山田孝之&菅田将暉W主演ドラマ!『dele (ディーリー)』の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説

どもども、さむたろうです^^

おすすめ映画・ドラマの感想・レビュー・考察や目的別に動画配信サービス(VOD)を選べるように記事をまとめています。

dele (ディーリー)

主演を務めるのは、山田孝之&菅田将暉。 2人を支える紅一点のレギュラー出演者に、麻生久美子。 彼らが2018年夏、完全オリジナルドラマの原案・脚本に初挑戦するベストセラー作家・本多孝好が紡ぐ“誰も目にしたことがない物語”に挑む! 本作の主人公・坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)が生業とするのは、クライアントの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事。 しかし、2人は任務を遂行しようとするたび、様々な問題に巻き込まれ、クライアントの人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へ追い込まれていくことに…。
※映画『dele (ディーリー)』はAmazonプライムビデオ【30日間無料お試しキャンペーン中】で見放題で観れます。

さむたろう
山田孝之さんと菅田将暉さんがダブル主演のミステリードラマ。この二人が揃って出演してる作品ってなかなかないですよね。けっこうシリアスなドラマなんだけど二人のコミカルなかけあいもあったりしてなかなか楽しめました。二人を支える麻生久美子さんもとてもよかったです。クライアントの生前の残しておきたくないデジタルデータを消去する会社ってのもほんとにあってもおかしくないですよね。たしかに自分が死んだあと見られたくないパソコンのデータある人かなり多そう。自分も。。。(;^_^A)
見逃し配信バナー
電子書籍

>>>参考にしている動画

【2022年版】目的別でVOD選びをしたい方

エロさむたろう
アダルトVODも見放題で楽しみたいけど、まずは無料お試ししたいという方は下記の3日間無料お試しキャンペーンが超おすすめです(#^.^#)
<【期間限定】カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの《アダルトVOD》見放題が3日間無料お試しキャンペーン実施中>
今だけ、カリビアンコム、パコパコママ、天然むすめの見放題プランが3日間無料お試しできるキャンペーン実施中です。《18禁》

もちろん無料期間中に解約もできます。いつキャンペーン終了するかわからないので無料で試してみたい方はお早めにどうぞ(#^.^#)

>>>《カリビアンコム》の3日間無料お試しはこちら

>>>《パコパコママ》の3日間無料お試しはこちら

>>>《天然むすめ》の3日間無料お試しはこちら

全部まとめてがっつり観たい方は「Hey動画見放題プラン」がコスパ的に超おすすめです。(詳しくは下記のページを参照してください)

↑どの動画配信サービス(VOD)を選べばいいか迷っている方はぜひ参考にしてくださいね!↑
【文字起こし】山田孝之&菅田将暉W主演ドラマ!『dele (ディーリー)』の感想・レビュー・考察・ネタバレ要約解説人生は物語とも横山でいいですこのチャンネルでは作家を目指す大学生が思ったこと考えたことを物語っていきますぜひ最後まで聴いていてくださいということで今回はドラマディーリーから考えるし後に残すデータの価値について話していこうと思います今回紹介するドラマディーリーは山田孝之さんと菅田将暉さんがダブル主演のミステリードラマです山田孝之さん演じる坂上恵氏は原因不明の病のせいで足が悪く四六時中車椅子に座って過ごしています菅田将暉さん演じる真柴祐太朗は人懐っこい性格で情報収集能力や対応力に優れている人ですふたりはあるビルの地下で働いていてその会社の名はリリーライフ Lily . Life ですね依頼者は自分が死んだ時に削除してほしいデータをこの会社に預けることができます依頼者の死亡を確認したら会社側が責任をもって削除するわけですもちろん頻繁に死亡通知がくるわけではありませんが通知が来たら真柴が死亡確認に向かいます依頼者の家族や友人として立ち振舞い依頼者が無くなっていることを確認するわけですが依頼者の関係者と関わるうちにドボンして依頼者が亡くなったのかどんなデータを削除依頼したのか場所が気になって依頼者の歯の裏側の真実を探そうとします契約違反だと言って冷静に対処する坂上ですが結局二人は事件に深入りしていくんですねそういうデジタルデータを題材にしたミステリードラマですこれ2018年に放送されていてリアルタイムで見ていたんですが9月の末にドハマリさんですねんで最近になって amazon プライムに入ってそこで見れることを知って時間がある時に見てるんです昨日第2話を見ました話が進んでいくうちにそうそうこんな話だったみたいな感じで思い出して言ったんですが僕この話めちゃくちゃ好きなんですよ事件の内容自体は特別目立ったものではないんですよ dd . Life に依頼してきたある女性が突然死してしまうところから物語は始まります事件性はなかったんですが被害者が死の間際に残したと思われるメッセージがノートに書かれてあったんですねどんなメッセージかって言うとやっぱりあのデータを削除しないでくださいという文だったんですねつまりでリゾートライフに削除依頼したデジタルデータを残しておいてくださいという伝言を人生の最後に残したわけですなんで生前削除依頼したデジタルデータを死ぬ直前になって取り止めてほしいと思ったのかそれがこの話のミステリーなんですね世間の真実については触れませんが話の構造がシンプルだしそれでいて少なくとも僕は初めて知ったあるイベントが関わってくるんです全ての謎の鍵を握るのは一つのデジタルデータそのデータが開かれる時被害者の真実の思いというものが画面に映し出されます泣けるくらい感動的な結末が待っているんですよもうねミステリーとして楽しめる海ではあるんですが二人の関係性っていうのも魅力的でクスッと笑えるコメディ要素があるんですよそれが実は伏線で物語の後半で回収されるって言うと天海がありますもうね僕この構図が大好きでただ笑えるだけじゃなくってそれがちゃんと伏線になっているっていうたまりませんでそういう面白いドラマがあるっていう話でした時が長くなりましたが8を再生し後に残すデートの価値という話に移ります今やデジタルデータって短すぎて当たり前の存在ですよね今まで神で保管していたものを全部スマホやパソコンで管理できます遊びに行っても仕事においてもコミュニケーションにおいてもデジタルデータの存在って重要ですよねなんで大事かって言えば 基本的に壊れず腐らず残すことができますね質量のあるものは壊れるじゃないですかあれは腐ってしまういつかは形のないものになってしまうわけですから不変の存在ではないんですねでもデジタルデータは永久的に残すことができますそれは作品にも大事な個人情報にも会社の資料にも言えることで削除しない限り永久に残るんですよ僕はその永久性に価値を感じています例えば僕が自分が死んだ後にも残しておきたい動画を大切に管理するようにしておけば永久的にその動画は残り続けるしそこで言ったことは誰かに伝わって行くし僕という人間が存在していた証にもなるわけですねそのデータのおかげで例えば自分の子孫が僕の存在を認識することはできるし僕の考えとか思ってることとかを伝えることもできる創作が好きな僕だから特にそうなのかもしれませんが自分の伝えたいことを受け取ってくれる人がいるって事はとても嬉しいことだしたとえ自分がこの世のものではなくなってもそういった人たちが存在し続けてくれるって事は幸せなことだなって思います何しろ電車の価値は確かなものだし正しく向き合えばいろんな可能性を作り続けてくれるものだと思います今回紹介したデイリーの庭の依頼者が残したデジタルデータに託したメッセージに依頼者のお父さんとお母さんが胸をふるわせるんですね感動的な結末が待っているんですけれどもデジタルデータなくしてはそのメッセージにたどり着けなかったわけだし真実を知ることもなかったこれを受けてやっぱり僕も改めてデジタルデータと真剣に向き合ってみようと思いましたはいということで最後にお知らせします今回の話の内容と重なるところがあるんですが今僕はメッセージという小説を書いています一言で言えばダイイングメッセージの話ですが何で人生最後のメッセージに犯人の名前を書くことを選ぶのかその疑問と真摯に向き合った作品を作りたいと思っています今回紹介したデイリーの庭の依頼者のように自分が本当に伝えたいメッセージを書き残した方がいいよねっていうことですネタバレをしてしまうとこの作品で出てくるダイイングメッセージはアイラブユーですそして僕はこの世界を共有してみんなからの意見を募りながら物語を作っていきます一言で言えば共同制作ですね興味を持たれた方は是非にですねうんと過去の放送遡っていただいたりと概要欄の方からですねとノートの方にリンクに飛ぶことができると思いますがそちらの方で記事をチェックしてみてくださいということで最後までは聞いてくださりありがとうございました横山令でした
おすすめの記事