シム・ウンギョン×松坂桃李 W主演!映画『新聞記者』の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説

どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

新聞記者

話題沸騰! 拍手喝采! 異例の大ヒット!
「リアル」を撃ち抜く衝撃の「フィクション」
現代社会にリンクする社会派エンタテインメント!

◆韓国映画界の至宝シム・ウンギョン×昨年度映画賞に輝く松坂桃李 W主演!
権力とメディアの“たった今"を描く、前代未聞のサスペンス・エンタテイメント!

◆満席続出! リピーター続出の大ヒット! 劇場支配人もビックリの上映後に拍手喝采の嵐!

◆原案・望月衣塑子「新聞記者」(角川新書)も10万部突破のベストセラー!

◆この国に、“新聞記者"は必要なのかー?
国家権力の闇に迫ろうとする新聞記者・吉岡の奮闘と、現政権に不都合なニュースのコントロールを任されたエリート官僚・杉原の葛藤を描く。

◆本田翼、田中哲司、北村有起哉、岡山天音、高橋和也、西田尚美、高橋和也、郭智博ら豪華キャストが名を連ねる。

◆監督は『デイアンドナイト』『青の帰り道』の俊英・藤井道人!

【ストーリー】
東都新聞記者・吉岡(シム・ウンギョン)のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は、真相を究明すべく調査をはじめる。一方、内閣情報調査室官僚・杉原(松坂桃李)は葛藤していた。「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。真実に迫ろうともがく若き新聞記者。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚二人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかになる!
※映画『新聞記者』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
面白かった。ストーリーもリアルだし、カメラワークというか照明の使い方がうまいなと思った。主演の松坂桃李もさすがだよね。官僚として心の葛藤をうまく演じてた。上司の田中哲司さんもはまり役。たしかに何考えてるかわからないこういう怖い官僚っていそうだよね。ラストの松坂さん演じる杉原のつぶやきも観てる人にうまく想像させる演出になっててうまいなあと思った。ネットフリックス版もみてみよかな。
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】【映画感想】新聞部員が解説する映画「新聞記者」はい皆さんこんにちはを売る気のせいです今日は新聞部員が解説する映画新聞記者ということで自分が新聞記者シムきちゃってごめん部活で締め付けてた人間なんですけどまぁ感想もありちょっとした解説もありっていう感じでも喋って行こうかなと思いますお品書き令和最初にネタバレなしの感想を新聞部員が解説する新聞というメディアそして最後にネタバレの感想をちょっとやっていこうと思いますネタバレ無しの感想を書きますまあねまあね公式アカウントとかあの他にもねまた感想を見ててもストーリーがすごい良かったっていうのがあるんであの僕はじゃあ撮影が凄かったなと思ったので撮影を一番最初にあの喋って行こうかなと思いますこの作品は本当に入るところ凄い良く出来ていて面白いな面白い表現だなと思いましたネタバレなしの感想いきますママね公式アカウントとかあの他にもねまた感想を見ててもストーリーがすごい良かったっていうのがあるんであの僕はじゃあ撮影が凄かったなと思ったので撮影を一番最初にあの喋って行こうかなと思いますこの作品は本当に頭に入るところ凄い良く出来ていて面白いな面白い表現だなと思いました 深く見て欲しいなと思います僕は今年見た映画では一番感動しましたので乾燥のところでそこはしゃべるんですけど本当に撮影が本当に良かったんでねまだ見てないよーという方は見て頂けたら嬉しいなと思います次はいつでもこれもねちょっと喋りたくないって言うから本当によく素晴らしく音とかもねよくできてて撮影しなくてもう一個言うならまぁ完了話が進む時は画面からちょっと暗かったりとかそういう演出が凄い若いんだからできたんだろうなあそこね注目してみるかなと思いますでも三つ目にまで見た人みんながいいと言ったんですけどまぁここで複雑にしない分かりやすく言うところを心がけていたんじゃないかなと僕は見てて思いましたがあるって言うのはですね国ってまあ良いことも悪いことももちろんしてるかもしれないけど国は国民のためにいいことしようとして働いてるんですけど作品ではそういうとこ何がやったらいいところは全部カットしても暗い部分しか描いてない子が本当に一貫してて良かったなーって思いますあとは完了とか来ちゃっていう職業は僕たちにとってはあまり日常ではないサラリーマンとかで記者とか完了っていうのはちょっと特殊な職業なんじゃないかな僕はいるのでそういう日曜とはちょっと言いにくいようなテーマをわかりやすくしているなーって思いましたこれがラブストーリーとかだったら飯でもあるし現実でも例えば三角関係とかあるから複雑にはそう思うんですけどこの作品においてはちょっとテーマが難しい小難しいかたっくるしいって言ってねあの悪いことしているとかいたりとかで複雑にしないわかりやすくっていうところを心がけていたと重くは感じましたねでも次のことでも完了してちょっとネタバレになっちゃうんですけどこれはどうなるみたいなーってよく出来てる二つにしてもみきちゃんを中心に作品になってますでも取材とか新聞の制作を知れるとま自分はまぁ部活で作ってる程度なんですけどよく出来てるなと思ってね感想とか見るとプロの家作ってる人が待っすごいすごいと言ってて正直僕の中ではあんまり説得力がなかったんですけど僕が子供の頃からお世話になってるあのとにかく素晴らしい取材よく出来てるんでこの映画って本当にすごい説得力が感じの作品の中でワードが出てきたりするんですね新聞の記事を書くときにこのまま使ってたんですけど会っプロモカード使うんだと思ってこの映画はプロの新聞記者が干渉したりするんでママがやっていることに使うんだなと思ってとにかく素晴らしい取材よく出来てるんでこの映画って本当にすごいな魅力が作品の中でワードが出てきたりするんですね新聞の記事を書くときにこのカード使ってたんですけどプロモカード使うんだと思ってこの映画はプロの新聞記者が干渉したりするんでママがやっていることに使うんだなと思って 国民に一人ぐらいですねミニーがインド国民の10人に1人これも万一 OK ちょっとの発行物をここまで来ると人口の人数ってことでまた違うんですか日本で初めてびっくりしていますって言うんですかね国民の2人に1人から3人に一人立っているということにも新聞は日本では前影響が強いということになりますでも会社別の発行部数で言えば読売朝日で世界のトップ2なんですよ読売が大体全部ぐらいとかで世界ナンバーワンに毎日新聞が決まってちょっと落ち込んでしまってるんですけど日本の会社が4社5社ぐらい入っててっていう感じで本当に紙の新聞がすごい売れてる娘でもかつてはですね囲碁将棋の棋譜結構ですがめちゃくちゃ上がったっていうこともあってもこれは僕が英語が趣味にしてるから知ってることなんですけど今日の設定をまだね囲碁とか将棋が娯楽としてすごい発達していた頃の将棋の棋譜を乗せたら何歳ぐらいになるそうでまあそのこともあってね今レバーの新聞の会社が太鼓将棋のタイトル戦のスポンサー次に解説するのが記者クラブですねこの記者クラブという制度は日本の三大聖堂になってます名前ぐらいだったらよく聞くと思うんですけど政府とか企業などの取材をする記者が結成した資格を有した者のみが参加かっていうことで参っちゃったんですけど情報アクセスの権利独占してこれがね海外からは批判されることになっているとなぜかと言うと上からクラブに情報が降りてきた時にまあいろんな会社の記事書くんですけど情報が同じなのでしかも情報量が少ない自分達から取材に行くこともないしてそれなのに同じ記事ばっかり情報量も少ないどこも同じことやってんのそれそれなのに給料だけはめちゃくちゃ高いってことで海外から見たからですね本当にすごい批判されてるとそれなのになんで今売れてるのかっていうところも考えなきゃいけないなというところですね次がクロス同じこれは問題と言うかの問題なのかなっていう感じなんですけどクロスオーナーシップっていうのは新聞とテレビの系列局の関係の事を言ってひろのニュースとか見てもあのアルファベット3文字とかでバレバレニュースがお伝えしますとかよくあると思うけどあいう感じですねテレビ局がこれでアメリカでは法律で禁止しているんですねそれがなぜかと言うと新聞とメディアテレビって同じなんですけどメディアとして同じものなんですけど死ぬとメニューが結びついてそのメディアとして何か情報を発信したりするとお互いを批判することがなくなってしまうんですね新聞テレビのここはだめだよってしなきゃいけないところも見えなくなってしまうと手間えーとねあのちょっと強くなることです動画ですねなってしまうとアフリカのとある国ではですねこの前民主主義じゃないのでもくっついてしまって通る国では政権が倒れてしまったとは別に国が悪い事やってんだったらそれを批判したけど監視体制がなくなっちゃうのは本当はまずくてくっついて基本もせずにあの夜もね ですから魔法どうなんですけど報道の自由度が日本はめちゃくちゃ低い世界に国が180カ国ぐらいある中で報道の自由度が日本は67位ヨーロッパの強いランキングでも上位ヨーロッパの金箔買っていうこともあるんですね日本は先進国の中でも非常に低いんですよねこの問題67問題ありちょっと報道報道メディアに対して規制よろしくっていうのもあるしクロスオーナーの問題で国民が持っている権利国民の権利を持ってるのにメディアにとって都合のいいことしか報道しないっていうところもあっても病院になっているんじゃないかなと僕は思ってますそれではですねまあここまでは行ったのでここからネタバレ感想に入りますまだまだ見てないでネタバレしたくないよっていう方はここで一旦お別れとなりますご視聴ありがとうございました見ていただける方はよろしくお願いしますそれではネタバレ感想入っていきたいと思います100円ちょっと話そうかなと思いますこの僕があの最初に感動したホテルの面会神のところでちょっとねぐちゃぐちゃじゃないんですけどカメラがあってそれが右側から反時計回りにぐるっと右から真正面左に回って左側に右側の机でしゃべって隣の部屋のアングルになっててまたそれを喋っているの左側から取ってたの右側からパッと変わったっていうのがすげえなあと思ってそこを感じめちゃくちゃ感動しました他の冒頭ですねカメラがあった手に持っていくっていうところだからあと壁隣の家がくっついてて壁を横から奪っててすり抜けているとかアングルで言えば完了の視点の時はちょっと下の方から取っているんですけど汽車の時のアングルは感じたことを勝手に感じましたこれは毎年てんのかちょっと酷くなったら思い違いをしてるのかわかんないですけどそういう印象を受けましたプロジェクターの Twitter をプロジェクターに映す制作陣が若いっていうことだったのでは多分若いからこそできたあの演出なんじゃないかなと思いました後フォーリーですねそれっていうのは撮った映像に後からスタジオで撮った音をつけた人みたいですけど紙と鉛筆で書くときの音を多分そうに入れとってたと思うんですね強調されて言ったし多分マイクで拾えないそれがお前にとっても書くことは大事なことなんでそこの音音を強調していたのがすごい印象に残ってるし良かったなーって僕は思いました最後に BGM 何か調べるときに持ってきたりとかそれだけで なんか頭に残ってくるしいいなーっていうことね感じましたわけで今回の感想とちょっとした解説はここまでありがとうございました住道が他にもありますチャンネル登録も良かったしてくださいございました
おすすめの記事