこれ以上苦しめないようにと結論を見たいのでフォローにも何もなってないから説明責任を果たさなかったせいであのなんかひどいことになった責任があるやつはもうちょっと触れただけでも参加できるように精子についてつきつめて考える気などなくて Vita に落とし込むためにだけの選手な話でもしてるだけなので予約してるねエクスペンダブルズみたいねおもちゃ見たい人が死んでくれたそれはねそういう音が出てくるかも生と死について考えてますよふうにしてるだけに俺は悪質だと思うんですね僕はの如月っていうのもしれませんだけど作品に対する批判の中でも行ってその後結局こういう映画が一番確実におもちゃにしてるんだって言う もうちょっと思い出したりもしましたでも今行ってきても猫を見てる間ね僕は今入ってきたの例えば厚生省のねえ大きな骨格上の問題であるとかあれは参加できんで的な問題であるとかそういうことは実はね結構ね身勝手なと考えてみたら色々気になってくることですね見てる間中気になるとねそういうレベルのことじゃないんです細々して台詞とか演技とか展開話の流れに納得できなさ違和感みたいなものがするよねここのディテールのクオリティの低さがずっと気になる点です例えばさ病院のロビーのソファーでせんべいがないって怒られねえよ別にいいってことでしょ気にされてるおばあちゃんに怒られるんだけどなんか気になって申し訳キリンさんのなんかそういうキャラクターきりんさんとか竹中直人さんみたいな人がねちゃんとコントロールしないと駄目ですよ本当に菠薐だめですと言うんじゃないでしょうかねあとはその演技クオリティでいうと主人公あゆみのなんか男友達みたいな拡張するね俺にそれは自分を指差したグラビア起こしたからこう眺めたいとか郡桐島部活やめるってよ行こうねというのはいますねあとまあなんか無駄な料理とかもいいかもしれないからね涙サクセション的なものが悪いなんてこと一言も言ってないですよとにかくここ持っているのをそのまずそのクオリティが低すぎる一個一個のとさっから言ってるようにすればこの繋ぐならつなぐ形の設定の特集のつまりこの作品特有の何かを持ちやりと言うかねおーい対してどうアプローチすべきかなどきちんと考えた形跡が全くないいつものあの感じで一緒に外のなんにもない俺に一言言えば不正で釣ってる間でそれを見ててさそのように見てれば見てる事に素直に見ればいいのに見てるからないんだよねってことだと思うんですねくどくどとねもう30分以上かかってきますんでも一言でいいんです本当は不細工ですつなぐ昨年以来名称ね平川雄一朗さんのねインパクトケースみたいなものできるという女なんじゃないでしょうか
おすすめの記事